「コンテンツ作成」の正しい意味とは!?〜web上では良質なコンテンツが求められる〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「コンテンツを作成する意味ってなんだ!?」

コンテンツは一体何のために作成するのでしょうか?

お金を生み出すためなのか?
自分の欲求を満たすためなのか?

今回はコンテンツを作成する意味と価値あるコンテンツとはどういったものなのかを説明します!

コンテンツとは何?

コンテンツとは動画や音声、PDFなどの情報媒体をコンテンツと言います。
一般的には新聞や本などもコンテンツの1つですが、現代ではwebコンテンツと言われているものがあります。

それが動画や音声、PDFなどのインターネットを通して読者に伝えられるもののことです。

なので、

YouTube→動画コンテンツ
ポッドキャスト→音声コンテンツ
無料レポート→文章コンテンツ

このような区分けになっています。

つまりあなたがYouTubeで動画を見たり、電子書籍を読んでいると思いますがそれらは全てコンテンツであるということです。

さらに現代では情報が盛んなので毎日何かしらのコンテンツに触れているはずです。

それくらいコンテンツは常に欠かせないものになっているのです。

なぜコンテンツを作るのか?(コンテンツの目的)

そもそもなぜコンテンツを作成するのか?

これは作成者側の意図は何なのかということになりますが、コンテンツを作成する意味は人それぞれ違います。

・集客用コンテンツ
・教育用コンテンツ
・マネタイズ用コンテンツ
・PR用コンテンツ

などコンテンツの目的はそれぞれ違います。

 集客用コンテンツ

集客用なのでメルマガの読者などを集めるためのコンテンツです。

なのでどれだけ「この人のメルマガを読んで見たい!」と思ってもらえるコンテンツを作るのかが大切だということです。

例えば有料級の情報を無料で公開すれば読者からすると「無料でこんなに情報を教えてくれるのだから有料だったらもっとすごい情報があるのではないのか?」と思わせることができます。

なので基本的に集客の段階でのマネタイズは見込んでいません。

つまり動画1本撮ったらいくら入るではなく、メルマガ読者になって商材などを販売した時にマネタイズができるのです。

教育用コンテンツ

これは集客用コンテンツと重なる部分があります。
教育コンテンツとは動画や音声だけで読者を教育するということです。

つまりあなたが直接お客さんとお話をしなくてもコンテンツだけで教育することができるということです。

イメージは学校で先生がいなくても動画だけで授業ができるという感じです。

もちろんだからといって直接教えることはしないというわけではないのですがコンテンツだけでも十分教育できる段階があるということです。

なのでたくさん教育コンテンツを作ることで多くの人に教育することができ、あなたが販売する教材が変われるようになるわけです。

例えばあなたが健康商材を販売するとしましょう。
ただその時にいきなり「こんなすごい健康法が書かれた商材が何と今だけ3万円ですよ!」と売り込んでも売れないわけです。

それは、その商材を購入する意味がないと思っているからです。

なのであらかじめコンテンツを使って、

・なぜ健康であることが重要なのか?
・健康的ではない人はどうなるのか?
・他の健康法とは何が違うのか?

このようなことを伝えることであなたの商材を購入する理由が発生するというわけです。

これが教育コンテンツです。

マネタイズ用コンテンツ

例えばYouTubeで稼ぐ方法やアフィリエイトで稼ぐ方法があります。

それらは全て動画1本、ブログの記事1投稿でお金を稼ぐことを目的にしています。

なので誰かを集客したいということではなく、とにかくどうやったらお金を稼ぐことができるのかを目的にします。

また基本的に広告収入や代理店ビジネスのような形で報酬を得ることができます。

YouTubeに動画をたくさん投稿して広告収入を得たり、
アフィリエイトで他社の商品を紹介して売れたら報酬を得たり、

簡単にいうとお金のためのコンテンツ作りということになります。

 PR用コンテンツ

PRとはあなたが何かのプロジェクトを始める時に宣伝するためのコンテンツです。

例えば、ビジネスを学ぶコミュニティを運営しようと思った時にどういったコミュニティなのかを宣伝します。

・月に1回セミナーを行う
・動画コンテンツを配布する
・コンサルを行う

このような情報を伝えていきます。あくまでPRなのでその時だけのコンテンツになる場合もあります。

PRなのでその動画を見てあなたのコミュニティに入りたくなってしまうような内容にする必要があります。

なので集客も教育も時には必要ですし、どんな特典が用意されているのかなども重要です。

コンテンツ作成の仕組み

基本的なコンテンツの流れを説明します。

まず何か販売する商品を決めます。それはあなたが作った商材でも他社の商材でも構いません。
あるいはあなた自身がコンサルを行うという内容のものでも良いです。

そのためには、

・集客用コンテンツ
・教育用コンテンツ

この2つのコンテンツを作成していきます。

発信する媒体はブログやYouTube、SNSなどを利用します。
それから常にメルマガに誘導する形をとります。

そしてメルマガに登録してくれた方にメールを流し販売していきます。

このようにしてマネタイズをしていきます。

なので意味もなくコンテンツを作るのではなく、あなたがコンテンツを作成する先のゴールが一体何なのかがわかっていないといけないといことです。

「ただYouTubeに動画を投稿してます。」
「なんとなくブログの記事を書いています。」

このようなコンテンツを作り方では最終的に何も生み出すことができないということです。

価値あるコンテンツとは?

コンテンツを作成する時に大切なのが価値あるコンテンツを作成することです。

価値あるコンテンツとは問題解決できるコンテンツのことです。

あなたがコンテンツを作成すると必ずそのコンテンツを見てくれる人がいます。
ではなぜその人たちはあなたのコンテンツを見ると思いますか?

それは読者が何らかの問題を抱えているからです。

・お金に困っている→稼ぐ系の動画を見る
・夏までに痩せたい→ダイエット系の動画を見る
・彼女ができない→恋愛系の動画を見る

このように問題を抱えているからコンテンツを見るわけです。

「美味しいオムライスが作りたい!」
そう思った時にオムライスの作り方の動画を見るのもある意味「美味しいオムライスが作れない。」という問題を抱えているからです。

なので問題解決できるコンテンツを作成する必要があるのです。

簡単に考えれば問題解決さえできれば何だって良いのです。

よくコンテンツを作成すると言われたら、
「私はパソコンのスキルがないので作れません。」
そう言う人がいますがそんなの関係ありません。

もちろん最低限のスキルは必要です。

・動画の録画ボタンの押し方
・パソコンでの文字の打ち方(ゆっくりでも良い)
・パソコンの電源の入れ方

このようなことはできないとコンテンツは作れませんがそれほど高度なテクニックは必要ではないのです。

なので学生であっても問題解決さえできれば価値あるコンテンツを作成することができるのです。

問題解決できればどうなるのか?

価値あるコンテンツを作り読者の問題解決ができれば共感が生まれます。
そうなるとあなたのファンになる可能性があります。

例えばあなたが投稿した動画を見て共感したとします。
そうなると大抵の場合は他の動画も見るようになります。

「他にこの人はどんな動画を出しているんだろう?」
少しでも共感を得ることができればそれが派生してどんどんあなたのコンテンツに触れるようになるのです。

またメルマガに登録してもらえるようになりオファーが流れれば、
「この人なら信用しても良いかもしれない!」そう思ってもらえると思います。

なので価値あるコンテンツすなわち問題解決できるコンテンツを作り続けていけば反応してくれる人が増えていきます。

そうなればあなたのビジネスも展開しやすいようになります。

自己満足のコンテンツを作るとどうなるのか?

逆に価値あるコンテンツを作ることができなければどうなるのでしょうか?

問題解決ができるコンテンツを価値あるコンテンツと言うのならば、問題解決することができないコンテンツを自己満足コンテンツを言います。つまりあなたの欲求を満たすためのコンテンツになってしまっているということです。

価値あるコンテンツを作る場合は、動画やブログの記事を作成するにせよ必ず読み手のことを考えながら作成します。
ですが自己満足コンテンツの場合は誰に伝えたいかというのもなくただ書きたいことだけを書いてしまっているのです。

ブログ記事の場合ならば予定では5000文字ほどの記事を書くつもりだったけれども面倒になり3000文字で終わってしまるという状況です。

そして常にコンテンツを頑張って作成したという満足感に浸ってしまっているのです。

つまり作ったことに意味があると思っているのです。
ですがただ作るだけなら別にビジネスのためにコンテンツを作成する必要はありません。

趣味として動画やブログの記事を投稿すれば良いと思います。

ただビジネスとしてやる以上はあなたがどれだけ頑張ってコンテンツを作成したのではなく読み手の問題をどれだけ解決することができたのかを考えないといけないのです。

良質なコンテンツの時代

今は良質なコンテンツの時代と言われています。
(言われているというか元々そうなんですが・・・)

昔はそれほど価値のない動画やブログ記事でもアクセスがあったそうです。
それはおそらく情報発信者が明らかに少なかったからです。

しかし、スマホの復旧などの影響で情報を発信する人が劇的に増加しました。
そうなってくるとどれだけ良質なコンテンツなのかが大切になっていきます。

今まではただコンテンツを作るだけで価値があったのかもしれませんが今はどれだけ質の高いコンテンツなのかが重要なのです。
Googleなども良質なコンテンツを上位表示させようという傾向があると聞いたことがあります。

このように自己満足のコンテンツを作っていても今の時代は意味がないということなのです。
さらに動画やブログ記事を見るひとは大抵たまたまあなたのブログ記事にたどり着いたにずきません。

イメージで言うならば、「副業」について知りたいと思っている人は「副業」という検索キーワードを入れて検索します。
そこでたまたまあなたが副業の記事を書いていれば見られるわけです。

ですがあくまで検索キーワードは「副業」です。
決してあなたの名前で検索されている訳ではないのです。

ということは良質なコンテンツを作っていないと簡単にあなたのブログ記事から立ち去ってしまうことになってしまうのです。

つまり簡単に流し読みされてしまうのです。

だからこそ良質なコンテンツが求められているのです。

コンテンツを量産する

良質なコンテンツは量産しないといけません。

あなたが5時間かけてブログ記事を作成しても1記事だけでは足りないのです。
もちろん良質なコンテンツを作成したことは素晴らしいことです。

しかし、コンテンツが溢れている時代でたった数記事しか書かれていないと読者に触れる機会が劇的に減ってしまいます。

なのでコンテンツは量産しないといけません。

「頑張ってブログの記事を書いたのに全然アクセスがない・・・」

1記事書いただけでアクセスがたくさん集まるのならば誰も苦労しません。
コンテンツを量産することがあなたコンテンツ作成スキルがアップします。

さらにコンテンツがたくさんあれば1つのコンテンツを見た人は他のコンテンツも見るようになるのです。

なのでコンテンツがたくさんあればあるほど見られる確率が上がるのです。

だから大変ではありますが良質なコンテンツを量産しないといけないのです。

コンテンツは資産化できる

「コンテンツは資産になります。」

先ほどコンテンツは量産しないといけないと言われ、挫けそうになった人もいるかもしれません。

確かにコンテンツを作成するのは大変だすし時間もかかります。
副業で取り組み場合は娯楽に費やす時間なんてないかもしれません。

それにたくさん時間を費やしてコンテンツを作成してもコンテンツを量産している段階ではまだお金は発生しません。

ですがコンテンツは資産になるのです。
つまりあなたが作った動画や音声、PDFはほど永久的に残り続けるのです。

例えばあなたが作った動画を5年後に見る人もいるということです。
そしてその動画からあなたのファンになり、メルマガ読者になることもあります。

1度作ったコンテンツで集客も教育もできてしまうというのがコンテンツの良いところです。

だからこそ自己満足のコンテンツではなく良質なコンテンツを量産していけばそれは資産となりあなたのビジネスに役立っていくのです。

まとめ

いかがでしたか?

コンテンツはただ作るだけでは意味がありません。
価値あるコンテンツを作成する必要があります。

よく、SEOが大切とかデザインが大切とか色んなことを言っている人がいますが重要なのは文章で書かれている部分、つまり問題解決できるコンテンツであることなのです。

小手先でアクセスを伸ばしたり、小手先で動画の再生回数を上げることが大切ではなく良質なコンテンツを作成することが大切なのです。

そのことを理解していないとテクニックばかりにとらわれて誰のためにもならないことをしてしまうことに繋がります。
実際、「動画の再生回数が多いからすごい動画かもしれない。」と思ってしまってその人を信用してしまいます。

もちろん本当に良質なコンテンツの場合もありますが、小手先の手法で再生回数をあげている可能性もあると理解することが大切です。
詐欺的手法が増えているのも良質なコンテンツが少ないからなのかもしれません。

なのでどれだけ価値あるコンテンツを作成することができるのかが重要なのです。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP