読まれる文章を書くためのライティング9つのコツ〜読みたくなるコンテンツとは!?〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「読まれる文章を書くコツとは!?」

読まれる文章を書くためにはライティングスキルを向上させなければいけません。

そうしないとあなたが何時間もかけて書いた文章が誰にも読まれずに終わってしまいます。

そうならないためには文章を書くコツを身につける必要があります。

今回は文章を書くときに気をつけるべきポイントをお伝えします!

読者に文章を最後まで読んでもらうためには?

メルマガやブログを書くときに求められるスキルがライティングのスキルです。

ライティングのスキルを身に付けることによって読者にあなたが書いた文章を読んでもらうことができます。

またそもそもなぜライティングのスキルが必要なのか?という根本的な話をすると
それは読者にあなたが書いた文章を最後まで読んでもらうためです。

もしかしたあなたがブログを書いたらたくさんの人に読んでもらうことができると思っているかもしれません。

ですが実際はあなたが書いたブログ記事を最後まで読むことは少ないです。
少し冒頭の部分を読んだ後は流し読みをしたり、すぐに違う記事へ行ってしまいます。

これはあなたが他の人の記事を読むときも同じだと思います。
価値を感じなかった内容だったら最後まで読まないはずです。

それと同じで文章を書く側にまわったらいかに文章を最後まで読んでもらうのかというのを考える必要があります。

現在はパソコンのみではなくスマホでもブログの記事などが読まれます。
なのでスマホの方でも読んでもらえる文章というものを考えなければいけないのです。

もし何となく文章を書いているとしたらそれはただの時間の浪費であり、自己満足のために文章を書いているにすぎません。

なので文章を書くときはある程度ポイントを絞って文章を書く必要があります。

ポイント1 読者を明確にする

まず文章を書くときに気をつけるべきことは読者を明確にするということです。

「誰のためにブログの記事を書くのか?」を明確にする必要があります。

例えばあなたが好きな女性に対してラブレターを書くときに明確な相手がいない状況でラブレターを書くことはありませんよね?
必ず明確な相手がいてその人に自分の気持ちを伝えようと思ってラブレターを書くと思います。

それと同じでブログの記事を書くときも誰に対して書くのかということが明確でないと意味のない文章を書いてしまうことにつながります。

なので文章を書く前には、「誰のために書くのか?」というのを明確にしてから文章を書き始めましょう。

またさらに言えば「何を伝えたいのか?」「なぜ伝えないといけないのか?」ということを考えるとより相手に伝わるような文章を書くことができます。

伝えたいことが明確で、さらに読者になぜ伝えないといけないのかが明確であればその文章の価値が上がります。

ポイント2 簡潔に文章を書く

すごく長い文章って読みたくないですよね?

本で例えると、

・辞書みたいな分厚い本

・簡潔に書かれた薄い本

あなたならどちらの本が読みやすいですか?

おそらく簡潔に書かれた薄い本の方が読みやすいと思います。
別に分厚い本には価値があって薄い本には価値があるということではありません。

分厚い本だろうと薄い本だろうと価値がある本ということには変わりません。

しかし冒頭でもお伝えしましたが、文章を書くときに大切なのは「いかに最後まであなたが書いた文書を読んでもらうのか?」ということです。
その観点から見ればいかに簡潔に文章を書くのかが非常に大切になります。

伝えたいことが明確で文章量が多くなってしまうのは仕方がありません。

しかし、文字数を稼ぐためにわぜといらない文章追加したり、1行で伝えることができる内容を2〜3行使って説明してしまう。
このようなことをしてしまうと簡潔な文書を書くことができず、また文章量が多くて読者は最後まで読んでくれなくなってしまいます。

なのでいかに簡潔に文章を書くのかが大切です。

ブログの記事などを書くときもメルマガを書くときも「1行で伝えることができないのか?」という視点を持って文章を確認すると余計な部分が見つかるかもしれません。

ポイント3  結論を最初に書く

読者にあなたが書いた文章を読んでもらうためには結論を最初に書く必要があります。

例えば、「1週間で体重が3キロ落とした方法!」というのを冒頭の文に書けば、読者からするとその方法が気になって次の文章を読んで行きます。

なので次の文章を読ませていくために結論を最初に書くというのが大切です。

結論を冒頭に書かないと読者からするとどんな記事なのかが判断できないのです。
どんな記事なのかがわからないと読者は別の記事へ行ってしまいます。

読者が離れていってしまうことを防ぐためにもあなたが文章を書く前に考えた、

・誰のためにブログの記事を書くのか?
・何を伝えたいのか?
・なぜ伝えないといけないのか?

この部分を冒頭の部分で伝えることが大切なのです。

逆にいってしまえば「何を伝えたいのか?」ということが明確になっていない状態で文章を書いてしまうと読者はどんな記事なのかが判断することができないのであなたのブログ記事から離れてしまうということになってしまいます。

だから記事を書く前に上記の3つのポイントを明確にしておくことが最低限必要なことなのです。

ポイント4  価値あるコンテンツを作成する

ブログの記事を書いたり、無料レポートを書いたり、Kindleを作成すると思いますがこれは全てコンテンツなわけです。

そしてそのコンテンツを作成するときに一番大切なのが「価値のあるコンテンツを作成する」ということです。

「価値のあるコンテンツって何?」と思ったかもしれません。
そもそもブログの記事などをコンテンツだと思っていなかった方も多いと思います。

価値あるコンテンツとは読者の問題を解決できるコンテンツのことです。

もし読者の問題を解決することができないコンテンツを作成しているのならば、それはおそらく自己満足のコンテンツになってしまっている可能性があります。

つまりコンテンツ作成者がコンテンツを2〜3時間かけて作ったことに満足しているだけだということになります。

ですがそれでは価値あるコンテンツではありませんし、それだったらコンテンツを作成する意味がありません。
むしろコンテンツ作成時間を別のことに費やした方が良いです。

それくらい価値あるコンテンツを作ることが大切なのです。

この部分を忘れてしまったら自己満足のコンテンツを量産するだけで誰の問題も解決することができなくなってしまうのです。

ポイント5  独自の視点を入れる

あなたが作成するコンテンツと同じようなコンテンツを作成している人はたくさんいます。

例えばせどりについてのブログ記事を書くとするならば「せどり」と検索すればあなたが書こうとしている記事がすでに存在しています。
なのでただせどりについての記事を書いてもすでに同じ内容の記事を作ってしまうだけなのです。

だから独自の視点を入れることが大切なのです。

この世界には同じ人間は存在しません。1人1人違う体験をして生きています。

例えば「りんご」の写真があったとします。このときにあなたはどんなことを想像しますか?

・りんごをかじっている自分の姿
・りんごを綺麗に剥いている母の姿
・家族でりんご狩りにいった時の思い出

このようにりんご1つにしても思い描くものが違うわけです。

なので独自の視点ということを意識すればあなたにしか書けない記事を作成することができるのです。

そうすることで他人とは違った記事を作成することができるようになりあなたの特色も出ます。

独自の視点とはすなわちあなた自身のこれまでの体験を入れ込むということでもあります。
なので基本的にあなたが考えたことを素直に伝えるということも大切だということなのです。

ポイント6  恐れずに伝える

コンテンツを作成する立場になること、文章を作成する立場になることそれはすなわり誰かの代弁者になるということでもあります。

コンテンツを作成するということは情報発信者になるということです。

なのでいかにみんなが心の奥で思っていることを伝えるかが大切です。
そしてその思いをあなたが発信することで共感が生まれるのです。

そのためには作成者が伝えることを恐れていてはいけないのです。

「こんなことを言ってしまったら批判がくるかもしれない・・・」
このような気持ちにかられてしまって結局当たり障りのないことを言ってしまう。

そうなると共感が生まれなくなってしまいます。

なので最初は怖いかもしれませんが思い切ってあなたの考えを伝えることが大切です。
そうすればあなたの思いに共感する人が集まり、あなたのファンを増やすことができます。

あなたは誰かの代弁者であることを忘れてはいけないのです。

ポイント7 文章を書く時間を確保する

まず文章を書く時間を作ることが初期の段階では必要です。

文章はたくさん量を書かないと上達しません。
そのためには文章を書く時間を確保して文章を書く練習をしないといけません。

なので1時間は毎日文章を書くとか、ブログの記事を毎日1記事投稿するなどの目標設定が大切なのです。

中には時間がなくて文章を書く時間がないという方がいます。

ですが「本当に文章を書く時間がないのか?」と聞かれたらおそらくそうではないはずです。

・テレビを見る時間
・スマホをいじっている時間
・飲み会に参加している時間

このような時間を犠牲にすれば文章を書く時間を確保することができます。
何かを得るためには何かを犠牲にするのは仕方がありません。

なので時間がないという方はまず削減することができる時間がないのかを見つけていきましょう!

ポイント8  とにかく文章を書き続ける

よく文章をあまり書いたことがない方が陥ってしまうことは最初から完璧な文章を書こうとしてしまうことです。

例えばブログの記事を今まで書いたことがないのにいきなり5000文字の記事を2時間で書こうと思ってしまいます。
ですが何事もそうなのですが最初は誰でもできない状態から始まります。

なのでいきなり完璧を求める必要がありません。
また完璧を求めてしまうと挫折する確率が高まってしまいます。

先ほどの場合ならばブログの記事を5000文字書こうとして結局3000文字も書けないまま5時間経ってしまった。
このような状態になったときに「自分には文章を書く才能がないんだ。」と思ってブログの記事を書くことをやめてしまいます。

そうならないためには最初はとにかく質ではなくて量を意識する必要があります。
そして量をこなすことによって質が向上するんだという風に考えて取り組むことで気づいたら文章スキルがアップしています。

なので最初から完璧を求めるのではなくて20点レベルの記事でも良いから書いてみることが大切です。

ポイント9  文章を読み直す

文章を書いたら必ず1度読んで確認してしましょう。

確認する内容は誤字脱字がないのか、簡略化できる部分はないのかという部分です。

そうすることによってコンテンツの質がさらに向上します。

この確認作業を怠ってしまうとコンテンツの質が下がりますし、文章スキルが向上しません。

また予め確認作業をすることがわかっているならばとにかく文章を思うがままに書いてしまえば良いのです。
いちいち文章の書き方が間違っていないのかということを気にしながら文章を書いてしまうとなかなか次に進むことができません。

なので「あとで確認するから間違えても良い」という気持ちを持って書くことが大切です。

そして最後に読み直して精度をあげれば良いのです。

まとめ

いかがでしたか?

いかに最後まであなたが書いた文章を読んでもらうための工夫をするのかが大切です。
なので前提として読者は自分が書いた文章を読まないと思うことが大切です。

そして文章を読んでもらうために、

・読者を明確にする
・簡潔に書く
・結論を最初に書く
・独自の視点を入れる
・価値あるコンテンツを作成する

このようなことに気をつけて文章を書くことが大切です。

ライティングスキルは1日や2日で上達するものではありません。
毎日文章を書き続けることでスキルが向上していきます。

なので焦らずコツコツとライティングスキルを上げていきましょう!

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP