「XMind」の基本的な使い方を解説!〜無料のマインドマップツールの正体とは?〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回はXMINDというツールの使い方について解説します。

XMINDはマインドマップを作成するツールですが、マインドマップを利用することによって色々なアイデアを考えたり、今度の計画をたてることができるのでぜひ活用してみてください!

XMindとは?

XMind

XMindとはマインドマップを作成することができるツールになります。

マインドマップを利用することによって頭の中にある色々な情報を整理することができます。

例えば、

・ビジネスの計画

・ダイエット計画

・受験勉強の計画

このような時にマインドマップを利用することによって自分が目指しているゴールに到達するために必要なことは何なのかをマインドマップにまとめることで何をしなければいけないのかがわかるようになります。

使い方は人によって異なりますがマインドマップを紙などに書くのではなくてパソコンなどで作成して保存しておきたい人にはXMindがおすすめです。

XMindのダウンロード方法

それではまずXMindをあなたのパソコンにダウンロードしていきましょう。

1  「XMind」から無料ダウンロードを選択します。

 

2 希望のOSを選択します。

 

3 ライセンスに同意してダウンロードを開始します。

 

4 ダウンロードしたファイルを開くと利用可能になります。

 

XMindの基本的な使い方

それではXMindの使い方について解説します。

XMindの機能はたくさんあるので全ては解説できませんが自分自身で使ってみてマインドマップを作成してみてください!

まずはマインドマップを作成するファイルを選択しましょう。

1 赤枠の家マークを選択します。

 

2 使いたい土台を選択します。

 

3 利用したいテーマを選択します。

主トピック・サブトピック

一番利用するのが主トピックとサブトピックだと思います。

・横につなげたい→tab

・縦につなげたい→entar

状況に応じてtabやentarを選択しましょう。

1

文字の大きさと色

文字の色や大きさを変える場合には赤枠から設定をします。

1

 

タスクの優先度

タスクの優先度を利用したい場合は赤枠から選択します。

1

 

関連

関連しているトピックをつなげる場合に関連を利用します。

1 赤枠のマークを選択します。

 

2 関連のあるトピックをつなげます。

 

要約

要約をしてまとめたい場合に利用します。

1 赤枠のマークを選択します。

 

2 希望のトピックを要約することができます。

 

フローティングトピック

主トピックやサブトピック以外の場所に記入した場合にフローティングトピックを利用します。

1 右クリックをして「フローティングトピック」を選択します。

 

2 場所を選択して文字を入力します。

保存

マインドマップを終了する場合は必ず保存するようにしましょう。

1 赤枠のマークを選択して保存します。

 

まとめ

以上がXMindの基本的な使い方になります。

マインドマップを利用したい方にはかなりおすすめのツールになります。

紙の場合だと保管がしにくいなど色々問題がありますがXMindの場合はパソコン上に保存できるのでいつでも編集が可能です。

XMindの機能はたくさんあるので使いながら覚えていくと良いと思います。

 

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP