自動再生ソフト「UWSC」の基本的な使い方を解説!〜外注委託の前にツールに任せよう〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は自動再生ソフトの1つであるUWSCの基本的な使い方について解説します。

自動再生ソフトをまだ一度も利用していない方は想像できないかもしれませんが非常に作業効率化に繋がる便利なツールになります。

一度利用してみることをおすすめします。

UWSCとは?

rawpixel.com

UWSCとは自動再生ソフトの1つになります。

自動再生という言葉があまりしっくり来ない方もいるかもしれませんが、簡単に言えばあなた行った操作を記憶してその操作を自動で繰り返してくれるという機能になります。

なので複雑な作業で自動再生ソフトを利用する必要がないのですが単純作業で時間がかかる場合はUWSCで一度操作を記憶してあとは自動で作業を行ってもらった方がかなりの作業効率化になります。

UWSCを起動していればその間は自動で作業を行ってくれるのでその間に別の作業をすることが可能です。

また人を雇って作業を委託する場合だと必ず人件費が発生してしまいます。
ですがUWSCは無料ツールなのでお金をかけずに作業をしてもらうことが可能なのです。

なのでまずはUWSCで自動再生できる作業は無いのかを考えて、もし可能な作業があれば自動化してしまった方が時間効率が良くなります。

UWSCの基本的な使い方

Juan Pablo Arenas

それではUWSCの基本的な使い方について解説します。

1 「UWSC」をダウンロードしてファイルを選択します。

2 UWSCのアプリケーションを選択します。

記録

こちらのボタンを押すことで作業の記録を開始できます。

読み込み

元々記録してあるファイルを再生したい場合は読み込みからデータを取り入れます。

再生

再生ボタンを押すことで記録した操作を自動再生することも可能ですし、記録した操作が間違っていないのかを確認することもできます。

保存

保存を押すことで記録した操作を保存しておくことができます。
なので利用したいときに何度でも利用することが可能です。

設定

設定をクリックすることでUWSCを利用する上でも設定などを行うことができます。
なので個人的に使いやすい設定にすることをおすすめします。

設定しておいた方が良い項目として「ホットキー」の設定になります。
ホットキーを設定しておくことでボタンだけで操作の再生や停止が可能です。

(例)

まとめ

bruce mars

以上が自動再生ツールの1つであるUWSCの基本的な使い方になります。

基本的にダウンロードさえしてしまえばすぐに利用することが可能です。

また記録した操作を保存することも可能なのでいつでも利用することができるのでかなりの作業効率化が期待できます。

なのでまずはUWSCで行える作業がないのか探してみると良いと思います。

また自動再生ソフトとしてもう1つおすすめなのが「HiMacroEx」というツールになります。
こちらも試してみることをおすすめします。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP