目標を達成することができるアファメーションとは!?〜潜在意識を変えれば現実も変わる〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは後藤です。

今回はお伝えするのは「アファメーション」というものです。

「えっ?何それ?オカルト?やばくない?」
そう思った人もいると思いますがオカルトではありません笑

アファメーションを行うことでセルフイメージの高まったり目標を達成する確率が高まります!

そんな効果抜群な方法をお伝えします!

オカルトではないアファメーションとは?

アファメーションとは一体なんなのか?
アファメーションとは肯定的宣言の事です。

つまり自分自身の成功を宣言するという事になります。

簡単な例を出すと、

「私はネットビジネスで月収100万円を達成している」

という風にあらかじめ自分で宣言するのです。

そうする事で潜在意識に刷り込まれて現実化していうといことになります。

そもそも人間は毎日ネガティブなことばかり考えてしまいがちです。


「ローンを返済できるかな」

「会議の資料をうまくまとめられるかな」

「今月の支払いしっかりできるかな」

など自分でも気づかないうちにネガティブなことだけを考えてしまっている状態になってしまっています。

もし、その状態のまま生活をしていたら成功は遠ざかってしまうのは誰でもわかりますよね!

そのネガティブ思考に相応しいような行動をとってしまいますからね。

なのでまずは意識的にポジティブな考え方を取り入れるということが必要なのです。

いつもネガティブなことばかり考えてしまっている人が1日のうちに数分でも良いので
ポジティブな問いかけを自分自身にするだけでもかなり人生は変わると思います。

もちろん、ちょっと1日や2日やっただけではなんの効果もないと思いますが
やり続ける事で自分自身に変化が現れるはずです。

私がアファメーションを実践した結果・・・

私がこのアファメーションを知ったのは高校三年生の時でした。

どんな時にアファメーションを使ったのかと言いますと、
私はその時、TOEICの勉強をしていました。

当時、大学進学のためにTOEICのスコアが必要で必死に勉強をしていました。
TOEICをやったことがなかった不安と求められているスコアを取らなければいけないという
プレッシャーの中、毎日勉強していました。

そんな時、当時TOEICの勉強を教わっていた方から「アファメーション」というのを教わりました。

もちろん、強制的にやらされたわけでもありません。

実際、「こんなの本当に効果があるのかよ」
少しアファメーションをバカにしていました。

しかし、TOEIC実績者がおすすめするのだからと思い素直に実践しました。

私は毎朝1時間早く起きてあらかじ決めておいた文を1時間口に出して読みました。

およそ1ヶ月は毎日続けていたと思います。

もちろんTOEICに関係した内容だったり、目標のスコアを達成した後のことなどを想像しながら
アファメーションを唱えていました。

そうしているうちに自分の中に少し変化が出始めました。

なんというか根拠のない自信が出てきたのです!

「俺ってやればできる人間じゃないのか?」

という感じで調子に乗っているというような感じではないのですが、
いつも心のどこかでポジティブな自分が存在していました。

おそらく、アファメーションを唱えていたことによってより自分が目指している場所が
明確になったからだと思います。

そして、「自分はできない」というようなネガティブなフレーズを一度も口にしませんでした。

ただ、ひたすら毎朝アファメーションを唱えていました。
なのである意味毎日成功体験を味わっていた感覚でした。

そして、「俺はこの感覚を味わうために今日も頑張るんだ」
という気持ちになり淡々と1日1日のタスクをこなしていきました。

ちなみにその当時の目標スコアは700点だったのですが、
最終的には3ヶ月で715点を取得することができました。

アファメーションの力をその時実感しました。

ただ、勘違いしてほしくないのは、

「アファメーションを唱えているだけで成功する」

という風には思わないでください!

例えば、大学に合格するために受験勉強するとします。

その時に毎朝アファメーションを唱えていますが、
勉強はせずに毎日遊んでいては大学に合格することができません。

当たり前ですがある程度の行動力と改善マインドが前提だと思っています。

そこにアファメーションがプラスされることによって、
目標がより明確になりセルフイメージも高まりよりも目標が達成しやすくなるというものになります。

行動せずして成功はもちろんありえません。

アファメーションを実践する方法

それではアファメーションをやるときの注意点を説明します。

「肯定的な宣言」をするということが基本的なルールなので、
そこで厳しいルールみたいのはなくポジティブな宣言をすれば大丈夫です。

ただ、以下の注意点に気をつけてアファメーションを行ってください!

そうしないとせっかくのアファメーションが台無しになってしまいます。

 

1人称にする

まずは1人称のアファメーションにするということです。

どういうことなのかと言いますと、常に文の始めは、


「私は〜〜〜である」

「私は〜〜〜な人間である」

「私は〜〜〜を達成している男である」

みたいに常に「私は」のように1人称で始めてください!

いきなり「TOEICで700点を達成している」だけだと誰が達成しているのかがわからず、
曖昧すぎるので1人称を徹底しましょう!

肯定的な文章にする

そして肯定的な文章にするということです。
これが大前提なのですが、一番勘違いしやすい部分でもあります。

現状よりもっと成長したいという気持ちを持っていることは素晴らしいことだと思うのですが、
しかしそのせいで、

「私は借金まみれの生活から脱却している」

これは前向きな目標かと思えますが、実際は現状をかなり否定している文ですね。

それよりも借金まみれの日々を脱却した後の理想の未来についてアファメーションを
唱えることの方が良いのです。

現状を否定しているアファメーションはやめましょう!

現在進行形にする

常に「私は〜〜〜を達成している」というように現在進行形にしてください!

「〜〜〜だと思う」とか「〜〜なはずだ」とかではなく今、自分は理想の状態にいるというを前提にして
アファメーションを唱えます。

過去でも未来でもなく現在進行形という部分が重要なポイントですね。

 達成している内容にする

「現在進行形にする」ということと少し似ていますが、すでに自分はその目標を達成していることを
前提にしてアファメーションを唱えます。

「大学に合格できているだろう」ではなく、

「私はすでに大学に合格している」という風に

すでに達成しているということを忘れないでください!

「いや、まだ達成してないから、嘘はつけない」
などと思う必要はありません。

そうしなければ、

「自分は目標を達成するのに相応しくない人間だ」

という風に自分のことを思っているということになってしまいます。

達成している内容にしましょう!

比較はしない

他人と比較してはいけません。


「〇〇みたいに1億円稼いでみせる」

「〇〇みたいに英語を話せるようになる」

など誰かと比べた瞬間に自分は相手より劣っているということを認めることになります。

それだと肯定的というよりはかなり否定的になってしまいます。

目指すべき場所にすでに到達している人だとしても、
その人とは比べずに自分がその場所にいる姿を想像しましょう!

アファメーションを見直してみる

ある程度、文章が出来上がったら今説明した注意点を見直してみください!

・他人と比較していないのか
・達成している内容か
・現在進行形か
・肯定的な文章になっているのか
・1人称になっているのか

1つでも間違っていないか確かめましょう!

複数のアファメーションを作る

アファメーションは1つでじゃないといけないということはありません。

10個ほど作ってみるのが良いと思います!

例えば、

・恋愛系

・健康系

・お金系

など1つのジャンルに絞らずにいろんなジャンルのアファメーションを作ることによって
バランスのとれたアファメーションになると思います。

「ネットビジネスで稼げるようにはなったけど家族との関係は悪化した」
なんてことは本末転倒なのでバランスも意識しましょう!

そして自分で作ったアファメーションを朝や夜にやってみましょう!
きっと少しずつ自分自身に変化が表れるはずです!

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP