確実に自分を変える方法〜自分を変えられない大きな理由とは?〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「自分を変えたい」

と思ったことはないですか?

今の自分は理想の自分とは程遠くて納得いかない。
こんな自分のまま生きることに不満がある。

自分を変えるために行動してきたつまりだけでいつも結局自分を変えることができなかった。

「なんで俺は変われないんだ!ちくしょー!」
正直こんな風に思ってしまうことってあると思います。

ではどうすれば自分を変えることができてなおかつ本当の自分を手にすることができるのでしょうか?

自分を変えれない原因と自分を変える究極の方法をお伝えします!

なぜ自分を変えることができないのか?

自分を変えたいと願っているのになぜかいつも変わることができずに終わってしまう。

「なんで俺は変わることができないんだ!ちくしょー!」
そう思って自分を責めた経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

変わりたいのに変われないなんて冷静に考えればかなり残酷な現実ですよね?

自分の体を操っている本人が自分を変える決断をしているのに自分を変えることができない。

理屈で考えればこういうことだと思います。

操縦桿を握っているのに機体を思うように動かせていないということです。

でもなぜ機体が思い通りに動かないのか考えたことがありますか?
何が原因なのか考えたことがありますか?

「なんで自分を変えることができないんだ!」
と向きになってしまう気持ちはよくわかります。

しかし、そんなことを考えていても問題は解決しません。

それならば自分という機体をうまく動かせない原因を追求した方が効率的だと思いませんか?

自分を変えることができない原因とは!?

自分を変えることができない原因には一体どんなものがあるのでしょうか?

その原因を分析していきます。

逃げていることに気づいていない

変われない原因の1つはあなた自身が逃げていることに気づいていないからです。

「俺が逃げている!?こんなに自分を変えようとしているのに?」

そう思ってしまい思わず反論したくなってしまうかもしれません。

ですがこれが真実なのです。

人間というのはそもそも安定を求めます。
これをコンフォートゾーンと言われています。

こちらの記事も参考にしてください!

人間は居心地の良い場所にずっといたいのです。

だからあなたがどれだけ自分を変えたいと思っていたとしても、
心のどこかでは現状の自分でいたいと願ってしまっているわけです。

そして結果的に変わることを恐れていつもの自分に戻るというわけです。

やはり、現状を変えるというのはすごく怖いことなんです。

現状を変えるということは新たなことにチャレンジするということです。
新たなことにチャレンジするということは未知の体験をするということです。

それはつまり安定とはかけ離れた危険なゾーンに突入するということです。

初期段階は楽しい

居心地の良いゾーンにいたいから人はなかなか変われません。

ですがそれでも新しいことに挑戦することができる人は多いです。

例えば、

・TOEICテストに挑戦する

・ネットビジネスを始める

・ダイエットをやってみる

新しいことを始めた瞬間はすごく楽しいと思います。

なぜなら初めての体験だからです。
今まで体験したことがない感覚を味わうので新鮮さを感じることができます。

また、辛さや壁を知らないから楽しめるわけです。

新しいことに挑戦した当初は、いわゆる初期の段階です。
言い方を変えればレベル1の段階です。

初期段階なので何をやったとしても難易度はそれほど高くないんです。

だから、脱落する人はそれほど多くないはずなんです。
楽しく実践することができる段階ではあります。

しかし、やり続けていればこの難易度というものは自然と上がってしまうのです。

脱落者が発生するタイミングとは?

初期段階は楽しくて頑張れるものです。

しかしいつまでも初期段階が続くわけではありません。

どんなことをやるにせよ必ず脱落する人が存在します。

ではどんな時に脱落する人が出てくるのでしょうか?

難易度が上がったとき

やり続ければどんどん難易度が上がって行きます。
つまりレベルアップしていくということです。

また、あなたのレベルが上がったという証でもあります。
なので喜ばしいことではあります。

しかしここからが大きな境目になってくるのです。
言い方を変えれば「脱落者ゾーン」だと言うことです。

このラインからどんどん脱落者が発生します。

難易度が上がっていけば自然とやる内容が難しくなって行きます。

TOEICならば、

400点くらいのレベルならば、「TOEICってこういうものなんだ!」と思いながら
新鮮さも感じますし、多少楽しさも感じると思います。

しかしスコアを700点のラインだったり800点のラインを目指すとなった時、
400点の時とは比べ物にならないくらいの勉強量が求められます。

そうなると難易度が上がってきてしまって脱落してしまうということです。

難易度が上がるというのはピラミッドの形と同じです。

頂点が難易度の高い場所だとすると頂点に近づけば近づくほど
実践している人の人数はどんどん減ってしまうものなのです。

覚悟が足りない時

脱落するときの場合は覚悟が決まっていないことが多いです。

つまりその世界で勝負する覚悟がないということです。

初期の段階ならばさほど努力も必要ないのかもしれません。
ちょっと頑張っただけでも結果は出るものです。

しかし、難易度の高いステージに挑戦するということは、
生半可な気持ちでは結果を残すことができません。

目標を達成するためならどんなことも乗り越えてやるという強い気持ちがないといけません。

しかし、それは覚悟が決まっていればの話です。

「TOEICで700点以上取りたいな」と思う人にこんな質問をしたとします。

「では、毎日勉強する覚悟はありますか?」

「テレビを見る時間を犠牲にできますか?」

「趣味に費やす時間を全て勉強時間にあてることができますか?」

このような質問をされても「やります!」と言うことができれば覚悟が決まっている証拠だと思います。

何が言いたいのかと言いますと、輝かしい部分だけをみて挑戦するのではなく闇の部分も見た上で
挑戦する覚悟を決めることが何よりも大切だということなのです。

その覚悟があれば大丈夫なのです。

得たいものが明確なのか?

そもそも難易度の高いステージに挑戦するにあたって、
なぜそのステージに挑戦するのかという明確な理由が存在しているのかどうかです。

周りに流されて挑戦することを決めてしまったり、
何となくすごいと思って始めてしまうと困難な状況になった時に
それでも諦めずに頑張らないといけないというような理由がないと簡単にやめてしまうのです。

TOEICならばなぜ700点、もしくは800点を取る必要があるのかが明確ではないといけません。
その理由が自分にとって明確ではないと自分自身が頑張ることができません。

「自分にとって明確ではないと」と言ったように理由はあなたが決めれば良いのです。
その理由を他に人に話したら大した理由ではないなと笑われるのかもしれません。
しかし自分自身が納得する理由ならが良いのです。

このように脱落する理由はいくつもあるわけです。

あなたも過去を振り返って考えてみてください。

おそらく当時は逃げていないと思っていたことも今考えてみると、
ただ覚悟がなくて諦めていただけではないでしょうか?

幻想に気づこう

自分を変えるためには幻想を描いていることに気づく必要があります。

「いつか成功することができる」

「いつか有名人になっている」

「いつか本当の自分で生きることができている」

このようなことを心のどこかで思っていたとしてもそれはただの幻想です。
それが現実化することなんてありません。

実際あなたが1人でニヤニヤしながら理想の自分、もしくは未来のことを考えて
それが現実になった経験はあるのでしょうか?

おそらく幻想で終わったのではないですか?

まずは幻想は現実化しないことを認めないといけないのです。

・考えているだけでは変われません。
・悩んでいるだけは変わりません。
・寝ているだけでは何も変わりません。
・過去を思い返しても何も変わりません。

現実化するための行動をするしかないのです。

幻想を描いている間は自分を変えることができません。

やらなければいけない状況ならば成功する

では自分を変える方法は何なのでしょうか?
結果を出すためにはどうすれば良いのでしょうか?

簡単かつ効果抜群な方法が存在します。

それが、「やらなければいけない状況下にある」ということです。

やらなければいけない状況にあれば大抵の人は成功すると思います。

例えば、

・借金が5000万円あるからビジネスで稼ぐしか手段がない
・医者からダイエットしないと3年以内に死ぬと言われたから痩せるしかない
・私立の学校には行けないから何が何でも公立の学校に合格するしかない

 

このような状況下におかれている場合は成功する確率がかなり高いです。

なぜならばやるしかないからです。
選択肢が他にはないからです。

なのでやらない選択肢がないのです。

だからその目標を達成するために全力を注ぐことできるわけです。

なので成功するために一番効果的な方法はこのようなやらざるを得ない状況にあるということなのです。

やらざるを得ない状況下ではない場合は!?

では、現状でやらざるを得ない状況にあまりない人はどうすれば良いのでしょうか?

諦めるしかないのでしょうか?

もしそうなってしまったらたまたまやらざるを得ない状況にあることでしか
成功することができなくなってしまいます。

なので自分を変える方法といくつか紹介したいと思います。

マインドセットを鍛える

まずはマインドセットを鍛えることです。
つまり成功する考え方があなたの中に取り入れてしまうということです。

マインドセットというのはあなたの思考パターンみたいなものです。
詳しくマインドセットについて説明した記事はこちらです。

おそらく結果が出ない。
諦めてしまうことが多い場合はあなたの考え方が成功しないような考え方に
なってしまっている可能性が高いです。

なのであなたの考え方を変える必要があるのです。

そのためにマインドセットを鍛えることが重要です。

成功者は常にどんなことを考えているのかを考える必要があるのです。

マインドセットを学ぶ手段は、

・本

・音声

・動画

など方法は色々あります。

大事なポイントとしては長期的スパンで考えることです。

「本を読んだから明日からは違う自分になっている」

「音声を聞いたから俺はもう変わった」

「動画を見て本当の自分が目覚めた」

など一瞬で自分自身を変えようとしてしまいがちです。

ですがよく考えてほしいのです。

マインドセットというのはあなたが思考パターンのようなものです。
つまりあなたがこれまで生きていた中で築き上げてきたものなのです。

現在20歳ならば20年間の思考パターン

現在30歳ならば30年間の思考パターン

現在が40歳ならば40年間の思考パターン

20年間やってきた考え方をすぐに変えることは不可能です。

なので数日でマインドセットをマスターするのではなく、
最低でも3ヶ月以上は正しいマインドセットに毎日触れる必要があります。

弱さを認める

弱さを認めることは成功するためには欠かせない重要な要素です。
弱い自分こそ本当の自分なのです。

誰だって自分の弱さを隠そうとするものです。

しかし弱さを隠すとはすなわち向い会うべき問題から目を背けるということです。
その結果、自分を変えることができないで終わってしまうのです。

そもそも強がるというどういう状況なのかというと

・「俺はできる」と思っている
・「いつか成功する」と思っている
・「本気を出せば成功する」と思っている
・「将来すごい人になっている」と思っている
・「いつか輝かしい自分を手に入れることができる」と思っている

これが強がっている状態です。

カッコつけている状態でもあります。

ですがこれは全て幻想なわけです。
このままで現実化することはほぼありえないでしょう。

強がっているということは弱さを認めていないということです。
だから変われないのです。

では弱さを認めるとは何なのでしょうか?

・自分にはすごい才能があったか?
・勉強面はどうだったのか?
・運動面はどうだったのか?
・どんな性格だったのか?
・友達との関係性は?
・小学生の時の自分は?
・中学生の時の自分は?
・高校生の時の自分は?
・大学生の時の自分は?

このように色んな観点から自分は何者だったのか考えてみましょう。
カッコつけずに冷静に分析してみてください。

そうすれば本当のあなたが見えて来るはずです。

例えば、

勉強が苦手ではなかったけども有名大学に行けるほどの学力はなかった。

運動能力が低い訳ではなかったけどもスポーツ万能と言えるほどではなかった。

話すのが苦手で友達が多いタイプではなかった。

「自分」という人間がいかに普通の人間なのかを認めることが大切。
そうすることによってどれだけ自分が強がっていたのかがわかるのではないでしょうか?

「俺って強がってきたけど、いたって普通の人間じゃん」
そう思うことができれば弱さを受け入れることができた証拠でもあります。

このように弱さを認めることでゼロベースで考えることができるようになります。

つまりあなたの現状のレベルを把握することができて、
またあなたが現在手にしているものが一体何なのかがわかるようになります。

目標に到達するためには足りないパーツがたくさんあることがわかりようになり、
そのための行動をとることが可能になります。

それに現状に感謝することもできます。

強がっているしまうと「俺はこんなもんじゃないんだ!」と思ってしまって
新しいものを欲しがってしまいます。

ですが現状あなたが持っている資源だってたくさんあるはずです。

それは時間かもしれません。

家族かもしれません。

お金かもしれません。

ゼロベースで考えることで現状にも感謝できるのです。

弱さを認めることで自分の本質的な部分を変えることが可能になります。

意図的にやらなければいけない状況を作る

他には意図的にやらなければいけない状況を作ってしまうことです。

あなたも追い込まれたら逆に良い結果が出たという経験はありませんか?

やらなければいけない状況に追い込まれたら今まで眠っていたパワーが蘇って来ることがあります。

なのでやらなければいけない状況を作ることが大切なのです。

言い方を変えれば「成功せざるを得ない状況を作る」ということでもあります。

例えば、

・ビジネスで結果を出すために稼げていないのに会社を辞める

・お金を支払ってビジネスコミュニティに入る

・ジムに入会してダイエットをする

このように環境を変えてしまうことがポイントです。

環境が変われば自分自身も変えることができます。

ただやりすぎると逆効果の場合もあります。

例えば先ほどの例で「稼げていないのに会社を辞める」という方法がありますが、
目的はビジネスで結果を出すために会社を先にやめて稼がざるを得ない状況を作ることです。

しかし、人によっては逆にプレッシャーを感じてしまって結果を出す前に
くじけてしまって諦めてしまう可能性だってあります。

それだったら会社で働きながら地道にビジネスを学んだ方が効果的です。

なので過度にやらなければいけない状況を作ると苦しすぎて逃げてしまう
可能性があるので注意しましょう。

現状の自分のままだと未来はどうなるのか考える

もし目標を達成できなくて現状の自分のままで生きてしまったら
どんな人生が待っているのかを考えてみることも効果的な方法です。

現在の習慣があなたの未来を作る訳です。

なので今の自分を変えない限り未来は変わらないのです。

そのことを踏まえて未来を予測することによって、

「こんな未来は絶対にやだ!何も変わっていない」

今を変えないと未来は何一つ変わらないですし、ずっと逃げていても
満足した人生を送ることは不可能だということに気づくはずです。

だからこそ未来のために今を変えていこうと考えることができるのです。

確かに40歳になっても、50歳になってもあまり変わっていない自分が
待っていることを想像したらかなり恐ろしいですよね?

「やばい、今やらないといつまでも変わらない!」そう思うことができれば
現状を変える覚悟が生まれて来ると思います。

自分を変える時のポイント

さらに自分を変える時にポイントを簡単にまとめました。

自分を変えるためには結局何をしなければいけないのでしょうか?

悩んでいても変わらない

結局悩んでいても答えは見つからないということです。

「今やっていることは正しいのかな?」

「どうやって生きたら良いんだろう?」

「このままで成果が出るのか?」

このように考えることが良い答えが出ると思ってしまいます。

ですが実際は、何1つ問題解決されることはありません。

もし問題が解決したと思っているのならば、それはおそらく
安易な道へと逃げたことによって環境が変わり自分を変えることができたと思い込んでいるだけです。

本質的な問題は何一つ解決されていないのです。

悩み行動することをやめてしまったら現状維持しかできなくなります。

逃げてしまっても現状維持をしているだけにすぎません。

だからとにかく行動するしかないのです。
やってみるしかないのです。

行動することで問題を解決することができます。
新たな答えを得ることができます。

考えることは大事ですし、悩むことも時にはあるでしょう。

しかし、手を止めてしまったら現状維持しかできなることを理解しなければいけません。

現状を変える方法は行動以外ありません。

改善マインドを持つ

覚悟を決めて何かに挑戦するのならば「改善マインド」というものはとても重要です。

いくら本気になったからといってもすぐに良い結果を出すことができるとは限りません。

うまくいかないことだってたくさん起こります。
そんな時に諦めるのではなくて常に改善することを心がけなければいけません。

「ここが原因で結果が出なかったのか!

「次はこうやってみれば良い結果を出すことができるのでは?」

このように行動して得た結果を分析して改善してさらなる結果を出すための方法を考える。

この繰り返しがとても重要なんです。

改善するという意識がないと問題点を見つけることもできません。
結果を出すことができません。

常に「改善マインド」を持ちながら行動することはとて大切です。

継続は力なり

結果を出すために大切なのは、やはりやり続けることです。

「継続は力なり」という言葉があるように最後までやり続けた人が

最終的に良い結果を出すことができる訳です。

例えば、

・ネットビジネス

・資格取得

・ダイエット

何においても3ヶ月やった人よりも半年間続けた人の方が良い結果を出します。

半年間続けて人よりも1年間続けた人の方が良い結果を出します。

なのでとにかく続けることは何よりも大切です。

「まったく良い成果が出ない」と悩んでいる時は、
あなたが今までどれくらいの期間頑張ってきたのか考えてみましょう。

もしかしたらまだ1ヶ月しか頑張っていないのかもしれません。

まだ3ヶ月しか頑張っていないのかもしれません。

やっている期間が少なければ結果が出ないのも当然です。
だったらまだやり続ければ良いのです。

最後に勝つひとは最後まで諦めずにやり続けた人です。

まとめ

あなたもおそらく自分を変えたい心の中で強く思っているはずです。
ですが変われない理由がわからなくてただ強がるしかできなかったはずです。

でもその強がる行為こそが自分を変えることの妨げになってしまっているのです。

自分を変えるために大切なことは、

・自分の弱さを認めること
・覚悟を決めること

この2つです。

そして一度困難を乗り越えることができればその経験は一生の資産になります。

なので1度でも覚悟を決めて弱さと向き合えば必ず自分を変えることができると思います。

名言集紹介

自分を変えるために役立つのが偉人と言われる人が残した名言です。

ちなみに私が好きな名言は、セオドア・ルーズベルトの
「1日に1度恐れていることを行え」
という名言です。つまり自分の弱さを超えろということでもあると思います。

このように名言には今回お伝えした「自分を変える方法」に役立つ言葉が
たくさんの残されてします。

今回はたくさんの偉人たちの名言集を集めてKindle本を紹介します。

 

偉人の名言から学ぶマインドセット

主に本書でご紹介する偉人たち
稲盛和夫、藤田田、ジェームス・スキナー、ソクラテス
アンドリュー・カーネギー、ジョージ・バーナード・ショー
三木谷浩史、シェイクスピア、アントニオ猪木、堀江貴文
スティーブン・R・コヴィー、松井秀喜、ジョン・レノン
見城 徹、宮本武蔵、ピーター・ドラッカー、大村智
ハワード・シュルツ、
西郷隆盛・・・他多数

購入はこちら

 

偉人の名言から学ぶマインドセット

主に本書でご紹介する偉人たち
スティーブ・ジョブズ、ベンジャミン・フランクリン
アブラハム・マズロー、アルフレッド・アドラー
ウィリアム・ジェームズ、ジークムント・フロイト
タル・ベン・シャハー、田中角栄、ユング、ベートーヴェン
パスカル、ジェフ・ベゾス、織田信長、ウォルト・ディズニー
フィリップ・コトラー、坂本龍馬、勝間和代・・・他多数

 

購入はこちら

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP