「アマゾン注文履歴フィルタ」の使い方をわかりやすく解説!〜領収書を一括ダウンロードしよう〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回はGoogleChromeの機能の1つである拡張機能を1つ紹介したいと思います。

拡張機能はGoogleChromeを利用する際に作業効率化をすることができるものです。

それに今回紹介する拡張機能は主にAmazonで商品を購入している方にはとても便利な機能になります。

なのでまだGoogleChromeをダウンロードしていない方はこちらをご覧ください。

アマゾン注文履歴フィルタとは?

今回紹介するのは「アマゾン注文履歴フィルタ」という拡張機能になります。

どんな機能なのか簡単に解説しますとあなたがAmazonで購入した履歴を一括管理することができます。

つまりいつどんな商品をいくらで購入したのかなどを細かく分析することができます。

そしてそのデータをCSV化することもできるので管理もかなり楽になります。

また他にも返金履歴などもデータ化することができますのでもし返品した商品などがあった場合にしっかりAmazonから返金されているのかをすぐに確認することができます。

とにかく簡単にデータ化できるので一度利用してみると良いと思います。

アマゾン注文履歴フィルタの使い方

それでは「アマゾン注文履歴フィルタ」の簡単な使い方を解説します。

1 「アマゾン注文履歴フィルタ」へ行きChromeに追加を選択します。

2 「拡張機能を追加」を選択します。

3 Amazonのサイトから「注文履歴」を選択します。

4 細かい設定を行いダウンロードの準備をします。
*ダウンロードしたい対象月を選びます。
*電子書籍などの情報はいらない方は「デジタル以外」にチェックを入れます。

5 設定後「領収書印刷用画面」を選択します。

6 読み込み中になるのでしばらく待ちます。

 

印刷

読み込み完了後、領主書を印刷したい場合は下の画像の赤枠部分を選択します。

CSVダウンロード

注文履歴などをCSVで保存したい場合は下の画像の赤枠部分を選択します。

返金情報のCSV化

返金情報をCSVで保存したい場合は下の画像の赤枠部分を選択します。
ただ返金情報は選択した対象月に返金した商品がある場合のみ表示されます。
なので返金情報を確認する際は返金対象の商品を注文した月を最初の段階で設定しておく必要があります。

まとめ

以上が「アマゾン注文履歴フィルタ」の簡単な使い方になります。

「アマゾン注文履歴フィルタ」を利用すれば領収証などが欲しい方も1つずつ領収証をダウンロードしなくても一括でダウンロードすることができます。

また返金確認も「アマゾン注文履歴フィルタ」で行えば確認がしやすいです。

使い方は簡単なのでぜひGoogleクロームに追加してみてください!

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP