「リストマーケティング」で自動収益を構築する方法〜マーケティングファネルを意識したファン化を目指す〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「リストマーケティングって一体何なの!?」

現代はネットが発達したことにより実店舗を持たなくてもビジネスを運営することができる時代です。

そこで重要なのがどれだけあなたのもとへお客さんを集めるのかということなのです。

たくさんお客さんを集めれば良いのかと思われるのかもしれませんが決してそんなことはありません。
重要なのはどれほどあなたに興味があるお客さんを集めることができるのかどうかです。

なので今回はリストマーケティングについて説明します!

リストマーケティングとは?

rawpixel.com

リストマーケティングとはあなたに興味がある人たちを集めてその人たちでマーケティングをしていくことです。

一般的にリストとはメルマガ読者さんのことです。
あなたの発行しているメルマガにメールアドレスを登録してもらってメールを配信するという流れになります。

具体的にリストマーケティングにはどんなメリットがあるのか説明します。

個人で大人数を相手にできる

メルマガというのはあなたが書いたメールを読者さんに一斉に送信することができるシステムです。

なので100人でも1000人でも10000人に対しても同じメールを同時に送ることができるのです。

そのため一般的な営業方式ならばご自宅に1軒1軒うかがって営業しなければいけません。
なので1日に会うことができるお客さんの数が限られてしまいます。
限られてしまうので成約率もおのずと下がってしまうということになります。

ですがメルマガの場合は1度に100人の人たちとコミュニケーションをとることができるのです。

つまり、社員を雇わなくても個人でリストをたくさん集めて商品を販売することができるのです。

お金がかからない

メルマガ配信するためにはメルマガ配信スタンドと契約する必要があります。

メルマガ配信スタンドはいくつもあるのでどれが良いのか選択する必要があり、メルマガを発行するのに無料でできるところもありますし、有料のところもあります。

もちろん有料のメルマガ配信スタンドを利用した方がかなり使いやすいです。
有料のメルマガ配信スタンドを使ったとしても月に数千円から〜1万円ほどで契約できます。

また場合によってはブログなどを構築するためにサーバーの契約やドメインを購入する必要がある時もあります。

ですがそれらの経費を全て計算しても月に数万円程度で運営できます。

これはリアルビジネスなどとは違ってネットのみを使ってできるため大金をかけなくてもビジネスを行うことができるのです。

自動化できる

メルマガを使ったリストマーケティングの場合自動化できることが最大のポイントです。

自動化というのはあなたが仕組みを作ることで自動的に集客からセールスまで何もせずに行うことができるということです。

例えば、あなたがブログを構築してブログの記事にメルマガ登録フォームを設置します。
そしてそこからメルマガ登録してくださった方にはステップメールといって自動的に流れるメールを流します。

そのステップメールでセールスすれば商品購入にいたるわけです。

このようにあなたが何もしていなくても商品が購入される仕組みを作ることができるのです。

売り上げから逆算できる

リストマーケティングの場合は目標の売り上げ額から逆算してビジネスを行うことができてしまうのです。

例えばあなたが300万円の売り上げをあげたいとしましょう。

その場合はまずいくらの商品を販売するのかを決めないといけません。
それが30万円のコミュニティーを運営するというような内容だったならば逆算して300万円の売り上げをあげるためには30万円のコミュニティーに参加してくれる人を10人集める必要があるわけです。

そしてそれからどれくらいの読者にオファーをすれば10人の人に購入されるのかなどを考えていくわけです。

このように目標の売り上げ金額から逆算してリストマーケティングを行うことができてしまうのです。

ファン化できる

リストマーケティングというと少し難しく考えてしまう人もいるかもしれませんが簡単に言うとあなたのファンクラブを作るというイメージです。

まずあなたに興味を持った人を集めあなたの商品を販売します。
そして商品を購入して価値を感じてくれた人はどんどんあなたのファンになっていきます。

ファンなのでアーティストのファンと同様にその人がどんなことをやるのかが気になってきます。
そのためあなたが行う企画に何度も参加してくれるようにもなるのです。

なのでリストがあればビジネスを行うことができ個人でも稼ぐことができてしまうのです。

ただそのために理解しておかなければいけないのがリストのマーケティングファネルなのです。

マーケティングファネルの重要性

Kaboompics .com

ファネルというのは漏斗という意味で液体を一箇所に集める時などに使われるものです。

そしてこの漏斗をリストマーケティングに当てはめたものがリストのマーケティングファネルなのです。

具体的な構成方法

このように最終的にはリピーターリストへと落とし込む必要があるのです。

なのでただたくさんの人を集めるというだけではなくこのリストのマーケティングファネルを理解してどんどん下へ落とし込んでいかなければいけないのです。

その結果、あなたのファンが出来上がるという仕組みになっています。

協賛リスト

Pixabay

協賛リストとは読者が他の人の無料レポートをダウンロードした時に一緒に登録されるリストのことです。

そもそも無料レポートというのは「メルぞう」などが運営しているサイトであり、
無料でたくさんのコンテンツを見ることができるものです。

ですが協賛リストの場合は他者のレポートをダウンロードした時にリストを獲得できるため反応がかなり薄いです。
時には属性が合っていないこともありますし、そもそもあなたに興味が全くないということもありえます。

なのでリストのマーケティングファネルから言うと一番薄いリストということになります。

無料レポートリスト

Pixabay

無料レポートリストは自らあなたのレポートをダウンロードしてくれた方のリストです。

そのため協賛リストよりは反応が良いです。

しかし、無料レポートというのはレポートをダウンロードする際にメールアドレスを登録しないといけないサービスなので捨てアドレスで登録されることもあります。

あるいはメールアドレスのみの登録で読者の名前がわからないことだってあるのです。

そのため、あなたことを全く興味がないということではないのですがまだあなたの販売する商品には興味がない状態なのです。

オプトインリスト

rawpixel.com

オプトインリストとは読者の意思で自らあなたのメルマガに登録したリストのことです。
なので基本的にあなたのことやあなたが行なっているサービスに興味があるということなのです。

そのため無料レポートのリストよりもあなたの発信に興味を持ってくれます。

オプトインのリストを獲得するためには基本的にメルマガ登録フォームを設置している必要があります。
それは無料レポートの時もブログ記事の場合も同様です。

設置しておけば興味を持った方が登録してくれるようになります。

またその際に有料級のものを特典にすることでより登録してもらいやすくなります。

無料レポートというのはオプトインではないが少しはあなたに興味があるリストなのでメルマガ内で企画などを行なってオプトインしてもらう必要があります。

購入者リスト

Chevanon Photography

購入者リストとはあなたの販売した商品を購入してくれ人たちのことです。

そもそも商品を購入してくれたということはあなたに対して少なからず信頼していないと商品購入には至らないのです。
なので商品を購入してくれたリストというのはものすごく価値があるリストなのです。

そのためあなたが販売した商品に満足してもらえるような商品にしなければなります。

そこでもし期待を裏切ってしまうような商品だったらあなたのメルマガを解除して立ち去ってしまう可能性もあるので価値あるものを提供する必要があるのです。

リピーターリスト

Igor Starkov

リピーターリストとはあなたの商品を何度も購入してくれるリストのことです。

あなたが販売した商品に納得し、価値を感じたから次に販売した商品も購入してもらうことができるのです。
この段階にくれば完全にあなたのファンになった状態です。

また商品を何度も購入してくれるというのは信頼構築ができている証拠でもあります。

なので最終的にはリピーターリストになってもらうことがベストなのです。

購入者やリピーターを大切にする

Drew Rae

リストマーケティングで大切なのはリスト、つまり読者の方と深く関わっていくことです。

なので購入者リストやリピーターリストを大切にしなければいけないのです。
どれだけたくさんのリストがいたとしても売り上げに結びつているのはあなたの商品を購入してくれたリストです。

そのため購入者やリピーターリストには特別な情報を提供するなどの価値提供をすると良いと思います。

もちろん新規でリストを獲得することも大切ですが現在あなたのもとにいるリストを大切にしていくことの方が何よりも大切なのです。

まとめ

Alem Sánchez

いかがでしかた?

リストマーケティングを行えば個人でもビジネスを運営することが可能になります。
また仕組みを作り上げることができればあなたが何もしなくても報酬やファンを作り上げることができます。

またリストマーケティングファネルを理解することが重要です。

たくさんのリストを獲得することも大切ですがそれよりもリストの質を考えなければいけません。

反応がないリストばかりを集めていても意味がありません。
反応があるリストをどれだけ集めるのかが重要なのです。

なのでオプトインリストを集めてあなたの商品を購入していただき、あなたのファンになってもらうことが最終的に目指すべきところなのです。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP