ラクマの効率的な使い方〜アカウント作成から取引の流れまでわかりやすく解説!〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ラクマってどうやって使うの?」

今では自宅にいながら簡単に商品を販売することができます。

スマホで商品を写真を撮ったり簡単に商品説明を書くだけなので
数分で商品を出品することができてしまいます。

また人気なサイトとしてヤフオクやメルカリもあります。

ではラクマは一体どんなサイトなのでしょうか?

今回はラクマについて詳しく説明していきます!

ラクマとは?

ラクマ

ラクマとは楽天が運営しているフリマサイトになります。

フリマサイトといえば有名なのがメルカリですがメルカリと
似たシステムなのでメルカリを使ったことがある方はすぐに使いこなせると思います。

また機能もメルカリと似ていて商品が売れたとしても売上金がいきなり
販売者の銀行口座へ送金されることはありません。

商品が購入されても商品がしっかり購入者の元まで届いてから
取引が終了して売上金が入るということになります。

なので商品を購入したのに商品が届かなくてお金だけ持っていかれた
ということはないので安心して使えます。

たとえそのようなことがあっても支払った代金はラクマ側が持っているのですぐに返金されます。

ラクマは安全に使えるフリマサイトなのです。

アカウント作成方法

またラクマのアカウントを作っていない場合は最初に作っておきましょう!

この時に楽天会員の方ならば楽天アカウントでラクマのアカウントを作成することができます。

また招待コードなどがあるとアカウントを作成するだけでポイントが入るので
招待コードを利用するのが良いと思います。

さらに今後ラクマを利用するなら売上金を振り込む口座が必要なので
そちらも合わせて準備していただければ良いと思います。

1 アプリをダウンロード

2  アカウント作成方法を選択

3 楽天会員の確認(楽天アカウント利用の場合)

4 同意する

5 ニックネームなどの設定

6 電話認証

7 設定完了

販売手数料

ラクマで商品を販売する場合どれくらいの販売手数料がかかるのでしょうか?

販売手数料というのは商品を販売する時に運営者側に支払わないといけない手数料のことです。

たとえば

ヤフオク→手数料8%
メルカリ手数料10%

なのでメルカリで100円の商品を販売するとしたら手数料として100円を
メルカリに支払わないといけないということです。

では、ラクマの場合販売手数料はいくらなのかということですが、
ラクマで商品を販売する時にかかる手数料は0円です。

つまり1000円の商品を販売しても1000円全て売上金として入ってくるということです。
ですが販売手数料が無料なのは今だけみたいです。

2018年6月4日(月) 10:00より、「販売手数料」を改定することになりましたので、お知らせいたします。
「ラクマ」では、皆さまのお取引のサポートやお得なキャンペーン企画を強化するために、
商品が売れた時に限り、販売手数料として商品価格の3.5%をいただくことになりました。(ラクマサイトより)

このように次から販売手数料が3.5%に上げるそうです。

これ以降販売手数料が上がるのかそれともまた無料になるのかわかりませんが、
現状で言うとメルカリやヤフオクに比べて圧倒的に販売手数料がかからないので
ラクマが一番販売手数料が安いということには変わりありません。

支払い方法

ラクマでは商品を購入する時にどのような支払い方法があるのかというと主に

・コンビニ
・ATM
・楽天ペイ

・auかんたん決済
・d払い
・ソフトバンクまとめて支払い
・Paidy
・LINE Pay
・ポイント
・売上金
・クレジットカード

このような支払い方法があるのでどれが自分にとって支払いやすいのか考えて
支払い方法を選択する必要があります。

コンビニやATMで支払う場合は手数料として100円発生してしまいます。
これだと毎回商品を購入する時に結果的に商品価格+100円支払うことになるのでちょっともったいないですね。

でも中にはクレジットカードなどを持っていないから仕方ないという場合もあるので
どうしても支払い方法がコンビニやATMしかないのならば利用しましょう。

またその他にポイントや売上金から支払うことができれば手数料は一切かかりません。

クレジットカードも基本的に手数料は発生しないのですが、ラクマのサイトにはこのようなことが書いてあります。

※ポイント・売上金充当後のクレジットカード決済金額が2,000円以下の場合は、あんしん決済手数料は無料です。(ラクマサイトより)

どうやらあんしん手数料というものが発生する場合があるのでクレジットカードは絶対に
手数料がかからないと思わずに支払う時に手数料が発生していないのか確認すると良いと思います。

振込手数料

冒頭でもお伝えしましたがラクマでは商品が売れても取引が完了するまでは売上金はラクマ側が保持しています。

そして取引が完了したら売上金があなたの元へ入るのですが、
でもあなたの銀行口座へ自動的に振り込まれるということはありません。

売上金はあなたのラクマアカウントに入ります。
それから銀行口座へ振り込まないといけません。

なのでもしいつまで経ってもお金が入らないと思っている場合は
あなたが振込申請をしていないだけかもしれないので確認してみてください。

それから振込申請をするときの注意点なのですが振込金額によっては振込手数料が発生してしまいます。

手数料が発生するタイミングは売上金が10000円未満の場合です。
それ以上の売上金があれば手数料は一切かかりません。

手数料は216円かかります。

また10000円以上の場合でも振込先の銀行によっては手数料が発生します。

なので基本的に楽天銀行を使うと安心かもしれません。

発送方法

商品が売れた時にどのような発送方法を活用したら良いのかということなのですが
発送方法としてはかなりたくさんの方法があります。

・かんたんラクマパック
・ネコポス
・宅急便コンパクト
・宅急便
・ゆうパケット
・ゆうパック
・レターパックプラス
・クリックポスト

このようにたくさんあるのでどのような発送方法を選択すれば
良いのかわからなくなってしまうと思います。

参考にこちらの記事を読むと発送方法がよくわかると思います。

ただ基本的な考え方として一番安い発送サービスを利用することです。

たとえば1000円で商品が売れたとしても送料を引くと結果的に利益は1000円ではないのです。

だからいかに利益を下げないのかということが大切なのです。

最初は発送方法に戸惑ってしまうかもしれませんがいかに商品を安く発送できるのかを考えましょう!

どこまで自分の情報を公開するのか?

ラクマのようなフリマサイトで不安に思うことが相手に
自分の情報がどこまで知られてしまうのかということですね。

ラクマの場合は最低でも名前や住所などは公開しないといけません。
住所がわからなければそうしなければ商品を発送することができませんからね。

また販売者の場合は配送サービスによっては自分の電話番号を記載しないといけないこともあります。

ですがこのように自分の情報を公開することは商品を購入するあるいは
販売する上では仕方がないことなのでそのことを理解した上でラクマを利用しましょう!

まとめ

いかがでしかた?

ラクマはフリマサイトですのでもしまだ利用したことがない方は
自宅になる不用品などを早速出品してみると良いと思います。

ただやはりヤフオクやメルカリよりは需要がないというか人気がありません。

なのでメルカリに商品を出品した方が早く売れる可能性がありますが、
ラクマは販売手数料が安いのでそのことを考量してラクマで商品を出品してみるのも良いと思います。

注意点としてラクマとフリルが現在同じになっていてその関係でサービスの移行中なので
手数料やサービスのルールに違いがあるので利用する際はよく確認してください!

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP