「オークファンプロプラス」を利用してセラーの商品をCSV化する方法〜中国輸入の効率的なリサーチ〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回はオークファンプロプラスを利用してセラーの商品を全てデータ化する方法について解説します。

売れている商品を扱っているセラーがどんな商品を販売しているのかがわかればリサーチの参考になります。

アマゾンのセラー集めはこちらの記事をご覧ください。

セラーの商品を全て見れる?

中国輸入をやるためにはまず売れる商品を見つけるリサーチをしないといけません。

独自で判断して「これは売れる商品だと思うから仕入れよう」なんて曖昧な判断基準で商品を仕入れてしまっては資金の無駄になってしまいます。

なのでどれだけ売れている商品を見つけることができるのかが重要なわけです。

そこで効果的な方法としては中国輸入をやっているセラーを見つけることです。

冒頭で紹介した記事で説明していますがAmazonのページからセラーが販売している商品を見ることが可能です。
そしてそこから1つ1つASINなどを保存すればデータ化ができるのですがそれだとかなりの手間になります。

そこでオークファンプロプラスを利用すればセラーの商品を一気にデータ化することができるということなのです。

オークファンプロプラスを使ったデータ化

それではどうやってオークファンプロプラスを利用してセラーの商品をデータ化するのかを解説します。

1 オークファンプロプラスから「Amazonリサーチ」を選択します。

 

2 新品出品者名にセラーの名前を入力します。

 

3 商品が表示された「CSV形式でダウンロード」を選択します。

 

4 「CSVファイルをダウンロード」を選択します。
*取得項目や取得件数は独自の基準で設定してください。

 

5 CSVを開けばセラーの商品を全て見ることができます。

 

まとめ

以上がオークファンプロプラスを利用したセラーの商品を全てデータ化する方法になります。

こうすればAmazonのサイト上からセラーの商品を1つ1つデータ化せずにすみます。

またCSVにしたらフィルタをかけて独自の基準に基づいてリサーチを行っていくと良いと思います。

こうして集めたデータをしっかり保存しておけば今後も役に立つのでデータを管理しておきましょう。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP