お金に対する価値観が違うのはなぜ?〜稼げる人はお金に感謝している〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは後藤です。

あなたはお金についてどんな感情を持っていますか?

「お金は人をダメにする!」」

「たくさんお金を稼いでいる人にロクな奴はいない!」

人によってお金と聞いてイメージするものだったり感じることって違うと思います。

しかし、生きている間はお金とは縁をきることができません・・・

ならお金とどうのように付き合っていけば良い人生を構築することができるのか?

お金に対する正しい価値観をお伝えします。

多くの人に共通しているお金に対するイメージ

人によってお金に対する価値観は違うと思います。

お金=幸せと想像する人もいるだろし、
お金=不幸せということ想像する人もいるはずです。

1人1人お金に対して自分が持っていることを書いてみるとよくわかるかもしれません。

それぞれ同じお金であるのにも関わらず感じていることが全然違うはずです。

そして、自分の持っているお金の価値観がそのまま人生の価値観に直結してしまっているわけです。

どういうことかというと、

・お金=幸せ

・お金=不幸せ

先ほどのようにお金に対してこのような価値観を持っている人がいたとします。

では、この2人の人生はこれからどうなってくと思いますか?
おそらくまったく正反対の人生になると思います。

お金の価値観=人生の価値観と言っても過言ではありませんね。

それではお金に対してどんな価値観を持っている人がいるのかいくつか具体例をあげたいと思います。

お金に対するイメージ1〜お金=自由〜

お金を得ることができれば俺は自由に生活を送ることができる
このように思っている人たちの価値観ですね。

今の現状に不満がある人たちは、「自分は不自由だ」と思っているのでもっと自由に生きたいという思いが強くなりそのためにはお金がなければ自由にはなれない。

このような考え方だと思います。

しかし、本当にお金を得ることで自由になることができるのでしょうか?

例えば、年収1億円を稼いだとしましょう。

しかし、実際は毎日朝から晩まで仕事があり休みなんて全く取れません。
でも、お金を得ることができているわけです。

お金=自由という価値観であればとにかくお金が増えれば増えるほど自由度が増すと
思っているかもしれませんがその分仕事量が増えても本当に自由と言えるのでしょうか?

お金を稼げば自由になれると思い込んでいると、このように場合によっては
ものすごく不幸な生き方になる場合もあるわけです。

さらにどれくらい稼げば自由を得ることができるのでしょうか?

月収30万円でしょうか?

月収50万円でしょうか?

月収100万円でしょうか?

一体、どこから自由のラインなのかわかりませんし、もしかすると月収30万円を稼いでいる人が
いきなり月収500万を稼いだ瞬間に

「こんな俺がこんなに稼いで良いのだろうか?」

という罪悪感にもかられる可能性もあります。

自由のためにお金を追ってしまうと不幸になることが多いですね。

お金に対するイメージ2〜お金=汚い〜

続いて、お金に対して悪い価値を持ってしまっている人の場合です。


「お金は人を不幸にする」

「お金を持っている奴にろくな奴がいない」

「お金を持っていても良いことはない」

お金に対してこのような考え方を持っていると思います。

なぜそのような価値観を持っているのか、
それはおそらくお金に関係することで嫌なことを経験したことがあるのだと思います。

例えば、

・親が借金をきっかけに離婚した

・ギャンブルのためにお金を使って破産した人

・友人にお金を貸して返してもらえなかった

など心のに傷がつくような経験をしたはずです。

その経験のせいでお金に対しての悪い価値観が自分でも気づかない間に
植え付けられてしまったのだと思います。

人によっては親の影響という場合もあるので仕方ない部分もありますが、
ではこのようなお金の価値観を持っているとどんなことが起こるのか?

そもそもこの場合、常にお金=汚いという固定概念があるわけです。
だから、お金にまつわることに関しては常に悪の部分しか見れなくなってしまうのです。


「今日も強盗があったな」

「お金が原因で親戚が離婚した」

「高額商品を買わしている悪い起業家もいる」

このようにその人の目は常にお金の悪い部分しか見ないために、
どんどんお金=悪という信念を強めてしまうのです。

でも、これって本当に正しいのでしょうか?

確かにお金が原因でトラブルが起こることだってもちろんあるはずです。
お金のせいで苦しんでいる人もいるでしょう。

しかし、お金がきっかけで幸せになっている人がいるのも事実です。

先ほどの例でいうならば、

親戚がお金が原因で離婚したとありましたが、
離婚する前にお金で幸せを一緒に分かち合った経験だってあるはずです。


・家族で一緒に美味しいレストランに行った

・家族で旅行に行った

・娘にプレゼントを買って娘が大はしゃぎして喜んだ

絶対にお金を使ったことによって得られた幸せだってあったはずです。

さらに高額商品を買わせている悪い起業家もいるということでしたが、確かに高額な商品は存在します。

それが健康系の商品なのか、ビジネスの教材なのかはわかりませんが

仮にビジネスの教材が20万円だったとしましょう!

その商品を買った人の中には、

・稼げるようになった人

・稼げずに終わった人

この2通りの人がいたはずです。

その教材を買ったおかげで初めて自分自身の力でお金を稼ぐことができその喜びを味わえた人もいます。

中にはその教材を買っても実践してもいないのに稼げなくて
この教材を買って損した」という人もいるわけです。

お金のせいで悪い経験をした人もいるかもしれません。

もちろんその過去を消すということをしなくていいと思いますし、
嫌な思い出を消すことなんてなかなかできないと思います。

ですが、お金には良い面も必ずあるということを知っておくだけで全然違う人生になっていくと思います。

お金に対するイメージ3〜お金=感謝〜

お金に対して常に感謝している人も存在します。
お金をもらうことにも感謝して、お金を支払うことに対しても感謝しています。

お金というのは大切なものです。
価値の感じないものに対して人はお金を使うことってないと思います。

例えば、

「大好きなハンバーグをレストランで食べる対価としてお金を払う」

「家族と暮らすための家を買うためにお金を払う」

「自分で稼げるようになるためのスキルを取得するために、
 その対価としてメンターにお金を支払う」

全て自分自身が価値を感じたかどうかでお金を支払うわけです。
だから受け取る場合は感謝しないといけないわけです。

大切なお金をいただく代わりにその金額と同等かそれ以上の価値を感謝のしるしとして提供していく。

そんな感謝の気持ちを常に持ってお金と関わっていくということです。


お金=感謝=価値提供=笑顔

などなどお金=感謝という価値観を持っているとその後に良い連鎖が発生していきます。

どうでしょうか?

・お金=自由

・お金=汚い

・お金=感謝

お金に対しての価値観が違うだけでその人の人生観も変わっていくわけです。

・お金=自由と思っていると逆に不幸になる場合がある
・お金=汚いと思っているとお金の良い部分が見えなくなる
・お金=感謝と思っている人は良い連鎖を生み続ける

お金に対してのどういう価値観を自分が持っているのかということを知っておかないと
あとで後悔することになるわけです。

なので、お金に対して良い価値観を持っていかないといけないわけです。

多くの人は知らず知らずのうちにお金の価値観が出来あがってしまっているわけです。
だから自分では気づいていないだけで実はお金に対して悪い価値観を持っている場合もあるわけです。

なのでその場合はその価値観を少しずつでも正していく必要があります。

お金=幸せと思うことが大切です。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP