「オークファン」を利用した基本的なリサーチ方法を公開!〜ヤフオクで売れている商品を効率的に見つけよう〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回はオークファンの基本的な使い方について解説します。

オークファンはヤフオクへ商品を販売する際に非常に役立つリサーチツールとなります。

まだ会員登録が済んでいない方はこちらの記事をご覧ください。

オークファンとは?

オークファンとは主にヤフオクで売れた商品などを調べることができるリサーチツールとなります。

物販をやる上では必ずリサーチという作業が必要になります。

例えばあなたがリサーチをせずに商品を仕入れて販売したとしたらそれはギャンブルに近いビジネスになってしまいます。
「売れるだろう〜」や「売れたら良いな〜」という気持ちだけで商品が売れることはありません。

もちろんあなたが物販の経験が豊富ならばリサーチをしなくてもどの商品が人気なのかがわかるのかもしれません。

しかしそうではない場合は必ずリサーチをしてどれだけ需要のある商品でどれくらいの頻度で売れているのかなどを調べた上で仕入れる必要があるのです。

なのでヤフオクで販売する際はオークファンでどれだけ需要のある商品なのか調べてみましょう。

オークファンの使い方

rawpixel.com

それではオークファンの基本的な使い方について解説します。

1 検索までにリサーチしたい商品名を検索します。

2 表示したいサイトを選択します。

3 ページ内平均価格を確認。

4 落札価格帯を確認

5 販売中や売れた商品を確認できます。

6  絞り込み検索でより細かい検索をすることができます。

商品別にリサーチ

bruce mars

続いては1つ1つの商品をリサーチする時の場合を解説します。

1  タイトルや画像、落札状況を確認

2 商品説明を確認

3 具体的な落札状況を確認

まとめ

Oleksandr Pidvalnyi

以上がオークファンの基本的な使い方になります。

今回は一般会員の場合の方法なのでプロplusや他の会員の場合は利用できる機能がもっとたくさんあるのでより質の高いリサーチをすることが可能です。

ですが一般会員の場合も基本的なリサーチをすることは可能なのでどれくらいの需要があって、どれくらいの価格帯で売れているのかを確認することができます。

なのであなたが仕入れようとしている商品の需要があれば仕入れをすれば良いですし、ちょっとヤフオクで売れていないなと判断できる場合は仕入れなければ良いのです。

ぜひリサーチツールとして利用してみましょう!

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP