無料レポート作成時のポイント!〜読まれるレポートのはある共通点が存在する〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

無料レポートを作成するときに気をつけるべきポイントとは!?

無料レポートとは電子書籍を簡略化したようなものです。

さらに無料で誰でも読むことができるので色んな人があなたのレポートを読むことになりますが・・・

「無料レポートを書いたいのにダウンロード数0」
ということが起こることもあります。

ではそんな悲惨なことを避けるためには一体どうすれば良いのでしょうか?

無料レポートを書くときに気をつけた方が良い簡単なポイントをお伝えします。

また「無料レポートって何なの?」と思う方はこちらの記事を参考にしてください。

目的のないレポートに価値なし

無料レポートを書く時に目的もなく無料レポートを書いていたとしたら、
それはかなりの時間ロスになってしまいます。

ただの時間の浪費をしているだけで全然前に進むことができません。

しっかりと無料レポートの目的をある程度明確にしてく必要があるわけです。

例えば、

・メルマガに誘導するために無料レポートを書く
・自分のライティングスキル向上のために書く
・自分の読者にプレゼントする特典として無料レポートを書く

 

このようにレポートを書く目的が明確ならばどういったレポートを書けば良いのかを
イメージすることが可能になります。

おそらく多くはメルマガに誘導するために無料レポートを作成する人が多いと思います。

その時でも一体どんなメルマガを発行したいのか?

どんなことに興味を持った読者が欲しいのか?

このようなことをしっかりと意識して書くことが重要になります。

なので、まずは無料レポートを書く目的から考える必要があります。
よくわからないけどとりあえず読者集めのために書くだけでは少し不十分です。

その前にあなたが発行するメルマガの目的を決める必要があります。
そのあとに無料レポートを書く方が時間のロスにならなくて良いと思います。

伝えたいことは何なのか考え抜く

これは先ほど伝えたことと同じように見えますが少し違います。

先ほどの無料レポートを書く目的というのはどちらかというと大目的といった感じです。

これから伝えるのは1本1本のレポートの目的になります。

あなたがなぜ無料レポートを書くのかが決まったら今度は
1本1本のレポートの目的を考えるのも重要です。

例えば、ネットビジネスで稼ぎたい人たちを集めることが大目的だとしましょう!

それからまずはネットビジネスって一体どんなものがあるのかを知ってもらう目的で
「ネットビジネスの全体像」というレポートを書くとか、

ネットビジネスは稼げるけど簡単ではないということを伝えるために、
「ネットビジネスで失敗する人の共通点」というレポートを書いてみるとか、

1本1本のレポートで読んでくれる人たちに対してないを伝えていきたいのか
最初に考える必要があります。

1本のレポートに対して目的を持って書くことでより相手に伝わるレポートが作成できます。

なので、適当にレポートを完成させるのではなくあなたが伝えたいことを
明確にしてからレポート作成に取り掛かるようにしましょう!

タイトルが良ければ小学生が書いても読まれる

無料レポートを作成する時に一番大切な分は実は内容よりもタイトルなんです。

「いやいや内容がよくなかったら誰も読まないだろ!」

こう言い返したくなる人もいると思います。

私も最初無料レポートを書いているときは内容が一番大切だと思い込んでいました。

でも、実はそれは間違いなんです。
もちろん内容が重要なのは当たり前です。

しかし、読者の方が何を基準にして無料レポートをダウンロードするのか一度考えてみてほしいんです。

読者があなたのレポートを見つけた時に最初にみるところはあなたのレポートのタイトルなんです。

どんなタイトルなのかによってあなたのレポートが読まれるのか読まれないのかが決定してしまいます。

かなり極端な話になりますが、例えばあなたが頑張って100ページくらいの
無料レポートを作成したとしましょう!

一方で、10ページほどしかない無料レポートを書いた人がいたとします。

冷静に考えてどちらのレポートが読まれると思いますか?

今の段階ではどう考えても前者の方ですよね?

10ページで終わってしまうレポートなんて誰も読みたがらないと思います。
それよりも100ページもあるレポートの方が価値を感じるはずです。

しかしもし100ページのレポートよりも10ページのレポートのタイトルの方が
すごく魅力的だった場合どうなると思いますか?

残念ながらレポートの内容をみるまでは読者はどちらが、
100ページのレポートなのか、10ページしかないレポートなのかわかりません。

なのでタイトルさえ良ければ10ページのレポートの方が、
たくさんの人に読んでもらうことができるのです。

逆に100ページも頑張って書いたレポートだったとしても、
100ページも自分で書いたということに満足してしまって雑なタイトルにしてしまったら
なかなかあなたレポートは読まれることが無くなってしまうんです。

だから一番気にしなければいけないのがタイトルということになります。

では、どんなことに気をつけてタイトルを考えれば良いのかということなんですけど、
タイトルは1本の無料レポートに対して最低10個は考えましょう!

「えっ、10個も考えなくてもすぐにタイトルはできるよ」

そう思う人もいるのかもしれません。

私も最初の時は無料レポートを頑張って書いて、
タイトルは10秒くらいで適当に完成させていました。

でも、それだと読みたくなるようなタイトルを作ることは難しいですよね。

タイトルについて詳しく説明するのはまた今度にしますが、
人が読みたくなるタイトルって実は色々法則があったりするわけです。

なのでその法則を学ぶことももちろん大切です。

しかし、その法則を学んだからといって10秒くらいでタイトルを決めてしまうと
完成度はかなり低くなってしまいます。

だって、自分の書いたレポートが読まれるかどうかの大事な部分ですよ?

たった10秒くらいで決めてしまったらあなたの書いたレポートが水の泡になってしまいます。

だから、タイトルを今まで気にしていなかった人からすれば

かなりめんどくさい作業かもしれませんが自分の書いたレポートを
たくさんの人たちに読んでもらうためと思って頑張って考えましょう!

だいたい10個くらいタイトルを考えればこのタイトルでいいかもというものが
1つは見つかると思います。

確かにどのタイトルが正解なのかはわかりません。

しかし、10秒で決めたタイトルと10個タイトルを考えてその中で選び抜いた
タイトルだったらどちら方が多くの人を惹きつけることができるタイトルだと思いますか?

とにかくタイトルで全てが決まってしまうという気持ちを持って、レポートを完成させていきましょう!

 

まとめ

今回は無料レポートを書くときのポイントをお伝えしました。

・無料レポートを書く目的を決める。
・1本1本の無料レポートで伝えることを明確にする。
・レポートの内容よりもタイトルの方が大切だと自覚する。

 

この3つのポイントをおさえるだけでも、良いレポートが書けると思います。

とはいったものの無料レポートを書き始めたばかりの人たちに多いのが、
「完璧な無料レポートを作成しようとする」ということです。

まだ無料レポートを書き出したばかりなのに100点満点のレポートを書こうとしてしまって
全く完成しない人もいるのです。

確かにその気持ちもよくわかります。

なるべく良いレポートを書きたいというのは誰もが思っていることだと思います。

でも、よく考えてみてください。

一体、どんなレポートが100点満点なのでしょうか?

そしていつあなたのレポートは100点満点にたどり着くのでしょうか?

1ヶ月後なのか、、、

1年後なのか、、、

10年後なのか、、、

こう考えてみると何が完璧なレポートかなんてわからないものです。

でも、もし100点満点のレポートがあるとして、100点満点にたどり着くためにやるべきことは
「20点のレポートでも掲載する」ということです。

レポートを書いて読者の方にみてもらわないと自分で書いたレポートのどこを
改善したら良いのかわかりません。

自分の頭の中でいくら考えても答えなんて一生出てこないのです。

なので、完璧なレポートを作ろうと思うよりも、20点のレポートでも良いから掲載してダメなところを
改善していくことが最短最速で良いレポートが書けるようになると思いましょう!

 

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP