失敗するのが怖いのは周りの批判を恐れているからだ!〜失敗する勇気が成功へと導く〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何かあなたが心から成し遂げたいと思っていることがあったとしても、

「失敗したらどうしよう・・・」と思ってしまって結局何もすることができなかった経験はありませんか?

なぜ、失敗を恐れてしまうのか?

どうすれば失敗を恐れずに目標に向かって突き進むことができるのか?

詳しく解説していきます。

失敗が怖いのは批判を恐れている

なぜ人間は失敗することを恐れてしまうのでしょうか?

おそらく失敗を恐れることが当たり前すぎて失敗を恐れてしまう理由を考えたことはあまりないと思います。

なのでもし失敗を恐れてしまう自分がいたら、

「なんで怖がっているんだよ!メンタル弱いな・・・これじゃ成功できない」

と自己否定に陥ってしまって自分に自信を持てなくなってしまいます。

では、なぜ失敗を恐れているのか?

それは周りから批判されることを恐れているからです。

実は、失敗するのが怖いのではなくて失敗して周りの人たちから批判されることが怖いんです。

このことにまず気づく必要があります。

例えば、大学に進学することが目標だっとします。

そうすると受験勉強をしなければいけません。毎日必死に勉強しますが心の中で大学受験に失敗したらどうしようと考えてしまいます。

でもこれも大学に落ちることが怖いのではなく、あなただけ大学に落ちて同級生だけ進学することができたら

自分だけ仲間外れになり、大学に落ちたことを一生バカにされたらどうしようと考えているのです。

何事も失敗を恐れているときは周りの目を気にしているだけなのです。

このことは「嫌われる勇気」という本に詳しく書かれています。

このようにあなたが心の底から達成したいと思っていることがあるのにも関わらず、

周りから批判されるのが嫌という理由だけでその目標を諦めてしまうのです。

そして批判を恐れるがあまりどんどん失敗することが怖くなってしまいます。

そうなるとさらに成功から遠ざかってしまいます。

失敗する原因を作り出してしまう

あまりに失敗することが怖すぎると、失敗=最大のリスクだと思ってしまいます。

そうなるとどうにかして失敗を避けようと努力します。

ここが重要なポイントなんですが、一般的には失敗するのが嫌だから必死になって努力するというのが当たり前な考え方だと思います。

確かに目標を達成するためにとにかく努力を積み重ねることは成功者のやり方だと考えてしまいます。

ですが、これは失敗を恐れすぎていると逆効果になってしまうのです。

失敗するのが怖いならば、失敗しても大丈夫なように言い訳を用意してしまうのです。

例えば、ネットビジネスで稼ぐことが目標だっとします。

ですがネットビジネスを始めて稼ぐことができなくて同僚から
バカにされたらどうしようと考えてしまいます。

なので、意図的に、

・テレビを見てる

・残業をして帰る時間を遅くする

などの行動をします。

こうすることによってもしネットビジネスで稼ぐことができなかった場合、

「あの時テレビを見たから稼ぐことができなかったのか』

「残業があって作業量が減ったことが原因か」

失敗=最大のリスクだと思っているので失敗する言い訳を用意しておけば自分を傷つけずにすみます。

「〇〇が原因だから本質的には自分にせいではないし、自分には可能性がある」と思い込んでいます。

でも結局はこの言い訳をして立ち向かわない行為を永遠と繰り返してしまって結局目標を達成することができません。

このように失敗しないために一所懸命努力しているように見えて、実は失敗しても言い訳できる準備をしているだけなのです。

失敗を恐れていたら結局何も達成できない

しかし、冷静に考えればこのように失敗を恐れてばかりいたら
何も達成することができなくなってしまいます。

「ネットビジネスで稼ぎたい」

「稼げなくてバカにされたら嫌だ」

テレビを見て失敗しても言い訳できるように準備をする

この繰り返しの人生が待ってしまっているわけです。

おそらく失敗を恐れているときに長期的ビジョンを持つことは少ないと思います。

単純に失敗して批判されるのが嫌だから簡単に諦めてしまいます。

ですが、長期的に考えればあなたが今、批判を恐れて目標を達成することを諦めてしまっても

これから先の人生で自分にどんな見返りが返ってくるのでしょうか?

想像できるのは死ぬ直前にベットの上で、

「あの時挑戦しておけばよかった」と後悔して死ぬだけです。

何一つ目標を達成することができなくてもよいのでしょうか?

失敗しても最悪ゼロに戻るだけ

「失敗したらあなたは死刑です!」ということはないはずです。

どんなに失敗したとしても命を取られることはないです。

例えば、ネットビジネスで稼ぎたいと思っていてもし稼げなかったとしても

ただゼロに戻るだけです。つまりスタート地点に戻るだけです。

そこまでネットビジネスで稼げないことが人生最大のリスクではないはずです。

このように仮に失敗した時のことを考えると案外それほど人生が破滅することってないはずです。

大学受験に失敗したとしても来年また受験すれば良いです。

ダイエットに失敗してもまた別の方法を試してみれば良いです。

学校の友達に嫌わたとしても他のところで友達を見つければ良いです。

結局、失敗=最大のリスクと考えてしまいがちですが、人生においてやり直すことができないほどの

失敗というのはなかなか起こりうることではありません。

完璧を捨てる

目標を達成するためには完璧を捨てる必要があります。

失敗する原因として完璧を追い求めすぎているということがあります。

常に100点満点を目指してしまって100点を取ることができなくて挫折するのです。

少しでもうまくいかないだけで、

「自分はなんてダメな人間なんだ、なんでこんなこともできないんだ」と落ち込むだけです。

いきなり頂上を目指してしまい、現状のレベルでは到底達成することができないはずなのに

強がって達成しようとしてしまうのです。

なので「現状の自分を受け入れる」ということが大切なのです。

確かに欲を言えば100点満点を取りたいです。

ですが、現状のレベルは20点ほどしかありません。

それならば30点にするためにはどうするべきなのかを考える必要があります。

自分を受け入れることができた時に初めて成長への1歩を踏み出すことができるのです。

強がっていても何も変わりません。

完璧を求めるがあまり、失敗を恐れる臆病者になってはいけません。

失敗しないと成功はない

考え方を変えてみれば成功するためには失敗しないといけません。

成功者と言われている人たちも1発で成功できたわけではありません。

失敗を繰り返しているうちに成功へと近づくことができたのです。

決して失敗なくして成功した人はいないわけです。

だったら失敗した方がはやく成功することができるのではないでしょうか?

失敗するということはうまくいく方法を見つけることができるということです。

失敗すればするほど成功する方法が見つかります。

仮に成功するためには10のステージがあったとします。

そして成功する方法は10のステージに到達することができれば手に入れることができます。

それはつまり1〜9のステージは失敗する方法ということになります。

多くの人はステージ3まで行って諦めてしまいます。

ですが、失敗など気にせずに行動しまくった人はステージ10に到達することができます。

このように考えてみると、とにかく行動し続けないと成功する方法はわからないということです。

待っていても成功する方法は手に入れることはできないのです。

失敗は挑戦の証

失敗したということは多くの人は逃げて言い訳をしているのにも関わらず、

あなたは勇敢に立ち向かっている強い人間ということになります。

挑戦しない人はそもそも失敗すらしません。

失敗しないということは成功する方法を見つけることは不可能だということです。

だから、失敗して落ち込むのではなくむしろあなたは前に進んでいる証なのです。

そのまま足を止めることなく前に進み続けて、改善し続ければ必ず目標を達成することができるはずです。

できない理由を潰そう!

傷つきたくないという思いがあなたを成功から遠ざけてしまっている訳です。
だから失敗する言い訳を考えて、「本気を出せば自分もできる」と思いたいのです。

ですがそれではあなたが進化することはありません。

そうではなくてできない理由を潰していかないといけないのです。
つまりやりきる必要があるのです。

それでもしダメだったとしてもまだ力不足だったと諦めることだってできます。
しかしやりきることができないと進化することなんて到底できません。

なので日々できない理由を潰していく必要があります。

まさに「人事を尽くして天命を待つ」ということです。
やるだけのことをやったらあとは待つだけです。

まずは、やるだけのことをやりましょう。
失敗する原因を全て無くしましょう。

そうすることで成功に日々近づくことができます。

それでも「失敗して傷つきたくない」と思ってしまって
失敗する原因を作ってしまうかもしれません。

それならば失敗潰しというゲームだと思えば良いのです。

よくゲームで大勢の的に武器を使って倒してというものがあると思います。
1人倒すだけで終わるはずもなくどんどん敵がくるので楽しみながら全員を倒していくと思います。

それと同じであなたには日々失敗する原因がどんどん発生します。
そうしたら先ほどのゲームと同じで1つずつどんどん倒していけば良いんです。
ゲーム感覚で1つ1つ失敗する原因を無くしていくのです。

ゲームをやっているときに「敵を倒せないなら自分はもう死んでやる」という風に
考えてゲームをすることってないですよね?

どちらかといえば楽しみながらやって、最悪負けたらまた再スタートすれば
良いと思ってやっているはずです。

その感覚と同じように失敗潰しのゲームをしていけば良いのです。

おそらく成功していないということは、何かしらうまくいかない原因があるはずです。
その原因を潰していってやがれそれがゼロになった時がきたらあなたは成功したということです。

このようにゲーム感覚で「できない理由」を潰しましょう。

世界一自分の弱さを知っている人であれ

「強い自分でありたい」その思いが強くて完璧を求めてしまうこともあると思います。

ですが誰だって弱い自分を持っています。
不安を感じることも恐怖にかられることもあります。

なので強がる必要なんてないのです。
強がったってしょうがないのです。

だって年収1億円以上稼いでいる人でさえ
自分自身のことを弱い人間だといっています。

つまり成功者ほど自分の弱さを知っているのです。

それなのに大して行動もしていない人たちが強がっているなんておかしくありませんか?

弱さを認めることができない人が成功すると思いますか?

なのであなたは「世界一自分の弱さを知っている人」でなければいけません。
自分の弱さを自分自身が一番理解していないといけないのです。

そうすることで「弱い自分を受け入れた行動」をすることができるようになります。
強がっていたら弱さを認めることができないので改善することができません。

なので「世界一自分の弱さを知っている人」でありましょう!

失敗を乗り越えれば生きていける

これまで「失敗」ということをテーマにお伝えしてきました。

失敗して傷つきたくないから安易な道へと進んでしまいます。

ですが安易な道へ進んだ瞬間からあなたの進化は止まってしまいます。
どんどん退化していくしかありません。

なので進化してやりたいことをやる人生を歩むためには、

・失敗することを恐れてはいけません
・失敗という境界線を作ってはいけません
・失敗というのはあなたが定義づけした瞬間に失敗となります

でも、もし失敗する怖さを乗り越えることができれば何をやったとしても成功すると思います。

目の前に立ちふさがった壁を乗り越える力があるならば
どんな壁が次々出てきたとしても乗り越えることができます。

失敗するという不安に押しつぶされない限り人生は良い方向へと進んでいくことができると私は思います。

「失敗を乗り越えれば生きていける」ということです。

なので勇気をくじかれてしまった人は少しずつ勇気を取り戻しましょう!
失敗することが最大のリスクだという勘違いをやめましょう。

後悔しないために、逃げる癖をつけないために
今日から目標を設定してできない理由を潰していくゲームを開始しましょう。

その先にきっと本当の自分が存在していると思います。

 

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP