ラクマでの出品方法と商品を売り切るコツ〜たった3分で商品を出品できる!?〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「どうやってラクマで出品するの!?」

ラクマで具体的にどうやって商品を出品するのか?

どうすれば商品が売れるのか?

ラクマで簡単に商品を出品する方法を説明します!

ラクマとは?

ラクマ

ラクマとは楽天が運営しているフリマサイトになります。

そしてスマホで簡単にサービスを利用できるのがポイントです。

なので出品をする時もスマホで簡単に出品することができますし、
商品を購入する時もスマホで簡単に商品を購入することができます。

ラクマについてはこちらを

今回はラクマを使って簡単に出品する方法と出品する際の注意点をお伝えします。

手順1 出品ボタンを選択する

まずはラクマの画面へ行き「出品」というボタンを押します。

そうすると出品画面に移行するので出品作業に入って行きます。

2

手順2 写真を撮影する

まずは写真を登録していきます!

写真は予め撮影しておいても良いですし、出品時に撮影しても良いです。

ただ写真は4枚なので厳選して掲載する写真を選択しなければいけません。

こちらを参考にしてください!

ポイントは、

・正面からの写真を1枚目に設定する
・明るい場所で撮影する
・色んな角度から写真を撮る

このようなポイントを最低限守って撮影してください!

「どれを1枚目にしようか?」と悩んでいる時は、ラクマの場合
スライドさせれば1枚目の写真を変更できるので試してみてください!

2

3

 

手順3  商品名

続いて商品名になります。

商品名はお客さんがあなたが販売する商品に行きつくための手段ですので
しっかりしたキーワードや商品名にすることが求められます。

今回ならば、

「スリッポン」というのが基本的に入っていなければいけないキーワードです。
ですがスリッポンだけだと検索した時に全てのスリッポンが出てきてしまいます。

なのでまずはブランド名を追加した方が良いです。

「adidas」もしくは「アディダス」と記載すれば
アディダスのスリッポンを探している人が検索しやすいようにできます。

またどんなキーワードを追加したら良いのかがわからない時は
一度ラクマで商品を検索する必要があります。

例えば、「スリッポン」と検索するとこれだけの検索キーワードが出てきます。
これを参考にしてキーワードを追加していきます。

これで「メンズ」や「サイズ」を追加した方が検索されやすいとわかったので追加していきます。

例)

手順4 商品説明

商品名が終わったら次は商品説明です。

商品説明はなるべくお客さんが質問しなくてすむように重要なことを記載することがポイントです。

簡略的に商品説明を書いてしまうと後から購入希望者から
質問が来て対応に追われてしまいます。

そうなると時間的にロスになってしまうので1度しっかり書いてしまって
質問する人があまりいない状況を作りましょう!

基本的には

・商品状態(新品・中古)
・使用頻度
・カラー
・サイズ
・ブランド
・出品理由(なくても良い)
・マイルール

このような内容は入れた方が良いです。

なるべく多くの情報を記載すればするほどどんな商品なのかが
よくわかるので書ける内容は書いておく必要があります。

ちなみにマイルールというのは後ほど説明するプロフィールの欄に記載している
内容を伝えるということです。

商品説明にマイルールを記載しても良いですし、
「購入前にプロフィールをご覧ください!」と記載しても良いです。

お客さんはネット上でしか商品を見ることができないので、
より多くの情報を伝えることがお客さんのためでもあるのです。

例)

手順5  カテゴリー

カテゴリーの設定は非常に簡単です。

このように、「お探しのカテゴリーはこちらではありませんか?」
という欄に予測されたカテゴリーが表示されます。

大体この欄に出品する商品のカテゴリーがあるので選択するだけで大丈夫です。

例)

手順6 サイズ

サイズがある場合は記載します。
こちらも選択するだけなので非常に簡単です。

例)

手順7 ブランド

出品する商品にブランドがある場合は検索して選択します。

例)

手順8 商品の状態

出品する商品がどの状態なのかを選択します。

フリマサイトなのでそこまでしっかり決めないといけない訳ではないのですが
明らかに使用したことがあるのに無理やり新品にするのはダメです。

このように大幅に違う商品状態を選択しない限り自己判断で商品状態を選択して大丈夫です。

例)

手順9 配送料の負担

商品が売れた時に購入者と販売者どちらが送料が負担するのかという選択です。

販売者が負担するなら販売者が送料を負担しますし、
購入者のならば着払いで商品を発送します。

どちらにしなければいけないという決まりはありません。

ですがやはり送料込みの方が売れやすい傾向があります。

例えば3000円の靴を購入しようとしたとしても、
発送地域によっては配送料だけで1000円ほどかかることもあります。

そうなると欲しかった靴だったとしても購入することはやめてしまいます。

だったら予め販売価格に送料を上乗せした状態で出品したり、
元々送料を負担することを決めた上で出品する必要があります。

例)

手順10 配送方法

配送方法の選択が非常に迷ってしまいがちです。

なぜなら配送方法がたくさんあるからどれを選んだら良いのかが判断できないからです。

ただ基本的に大切なのは一番安い配送方法を選択するということです。
そうしなければ利益がどんどん減ってしまうからです。

商品が1000円で売れたのに送料が800円だったら利益は
わずか200円だけです。

なのでなるべく送料がかからない配送方法を選択することが大切です。

配送方法の選択の参考にご覧ください!

例)

手順11 発送日の目安

こちらは商品が購入されてからどのくらいで発送するのかということです。

ご自身の状況に当てはまるものを選択すれば良いのですが、
もしすぐに発送できるのか不安な場合は最長の4〜7日を選択するのが良いです。

またよく勘違いしている方が多いのですがこれは発送日の目安であって、
商品到着日の目安ではありません。

なので理解できていない購入者の場合、「4〜7日で発送」となっているのに
4〜7日以内に商品が届くと思っている方もいます。

ですが発送日の目安なので4〜7日以内に発送すれば良いのです。

例)

手順12 発送元の地域

発送元の地域というのはあなたが住んでいる地域のことになります。

なので嘘なく発送元の地域を選択しましょう。

例えばこの時に沖縄に住んでいるのに神奈川県などを選択してしまうと
購入者が同じ神奈川の場合商品がすぐに届かないと疑問に思ってしまいます。

また着払いの場合は時に正確な地域ではないと送料の計算が大変です。

なので嘘偽りなく発送元の地域を選択しましょう!

例)

手順13 購入申請

こちらはラクマの特徴的なサービスですが商品をすぐに購入しても
良いのかそれとも購入申請をしなければいけないのかの選択になります。

購入申請の場合はすぐに商品を購入することができなくて
出品者が購入申請をOKしたら商品の取引が始まります。

なので特別な理由がない限りはすぐに購入できるの方が良いです。

その方がすぐに商品を購入してもらうことができますし、
購入申請のやり取りが面倒だからという理由で違う出品者の元へ
行ってしまうのを防ぐこともできます。

例)

 

手順14 販売価格の設定

最後に商品の販売価格を決めていきます。

基本独自の判断で価格を設定します。

もしなかなか商品が売れなければあとで価格設定を変更すれば
良いだけなので価格を気にせず出品しても良いです。

ただ、予め相場に合わせて出品した方が商品がすぐに売れます。

調べ方は簡単で出品する商品を検索してそれから絞り込みを選択します。

その時に販売状況を選択して売り切れを選べば過去にどのくらいの価格で
商品が売れたのかがわかります。

もしわからなければ気持ち高めに出品して後から値下げすれば良いです!

手順15 出品ボタンを押す

あとは「出品する」ボタンを選択するのみです。

この時に最終確認ができますので間違いがないのか確認してください。

もし変更する箇所があれば「キャンセル」を押せば設定画面に戻ります。

確認が終了したら出品ボタンを押して出品作業終了です。

プロフィール設定

ラクマにはプロフィールの設定ができます。
プロフィールを設定することで独自のマイルールを記載することができるのです。

例えば、

・購入前にコメントしてください!
・配送方法の選択はできません。
・発送期間が遅れることもあります。

このようなマイルールを記載しておけば購入者も予め理解してもらうことができます。

自己紹介という欄でマイルールを記載します。

ちなみに商品説明の下の欄に表示されます。

例)

売れた後の流れ

商品が売れたら商品をしっかり購入者の元へ発送します。

発送したら発送通知を押して後は商品が購入者の元へ届いて
評価してくれるのを待ちます。

評価が完了して取引が終了したら売上金が入ります。

これで一連の作業が終わります。

まとめ

ラクマは非常に簡単に出品することができます。

メルカリを使ったことがある方はほとんど同じなので簡単に
ラクマを使いこなることができます。

よければ自宅にある不用品を出品してみてください!

どれだけ簡単に出品できるのかがわかると思います!

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP