簡単にペルソナを作成する方法〜マーケティング戦略の重要なポイント〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ペルソナって聞いたことがありますか?

ペルソナという意味を知っている人はそれほど多くはないかもしれません。

しかし、ビジネスに取り組むならばペルソナの存在はかなり重要です。
ペルソナがいるのかいないのかであなたが作成するコンテンツの価値も変わってきます。

今回はペルソナってそもそも何なのかというところからペルソナを作成する方法までお伝えします。

ペルソナとは?

ペルソナとは一体何なのだろうか?

ペルソナというのは、ビジネスでよく使われている言葉です、
ペルソナの意味は企業が販売する商品を求める顧客の理想像のことです。

例えばあなたが健康用品を販売するとしましょう。

その時に考えなければいけないのがどんな人が健康用品を欲しがっているのかということです。

それがわかっていなければ商品を販売することが難しくなってしまいます。

なのでペルソナといって健康用品を求めている顧客の理想像又は架空の人物を
作ることによってマーケティングがしやすくなるということなのです。

これがペルソナの重要な役割なのです。

ペルソナがあることによって企業はより戦略的にメッセージを策定可能になり、
マーケティング活動を行いやすくなります。

ペルソナがなぜ必要なのか?

ペルソナがどういうものなのかは理解したと思います。

ペルソナはあなたの商品を欲している顧客の理想像ですね。

ではなせペルソナが必要なのかということですが、
ペルソナがいないとあなたは需要がない商品を作り販売するということになってしまいます。

「それがそんなにダメなことなの!?」

と思う方もいるのかもしれません。

しかし冷静に考えてみてください。

個人が作った商品でも、企業が作った商品でも商品を作成するためには
かなりの時間や資金を投資するわけです。

また商品を作成する過程においても様々な問題だって起こるはずです。

「この部分をもう少し変えた方がお客さんのためになる」

「いや、現代の人は今はそんなとこ気にしない!」

など試行錯誤を重ねた結果やっと商品が完成するわけです。

しかし、ペルソナがいない状態で作った商品を販売してみたら
全く売れなくて大赤字ということが起こってしまったらどうしますか?

お客さんが求めていた商品とは全く違っていたらどんなに時間や資金を使って
作成した商品も水の泡になってしまうのです。

だからこそペルソナを設定することは大切なのです。

販売者の妄想で作った商品は、はっきりいって価値がないんです。

需要がないものを供給しても売り上げは上がりません。

ネットビジネスの場合も同様です。

あなたが作ったコンテンツが誰の問題解決にもなっていないのならばそのコンテンツに価値はないのです。

しかしそもそも価値あるコンテンツとは一体なんのでしょうか?

コンテンツは何のために作るのか?

そもそもなぜコンテンツを作るのでしょうか?

目的は様々です。

・マネタイズのため

・ブランディングのため

・リストを獲得するため

・商品を販売するため

など詳しく分析すればコンテンツには様々な意味が存在しています。

DRMの視点から言えば、

・集客のためのコンテンツ

・教育のためのコンテンツ

・販売のためのコンテンツ

このようにDRMの場合は具体的に3つの意味があるわけです。

コンテンツには必ず意味が存在しています。

しかし、根本的に大切なのは

「読者が問題解決できるコンテンツなのか?」

ということになります。

あなたが作ったコンテンツを誰がどこで見ているのかはわかりません。

どんなコンテンツがあるのかと言うと、

・無料レポート
・動画(YouTube)
・電子書籍
・音声
・ブログ
・メルマガ

などがあります。

どのコンテンツも訪れる人は何かしらの悩みを抱えているわけです。
そしてのその悩みを解決する手段だと思ってあなたのコンテンツを読むのです

なので誰もがコンテンツを求めているわけです。

求められているのだからその期待に答えることができる
良質なコンテンツを作成する必要があるわけです。

もしこの時にペルソナがいなければ先ほど説明したのと同様に
誰も求めたいないコンテンツを作ってしまうことになるのです。

誰も求めていないコンテンツを作成しても価値はないわけです。

だからネットビジネスにおいてもペルソナを作ることは大切なのです。

ペルソナの作り方

ペルソナの重要性はもう理解していただいたと思います。

なのでペルソナの作り方をお伝えしたいと思います。

情報を収集しよう

まずペルソナを作成するために大切なのは、あなたの販売するコンテンツを欲している人が
何を求めている人なのかを知らないければいけません。

情報を集める方法はいくつか存在します。

アンケートをとる

消費者が何を求めているのかを直接聞くのです。

聞き方があなたが販売するコンテンツによって違います。

例えば、

「あなたが今、一番悩んでいることはなんですか?」

「もしお金がたくさんあったとしたらまず何をしますか?」

「健康について一番悩んでいることはなんですか?」

など消費者の悩みを聴き出します。

悩みを聞きただすことができれば後はその悩みを解決できるコンテンツを販売するだけで良いのです。

需要があるものを供給するということです。

またアンケートをとる際は、プレゼントなどをつけると良いと思います。

ネットビジネスならばセミナー音声や簡単に1万円を稼ぐ方法などを
お渡しするだけで喜んでいただけると思います。

自己媒体の分析

あなたが販売しているもの、もしくは情報を発信している媒体があると思います。

例えば、

・電子書籍

・無料レポート

などを作成している場合、どんな電子書籍が読まれているのか分析すれば色んな発見があると思います。

それがマニュアル系のことなのかもしれませんし、
体験談をまとめたものなのかもしれません。

コンテンツの内容もネットで稼ぐ系がよく読まれている可能性が高いです。

このように自己媒体から分析をしてみるのです。

そうすればどんなものに需要があるのかがわかります。

需要がある商品が分かればそのコンテンツを中心に作成するのも良いと思います。

キーワード検索

参考になる方法としてはキーワード検索です。

消費者がどんなことに興味を持っているのかがよくわかります。
またキーワード分析は単なる憶測ではありません。

しっかりとしたデータです。だからこそ参考になるのです。

極端な例をあげるならば、

「副業」というキーワードを調べてみたとしましょう。

今回は活用するのはキーワードプランナーというものです。

検索してみると、

「副業 在宅」

「副業 サラリーマン」

「副業 ネット」

「副業 スマホ」

ちょっと検索しただけで副業を考えてる人がどんなことを検索して
いるのかがよくわかります。

このようにキーワードを検索することによってペルソナを作成するための
情報収集ができるようになります。

項目ごとに書き込む

ある程度情報収集ができたらシートにまとめていきます。

情報が集まれば「架空の顧客」を大まかに作成することができます。

基本的な項目としては、

名前
年齢
性別
職業
勤務先
年収
家族構成
結婚
居住地
性格
最終学歴
趣味
1日の過ごし方
休日の過ごし方
価値観
口癖
悩み
愛読書
よく見るWebサイト
いつ見るのか
SNSの友達の数
仲の良い友達の数
好きなテレビ番組
習慣
所持しているPCやモバイルデバイス
羨ましいと思う瞬間
コンプレックス
将来の展望
本当は何がしたいのか?
ペルソナの特徴(エピソード)

 

この項目を全て当てはめないといけない訳ではありません。
しかしたくさん情報をがあればあるほど現実的なペルソナが作成できます。

注意するポイントとしては、抽象的に書きすぎないことです。
より具体的に書くことがペルソナを作成するために大切なことです。

参考例

こちらはあくまで参考です。
正解はないのであなたのやり方でペルソナを作成してください。

*画像は「ぱくたそ」から引用しました。

ペルソナを作成するメリット・デメリット

これまでペルソナを作成する方法を具体的に説明してきました。

ここで改めてペルソナをなぜ作成しなければいけないのかをまとめたいと思います。
またペルソナを作成することによって起こるデメリットもお伝えします。

メリット

ペルソナを作成するメリットはやはり価値あるコンテンツを作成することができるということです。

誰が欲しているのかわからないコンテンツを作成しても、
最終的に誰もあなたが作ったコンテンツを購入してくれることはありません。

そうなればコンテンツ作成に費やした時間やお金が無駄になってしまいます。

なので情報を集めてペルソナを作成することによって、理想の顧客増が出来上がる訳です。

そして、常にペルソナのことを考えながらコンテンツを作成する訳です。

あなたは相手が分からないのにラブレターを書きますか?
そんなことしませんよね?

しっかり相手の顔を思い浮かべ気持ちを込めてラブレターを書くと思います。

ペルソナの役割も同じです。

明確な相手はわかっていないのにコンテンツを作成しても誰も喜ばないのです。

デメリット

ペルソナを作成するデメリットは単純に作成するのに時間がかかります。

大きな会社が商品を販売するときにはアンケートをとったり、
これまで販売した商品のデータを集めるなどの作業が必要になります。

そうなれば多少の時間だって必要です。

また個人でビジネスをやっている場合も自社媒体の調査などで時間もかかりますし、
よりリアリティーのあるペルソナを作成しようと思えば思うほど入念に調査してしまうものです。

また最悪の場合はせっかく集めた情報なのに誤ったペルソナを作成してしまう場合があるということです。

例えばあなたが50万円もするコンテンツを販売しようと計画していたと仮定します。

そのためにペルソナを作成するのですがあなた自身はどうしても50万円で
コンテンツを販売したいという思いがあります。

その理由は単純に利益をあげたいからということもあるでしょう。

そのせいで「顧客が50万円のコンテンツを買う理由」を強引に作ってしまう可能性があります。

「そういう事実であって欲しい」という思うから架空の現実を
作り出してしまっては本末転倒ということになります。

なので集めたデータからペルソナを作成しなければいけないのです。

まとめ

ペルソナの重要性は理解できましたか?

ペルソナを作成する大きな理由は、

「価値あるコンテンツを提供するため」です。

誰のためにコンテンツを作成しているのかが分からないと意味のないコンテンツを
ただ自分勝手に作成してしまっているということになってしまいます。

せっかく時間やお金を使ってコンテンツを作成するのですから、
誰かが求めているコンテンツを作成した方が利益もあがります。

なので自分勝手なコンテンツよりも問題解決できるコンテンツを作成する
ということを根底においてビジネスをする必要があるということです。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP