劇的にアイデアを量産する方法〜発想力はトレーニングで鍛えることができる!第2章〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アイデアを出す方法第2章となります!

前回の記事はこちらです。

今回はアイデアを出すときに意識しなければいけない簡単なポイントをお伝えします!

日常の行動を変えるだけでアイデアを出すことができるようになります!

 

なんでだろう思考から始まる

アイデアを出すために常に生活している時に、「何でだろう」と思う必要がある。

私たちはが子供だった時のことを少し思い出してみてほしいのですが、
小さい頃は色んなことに気づいたはずです。そし色んなことに疑問を思ったはずです。

「なんで飛行機は飛んでいるの?」

「なんでセミはずっと泣いているの?」

「なんで大人は会社に行かないといけないの?」

など大人は気づくことができない部分を子供なら一瞬で気づくことができます。

なので子供の生活は毎日が冒険のようだとよく言われます。

ですが、年齢を重ねるうちにどんどん知識がついていき、
色んな経験を積んでいくので周りのことに対して疑問に思わなくなってしまいます。

つまり考えなくなってしまうのです。

それがなぜそうなのかは説明できないけれども、

常識だから・・・

当たり前のこと・・・

みんなんがやっているから・・・

ということを理由にして全て問題解決してしまいます。

ですがこれではさらなるアイデアを生み出すことができなくなってしまいます。

それはつまりあなたの進化を遅らせる行為でもあります。

なので自分は色んなことを知っている知識人だと思ってはいけません。
まだまだ知らないことがあると思わないといけません。

そして当たり前を疑わないといけません。

常に色んなことに対して「なんでだろう」と考えることが大切です。
いくら「なんでだろう」と考えたところで明確答えはないかも知れません。

ですが、「なんでだろう」から新たな発見が生まれるのは確かです。
むしろそうしないと新しいものを生み出すことはできません。

視点を変えてみる

良いアイデアを聞いたときは大抵ちょっと変わったことが多いです。

「えっ?何それ、おもしろい」とそう思っています。

このように面白いアイデアを出す人の特徴として、違う視点から物事を見ているということが言えます。

そして視点を変えると新たな気づきが生まれます。

「視点を変える」といってもなかなかしっくりこないかもしれません、

どうやって視点を変えるんだと思うはずです。

視点を変えると言っても180度違う視点から物事を見て全く違うアイデアを出すということではありません。

角度でいうならば10度でも20度でも良いのです。

「もしこうだったらどうだろうか?」という視点で良いのです。

例えば、ティッシュはなぜ箱型なのか考えます。

その次に、箱型では持ち運びが難しくないのか?

それならポケットティッシュという持ち運び便利なものを利用すれば良い。

ただ、普通のポケットティッシュは外で使うのでもうちょっとデザインを気にした方が良いのでは?

それならおしゃれなポケットティッシュ専用ケースを買おう!

これが視点を少し考えるということです。

難しくはないですよね?

小さな疑問が連鎖していき最初は箱型のティッシュの話が、最後にはティッシュを
持ち運ぶためにはデザインの良いティッシュケースが必要だという話にまで発展しました。

このように少しの疑問を持つことでどんどん話が広がっていき、
結果的に最初とは違う視点で物事を見ることができるようになっています。

なので「視点を変える」ということを難しく考えるのではなくて
何か1つ小さな疑問を持つことから始めましょう!

平凡な毎日ではアイデアは思いつかない

私たちは意識をしなければいつもと同じ生活を繰り返してしまう。

会社員が良い例だと思います。

毎日決まった時間に起きて、いつもと同じ電車に乗り、いつもと同じ時間に出社する。
そしていつもと同じ同僚と仕事をして、いつもと同じ時間に昼休みが始まり、
いつも同じように仕事が終わったら家に帰り、テレビを見て、そしてベットに向かう。

このように毎日変わりばえしない生活を送ってしまいがちです。

別にこれがいけないことだということではありません。

ただ、このような毎日同じことのばかりしている生活では、
良いアイデアが生まれることはないということです。

毎日同じような生活をしているのに、ある日突然、
人生を変えるようなアイデアが生まれることなんてありえません。

ではどうするべきなのか?

それは毎日1つでも良いので昨日とは違うことをしてみるということです。

違うことをするといっても特別大きなことをする必要せいはありません。

小さいことで良いので変化することが大切です。

例えば、いつもは最寄駅から電車に乗るけど、隣駅まで歩いてみるとか、

いつもお風呂に入るときは、頭から洗うけども体を先に洗ってみる。

いつも和食ばかり食べているなら、中華もたまには食べるとか。

このような小さな変化で良いのです。

そうすることで毎日小さなインパクトを与えることができます。

型にはまった人間ではなくなり可能性が広がります。

たった1ミリかもしれませんが昨日の自分より成長することができ
それを積み重ねることができればそれはやがれ大きな変化をもたらします。

小さな変化を起こすことで何かに気づくことができそれがアイデアとなります。

インプットを繰り返す

良いアイデアを出すためにはそもそもあなたの中にたくさんの情報が集まっている必要があります。

あなたの情報の引き出しが空っぽだったら良いアイデアを生み出すことができません。

なので常にインプットし続けることが大切です。

インプットというのは情報収拾という意味です。

例えば、

・本を読む

・映画を見る

・雑誌を読む

など情報を取り込む手段はたくさんあります。

なので色んなところからあなたの知らないことを学んでいくようにしましょう!

毎日本を1冊読むだけでも良いインプットができます。
本1冊だけでも自分の知らない情報がたくさんあります。

とは言っても全ての情報を吸収しようとしても頭がパンパンになってしまうと思うので

最初は本を読んであなたが一番共感した部分を1行でも良いのでチェックしておくことです。

本は比較安いですし、その割に結構な情報を仕入れることができるのでとても便利なツールだと思います。

またもう少しインプットについてアドバイスをするならば、情報の質を意識するということです。

情報にはやはり質があります。それは価値が高い情報とそうではない情報があるということです。

よくセミナーに参加するためには最低でも何万円が必要だったり、教材を買うためには高いお金がかかります。

なぜ高額なのかというと情報には価値があるからです。

価値が高い情報ほどその情報を得るためには対価としてお金が必要になります。

なのでインプットする際は、情報の質というのも意識してください!

そうすればより価値の高い情報があなたの中に蓄積されます!

メモを忘れない

また、アイデアはあなたが机の前で椅子に座りながらノートとペンを持っている時に生まれるとは限りません。

もしかしたら電車に乗っている時に何か連想しているうちに素晴らしいアイデアが生まれ可能性もあります。
その時にメモをしておかなければ電車から降りた時には忘れてしまっています。

なので、いつどんな時にアイデアが生まれるのかがわからないのでメモ帳を持ち歩くことをおすすめします。
また、スマホのアプリでもメモ帳をダウンロードしておけばたとえあなたがスマホでゲームをしていたとしても
すぐに画面を変えてアイデアをメモすることができます。

あなたが毎日気づいてメモしたことは、それはあなたが成長している証でもあります。
もしあなたが何も考えることなくなんとなく毎日を過ごしていたらアイデアが生まれることなかったはずです。

あなたのアイデアがつまったメモ帳を大切にしましょう!

発想は鍛えれば磨かれる

結論から言うとアイデアを出すのに才能は関係ないということです。

すでにあなたの中に情報がありそれをどう引き出すのかが大切だということです。

方法としては、

・ブレインストーミング

・マンダラート

・マインドマップ

 

など方法はたくさんあります。このような方法を実践してアイデアを引き出す力を身につけていくのです。

もちろん最初はうまくいかないのかもしれません。

でも色んな発送方法を試しているうちに考える力が身につきます。

そうすれば自然と色んなアイデアが思いうかぶようになるわけです。

 

私に才能がないというのではなくトレーニングをして最高のスキルを身につけましょう!

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP