「HiMacroEx」の基本的な使い方を解説します!〜自動化ソフトを利用した作業の効率化〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回はHiMacroExという自動化ツールについて解説します。

自動化ツールをあまり利用したことがない方はどんなツールなのか疑問だと思いますがかなりの作業効率化になるため利用してみる価値はあります。

HiMacroExとは?

Jorge Jesus

HiMacroExとは自動化ツールであり、言い換えれば自動再生できるツールになります。

例えばHiMacroExを利用して記憶した操作を一度実演して記録します。
そしてその記憶したデータをHiMacroExが何度も繰り返してくれるというわけです。

HiMacroExはキーボードの操作はもちろんマウスの動きも記憶してくれます。

なので単純作業などの同じ作業を何度も繰り返す場合は自分自身が全てを行うのではなくて、最初に1連の流れをHiMacroExに記憶させて後の作業は全てHiMacroExにやってもらうことができます。

そうすることがあなたが本当は費やすはずだった時間をHiMacroExがやってくれるのでその間に別の作業を行うことができるわけなのです。

HiMacroExの基本的な使い方

Christina Morillo

それではHiMacroExの基本的な使い方について解説します。

1 「HiMacroEx」をダウンロードして解凍したらファイルを開きます。

2 HiMacroExのアプリケーションを選択します。

3 「記録」を押せば動作開始です。

 

記録

まずは記録を押してから記憶した動作をします。
なので記憶したい動作を確認してから記録ボタンを押しましょう。

再生

再生を押すことで記録した動作を自動的にHiMacroExが行ってくれます。
なので一度再生して問題がないことを確認しましょう。
そのあとにループ再生の設定を行えば何度も同じ操作を繰り返してくれます。

クリア

クリアを押せば記録した動作を一度削除することが可能です。
なので間違えてしまった場合はクリアを押して最初からやり直しましょう。

保存

保存を押すことで記録した動作を保存することができます。
なので何度も利用するような動作であれば保存しておきましょう。

読み込み

読み込みは一度保存した動作のデータを読み込んで利用することができます。
なので先ほどの保存のボタンで保存したデータを使用するときに利用します。

オプション

オプション設定で細かい設定ができます。

私の場合は文字化けしてしまっているのですが赤枠の所に注目してください。

この枠の部分がホットキーの設定になります。

つまり再生ボタンを押さなくても再生ができますし、停止することも可能です。

HiMacroExはループ再生や4倍速で再生ができるのですが特にループ再生をしていると指定した回数をしない限りは永遠に動作は止まりません。
なのでそのときに一時停止できるようにホットキーは設定しておく必要があります。

まとめ

Pixabay

以上がHiMacroExの基本的な使い方になります。

一度動作を記録してしまえばあとはHiMacroExが指定した回数分、動作を繰り返してくれますし、4倍速で再生することも可能です。

なのでもし単純作業などで同じ作業をしていることがあるのならば一度HiMacroExでもできる作業ではないのかを考えてみるとかなりの作業効率化になると思います。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP