メルカリ転売で商品を売り切るコツとは!?〜ライバルと差をつけることで商品が購入されるようになる!〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「どうやったらメルカリで商品が売れるの?」

メルカリ転売で稼ぐためには商品をたくさん売らなければいけません。

ですがあなたと同じ商品を販売しているライバルがたくさんいたり・・・
1ヶ月経っても商品が全く売れなかったり・・・

思うように商品を売り切ることができなくて悩んでいる人はいないでしょうか?

今回はメルカリで商品を販売するコツをお伝えしていきます!

メルカリ転売で商品を売り切るコツ

メルカリで転売を行うときに商品をより確実に売るためにはどうするべきなのか?

商品をただ出品していても商品が必ず買われるわけではありません。

ちょっとしたことにも気を使い、少しでも良いので工夫をすることによって商品を売ることができるのです。
確かに需要がある商品を仕入れることができればただ出品するだけで商品が買われるのかもしれません。

ですがそのような場合だけではないと思います。

同じ商品を出品しているライバルだってたくさんいるわけです。
その中であなたの商品を購入してもらうためにはちょっとした工夫が必要なのです。

今回は商品を売り切るためのコツをお伝えします。

画像を工夫する

あなたはメルカリに商品を出品するときにただ商品の画像を掲載しているだけですか?

そもそもどんな商品画像を掲載するのかが大切です。

画像でもライバルと差別化することができます!

明るい画像を使う

あなたの掲載している商品が画像が暗かったらかなり印象が悪くなりますよね?

なので明るい写真を掲載する必要があります。
その方が商品に対する印象がアップします。

そのためには商品を撮影するときに部屋の明るさを調整したら、
商品に光の影が映らないための工夫をすることが大切です。

また撮影キットなどをAmazonなどで購入をして写真を撮ると
商品がかなりよく見えるので撮影キットを使用するのも良いと思います!

ちなみにAmazonでは低価格で撮影キットを購入することができます!

「撮影ボックス 小型 アップグレードボタン式22.6*23*24 cm 撮影キット 簡易スタジオ 組み立て式 」

1枚目の画像が一番重要

メルカリで表示できる写真は4枚です。

そのうちお客さんが商品を検索するときに見るのは最初の1枚の写真のみです。
なのでその大切な1枚の写真でどんな商品なのかをアピールする必要があります。

そもそもどんな商品なのかがわからないような商品画像を使ってしまったら
絶対にあなたの商品ページを開くことはありません。

そうならないためにも1枚目の写真には特に気を使ってください!

なのでなるべく商品を正面から撮影した写真を使用することが良いです!

お店に並んでいる商品も全てどんな商品なのかがわかるように
全ての商品が正面を向いて並べられていますよね?

それと同様で正面の写真を使用することが一番良いのです。

色んな角度から撮影する

1枚目の写真はどんな商品かがわかるような写真をするということですが
残りの3枚の写真はどんな写真を使用するべきでしょうか?

できれば色んな角度から撮影した写真を使用するようにしましょう!

横、底面、上、このような方向から撮影した写真を使用します。

その方がお客さんにどんな商品なのかがわかってもらえるはずです。

画像を加工する

1枚目の写真で特に際立たせるポイントは画像を加工することです。

同じ商品がたくさんある場合は少し加工するだけで周りと差別化することができます。

おすすめなのが「Photoscape」です。

このソフトを使って画像を加工していきます。

加工するのは1枚目の写真だけで十分です。
加工するときは文字を挿入していきます。

たとえば、

・新品
・送料無料
・限定1個
・特別価格
・メルカリ限定

などの内容をどんどん入れていきます。

例)

ただあまりにもたくさんの言葉を入れてしまうとゴチャゴチャしてしまい
商品が逆に目立たなくなってしまうので1〜2キーワードを目安にしましょう!

値下げ交渉に対応する

商品を出品すればお客さんから「100円値下げしてくれませんか?」などのコメントが頻繁に入ります。

なのでお客さんから値下げ交渉があった場合どのような対処をするのかを
あらかじめ決めておけば迷わず対応することができます。

もちろん商品によって値下げできる価格は違うのですが、
最大でも200円までしか値下げしないなどのルールを決めることは大切です。

無在庫転売の場合は1つの商品の利益がそれほど高くない場合は
値下げをしすぎると利益が100円などになってしまうので注意が必要です。

でも商品が売れないと利益が0円のままなのでときには妥協して
値下げをすることもときには有効です。

または値下げした分商品が売ることができますし、他の商品で
利益を大きく取ることができれば最終的に目標の利益を達成することができます。

ときには、値下げ交渉の場合にセットで購入したいという要望があります。
そのときにセットで購入するから値下げをして欲しいと言われるのです。

その場合は躊躇せずに100円も200円でも値下げをした方が
総合的にプラスになることが多いです。

なのでセット割引といった形で対応することが大切です。

専用ページを作成する

メルカリの特徴として専用ページというものがあります。

これは特定のメルカリユーザー専用の商品ページを作成するということです。

なぜ専用ページを作るのかと言いますと、

・値下げ交渉が成立したとき

・セット割引をするとき

主にこのような状況のときに作成します。

値下げ交渉が成立したとしても商品自体はメルカリユーザー全員に公開されている状態です。
なので他のユーザーさんが購入してしまう可能性もあるのです。

販売者側からすれば商品が購入されたことには変わりないのですが、
値下げ交渉をしたからには値下げを依頼して来た方に購入していただきたいところです。

なので専用ページを作ることによって100%値下げ依頼をして来た
ユーザーの方に購入してもらうことが可能になります。

さらにセット割引をする際にも専用ページを作成します。

メルカリの場合商品を1つずつしか購入することができません。
なので専用ページを作成して1つにまとめる必要があります。

また購入者によってはコンビニ払いをする方もいるので
専用ページを作成することで合計金額で支払うことができます。

なのでセットの場合も専用ページを作っていきます。

また専用ページを作る方法は非常に簡単です。
商品のタイトルに購入希望のユーザーさんの名前を書いて
「〇〇さん専用」というようにします。

そうすることで購入希望の方は自分のユーザー名を検索することで
商品を見つけることができるようになります。

プロフィールを編集する

商品をスムーズに購入していただくためにプロフィールを
しっかり書いておくと便利な場合があります。

ユーザーによって商品を購入するときにあなたのプロフィールを
見る人もいるので書いておいて損はありません。

どんなことを書くのかというと、

・コメントなしで購入しても良いのか?
・発送にはどれくらいかかるのか?
・値下げ交渉OKなのか?

このような内容を記載しておくことであなたが行って欲しい購入の仕方をしてくれるようになります。

たとえば「値下げ交渉しません!」という記載をしておけば
あなたに対して値下げ交渉をしてくるユーザーが減ります。

また発送するのに時間がかかる商品を扱っている場合はあらかじめプロフィールに
「発送まで2週間ほどかかります。」と記載すれば良いです。

このようにあなたから商品を購入するときのルールといった形をとることができます。

また商品説明などにプロフィールをご確認してくださいと記載して
プロフィール画面へと誘導することも効果的です。

ただあくまでも任意ですので強制ではないことを前提に行ってください!

テンプレートを用意する

メルカリで転売を行う際はたくさんの商品を扱うので同じような作業を繰り返していきます。

なのでテンプレートがあればすごく便利です。

テンプレートというのは、

・商品説明テンプレート

・購入者対応テンプレート

この2つが必要です。

商品説明テンプレート

商品説明テンプレートはあなたがいつも記載していることをテンプレート化していくということです。

たとえば商品説明の冒頭文に、

「ご覧いただきありがとうございます!」

といつも記載しているのならばそれはテンプレート化するべきですね。

また、

・商品概要
・サイズ
・カラー
・注意点

など毎回記載する項目が決まっているならあらかじめテンプレートにして
それそって商品説明を書くことができるようになります。

なのでまずはあなたがいつも商品説明に書いていることは何なのかを見つけることが大切です。

わかったらそれをテンプレートにして保存して使用するときに
コピーアンドペーストで簡単に商品説明を書くことができます。

購入者対応テンプレート

購入者テンプレートというのはあなたが購入者とやり取りすることに使用するものです。

たとえば商品が購入されたら毎回、

「ご購入ありがとうございます。〇日以内に発送します。」

と記載しているならテンプレート化してコピーアンドペーストできればかなりラクになります。

また「〇日以内に発送する。」というようにあらかじめ購入者が質問して
きそうだなと思ったことを先に伝えておくことでやり取りをしなくてすみます。

またトラブル用のテンプレートをあった方が便利です。

たとえば、

「申し訳ございませんでした。こちらの不手際でお客様にご迷惑をおかけしてしまいました。
 すぐに返金手続きをいたしますので少々お待ちください!」

などの定型文があれば対応も簡単になります。

扱う商品が多くなればなるほどトラブルも発生するので定型文があれば
迅速な対応をすることができるのでトラブル用のテンプレートも必要です。

手間をかけるポイントを見極める

いかがでしかた?

少しの工夫で商品を購入してもらえるようになりますし取引もスムーズに行うことができます。

重要なのは手間をかける部分とそうではない部分を見極めるということです。

たとえば今回の例だと画像を加工するところはライバルに差別化するための
大切な部分なので手間をかけるべきところですね。

しかしテンプレートを作成したり、プロフィールを編集するのは
手間になる作業を極力なくすための策です。

転売をやっていけばわかりますが転売は繰り返しの作業が多くなりますし、
とにかくたくさんの作業量をこなすことが求められます。

ただ同じ作業時間を使うならば無駄なことに時間を使うのではなく
重要なことに時間を注ぎたいところです。

なので手間をどんどん省いて作業を効率化することはとても大切です。

無駄な作業をなくしていけば作業時間を増やすことができるので、
それが利益に繋がることにもなるのでどんどん作業を効率化していきましょう!

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP