凡人が成功するための8つの方法〜凡人だから生きる価値がある〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「どうすれば凡人が成功できるのか!?」

前回の記事で凡人が成功できない理由をお伝えしました。

結果が出ていない人ほど自分のことをすごいと思っています。
そのことが原因で現状を把握することができなくなっています。

そんな凡人でも成功を掴むためには何をしなければいけないのか詳しくお伝えします。

解決策1 できない自分を許すな

できない自分を認めることが自分を変えるために一番大切なことです。

自分のことはできると思い込んでいると現状の問題に気づくことができずに何も変えることができなくなってしまいます。

なのでまずはどれだけ自分ができていないのかを認めるのです。
現状を冷静に分析するのです。

正直、これまで自分自身のことを「すごい人間」だと思ってきた人にとってできない自分を認めるというのはかなり辛いことです。

できない自分を認めるということが今まで信じてきたものを失ってしまうことになります。
なので最初は簡単に受け入れることができません。

しかしできない自分を受け入れない限り何も変えることができません。

できると思い込んでいたら現実が見えなくなってしまうのです。

そうならないためにできない自分を認めないといけないのです。

まず今までの自分を振り返ってみてください。

・中学生時代
・高校生時代
・大学時代

これまでの自分を振り返ってどれだけ理想の自分になることができていたのか考えてみてください。
もし理想の自分になれていない場合、当時の自分はどんな風に自分のことを考えていましたか?

おそらく強がっていたのではないのかなと思います。

なので過去から考えてみてそしてこのままの自分ではいけないということに気づきましょう。

解決策2 答えは存在しない

結局人生において答えなど存在しないのです。

私たちは学校教育の影響で常に答えを探してしまって他人の意見を参考にしてしまいますが結局他人の意見に過ぎないのです。

答えでは決してないのです。

学校に行っても行かなくても良いんです。
会社に行っても行かなくても良いんです。
結婚してもしなくても良いんです。

究極なんでも良いのです。

他人の答えにすがってしまうから固定概念が生まれてしまって「こうしなければ常識はずれだ」と思ってしまって結局他人の人生を生きてしまうのです。

私たちは学校を卒業してからすでに答えは存在しないのです。

解決策3 過程を見ろ

成功している人たちは見てしまうとどうしてもうまくいっている部分しか見ることができなくなってしまいます。

例えば、

・起業家が1億円稼いでいる姿
・アーティストがドームで歌っている姿
・オリンピックで選手が活躍している姿

このような人たちの姿を見ると憧れを持ってしまいます。

そして「自分もああいう風になりたい」と思い始めそれから「自分もいつかあの人たちみたいになることができる」と思い込んでしまいます。

ですが大切なのはその場所に立った成功者たちがそこへたどり着くまでにどれくらい努力したのか、またどれくらいの人たちが脱落したのかを考えないといけません。

そうしないと真実は見えてこないと思います。

その部分を理解しないと幻想世界のままで終わってしまうのです。

なのであなたが目指す場所に行くまでに、

どれくらいの努力が必要なのか?
どれくらいの時間が必要なのか?
どれくらいの熱量が必要なのか?

しっかり計画を立てて挑まないといけないのです。

解決策4 自分の力に期待するな

自分のことをすごいと思ってしまうと自分に対して過信してしまいます。

そうなると高望みしてしまう可能性が高いです。

なのでやったことがないのにも関わらず自分にはできるのではないかと思ってしまうのです。

例えば、

・ブログを書いたことがないのにいきなり2時間で5000文字の記事を書けると思っている
・Kindleを出版したことがないのに100人の人に読まれると思っている
・メルマガ読者が1ヶ月で500人集まると思っている

ネットビジネスで例えるならこのような結果を求めてしまうのです。

すなわち自分には特別な力があると心のどこかで思ってしまっているのです。
だから大きな目標を持つことに何の疑問も持ちません。

ですが結果的に目標を達成できないことの方が多いのです。
それは自分にそこまで力がないからです。

あるいはできている人たちを見て「自分にでもあの人たちみたいになれる!」と思いながら過程を見れていない可能性が高いです。
つまりいわゆる成功者たちが今のステージにたどり着くまでにどれくらいのことをしてきたのかを一切考えていない状態だということです。

ワープするように一気にできている人たちのステージに行けると思ってしまうのです。

ですがこの考え方が間違いです。
そんな簡単に大きな結果を出すことができるなら全員が成功しています。

でも多くの人が結果を残すことができないのは目標を掲げ目指すべき場所を見ているけれども実際は足元を見れていないので現在地を把握できず幻想世界で生きてしまうのです。

なので予め自分にはそれほど大きな力は持っていないことを認めないといけないのです。
そのことを認めた時に「では何をしないといけないのか?」ということを考えることができるようになるのです。

解決策5 やり続けることが究極の成功法則

誰でも短期的成功を望んでしまいがちです。

・勉強
・ビジネス
・スポーツ

何をやるにしても早く結果が出て嬉しくない人はいないはずです。
しかし、簡単に結果が出ないことがの方が多いです。

勉強も3日間勉強しただけでは何も変わりません。

ブログを10記事書いただけでは何も起こりません。

1週間ランニングしただけでは結果が変わることはありません。

私はビジネスで成功している人からこんな言葉を聞いたことがあります。
それは、「最後までやり続けた人が成功する」という言葉です。

結果的に見れると最後まで続けた人だけが大きな成功を残すことができているのです。
大抵の人は途中で色んな言い訳をして諦めてしまうのです。

なので才能がないとか、スキルがないとか、人脈がないとかうまくいかない時はうまくいかない原因を色々考えてしまいます。

ですが結果的に見れば辞めなければいつかは結果が出るのです。
行動し続ければ必ず良い成果を出すことができるのです。

これは自分の人生を振り返ってみるとわかります。

今まで達成できなかったことっていくつかあると思います。
その時なぜ目標を達成することができなかったのかを考えてみてください。

おそらくどこかで行動することを諦めてしまったはずです。

勉強なら問題集を開くことを辞めたはずです。
ビジネスならブログを書くことを辞めたはずです。
スポーツならランニングすることを辞めるはずです。

振り返ればわかりますが結局結果を残すことができなかった原因は才能がないことが原因ではなく挑戦することを諦めたから何です。

それがわかればとにかくやり続けることが良い結果を残すための最大の近道だということがわかります。

なので結果が出るまでとにかくやり続けることが大切なのです。

解決策6 本質的には人は変わらない

究極、人間の本質は変わらないと思います。

人は変わることができると私は思いますがだからと言って完璧な人間になれることはないと思います。
どんなに大きな結果を残すことができたとしても弱気になることもありますし、イライラすることだってあるはずです。

また小さい頃からの性格も根本的に変わることはないと思います。

例えば幼少期から内気な性格だったら大人になって社交辞令などができるようになって客観的に見れば内気な性格には見えないかもしれませんが内面では内気な自分が存在しているはずです。

なので現状に不満がある場合は現状の自分とは大きく違う自分を思い描いてしまうことがあると思います。
ですがおそらく大きく自分を変えることができずに悩んでしまうことの方が多いと思います。

そんな時は本質的に自分を変えることはできないと認めることが良いと思います。
そのことを踏まえて行動計画を立てることが必要なのです。

誰かに憧れて、その人みたいにやってもうまくいきません。
自分なりのやり方を見つけることが大切なのです。

解決策7 人は自分の正しさでいきている

私たちはすぐに答えを探してしまいます。ですが人生に答えなんてないわけです。

そして人生は誰もが正解でもあり誰もが不正解でもあるのです。
つまり全員に共通する生き方なんてないんです。

それでも他人の意見を求めて、その助言にしたがって何事も決断してしまう傾向があります。

ですが人はそれぞれ自分の正しさで物事を判断しているだけなのです。

だから他人の意見に従うということはそれが正解ではなくて単に他人の正しさに従ったというだけなのです。

ある意味自分の正しさを捨てたということなのです。

かといって他人の価値観に触れないで生きてしまうと見える世界が小さくなってしまって可能性が広がらないので他人の生き方や考え方を知らないというのはよくないです。

ですが他人の意見=正解だという考え方は間違っているということです。

例えば「成功法則」という内容の本はたくさんあります。
中には有名な人が書いた成功法則の本もあります。

そしてその成功法則を実践すれば自分も成功者になることができると思ってしまうのです。
もちろんたくさんの人に読まれている「成功法則」の本を私も読みますし、価値も感じます。

ですが、それはその人の成功法則であって自分の成功法則ではないのです。

その人が自分の中にある正しさから導き出したことを本にしているだけなのです。
だから成功法則本を読んでその内容を真に受けて実践してもうまくいかないということが起こってしまうのです。

でも私たちは答えを求めてしまいます。

なので人生の答えがないことを知らないと死ぬまで他人にすがりながら人生の答えを追いかけてしまって結局何も得ることができずに終わってしまうことが多いのです。

だからそもそも人は自分の正しさを基準に生きていることを理解しないといけないのです。

解決策8 感情で決断するな

人はよく感情に流されてしまう生き物です。

それゆえに冷静な判断を欠いてしまい望むような結果を残すことができないことがあります。

例えばビジネスをあなたが始めたとします。

初期の段階ではビジネスに初めて取り組むので楽しさを感じながらビジネスをやることができます。

しかし、ビジネスを始めても稼げるようにならないと知り合いに言われたり、ネットで口コミを読んでしまうと今までやる気に満ちていた自分が一気に消え失せます。

それは恐怖を感じてしまうからです。
恐怖を感じてしまったら人は冷静な判断力を失ってしまいます。

なので恐怖にかられてビジネスを諦めてしまうことになってしまうのです。

冷静に考えれば何事も結果が出る人もいれば結果がでない人がいるわけです。
そのためビジネスでも結果を残すことができない人だって存在するのです。

それなのに感情に流されてしまって1人でもビジネスで結果を残すことができなかった人を知った時に自分も結果を残すことができないと思ってしまうのです。

他にも色んな場面で感情で色んなことを決断してしまうはずです。
ですが感情に流されて決断したことで良い結果を残すことができた人は多くないはずです。

なので冷静な判断とは感情に流されていない状態のことだと理解しましょう。
もし感情で物事を判断してしまいそうになった時には一晩寝てから決断することが良いと思います。

そうすれば大きな間違いをすることはないと思います。

まとめ

いかがでしたか?

多くの人は自分のことをすごいと思ってしまいます。

それは世間の情報でサラリーマンが1億円稼ぐ起業家になったというような情報が流れていることが1つの原因だと思います。

現状がどんな自分であれ、将来は大きな成功を掴むことができると思い込んでしまうのです。

しかしそれは単なる幻想でしかないのです。
現実逃避のために夢という幻想を抱いたいるだけなのです。

だからどれだけできない自分を受け入れることができるのかが大切なわけです。
できない自分を認めた時にやっと地に足がついた状態になり、現状を把握することができるようになります。

また答えを追い求めてしまってはいけないのです。

なぜなら学校教育を終えてからもう答えなんて存在しないのです。

だから人生に答えはないと思うことが大切です。

そう思うことによって何でもありの世界だと思うことができます。
視野が広がるのです。見える正解が変わってくるのです。

なので人生の答えは自分で作り出すという気持ちが大切だということになります。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP