ショートカットキーの基本的な使い方を解説(mac)〜作業効率化のためにマスターしよう〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は「ショートカットキー」の使い方について解説します。

パソコンで作業をする際にはショートカットキーを利用するだけでかなりの作業効率化になりますし、作業時間も短縮することが可能です。

以外にもショートカットキーを知らないという方も多いのでぜひ参考にしてください。

ショートカットキーとは?

ショートカットキーとはパソコンのキーボードのみで「コピー」や「ペースト」などを行うことができる機能になります。

ショートカットキーはウィンドウズでもmacでもありますのでどのパソコンでも利用することができる機能になります。

例えば「コピー」を通常行う際にはマウスなどを利用しないとコピーすることができません。

(例)

ですがショートカットキーを利用すれば「command+c」でコピーをすることができます。

このようにショートカットキーを利用すればわざわざマウスなどを利用してなくなるので頻繁に使うショートカットキーはマスターするようにしましょう。

おすすめのショートカットキー

それで日常の作業で頻繁に利用すると思うショートカットキーを紹介します。

(今回はmacバージョンで解説します。)

  • command + X:選択した項目を切り取ってクリップボードにコピーします
  • command + C:選択した項目をクリップボードにコピーします
  • command + V:コピーした内容を指定の場所にペーストします
  • command + Z:直前のコマンドを取り消します
  • command + A:項目をすべて選択します
  • command + F:書類内の項目を検索します
  • command + T:新しいタブを開きます
  • command + shift + 3:スクリーンショット(全画面)
  • command + shift + 4:スクリーンショット(選択範囲のみ)
  • command + shift + T:閉じたタブを再度開く

 

まとめ

以上がショートカットキーの使い方になります。

ショートカットキーの機能はたくさんあるのでご自身でも調べていただきたいのですが基本的には今回紹介したショートカットキーを利用するだけでもかなりの作業効率化になります。

なので、まずは「コピー」や「ペースト」などをショートカットキーで行ってみることをおすすめします。

そのあとに他のショートカットキーもマスターしていくと良いと思います。

 

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP