「アップツール(AppTool)」を利用して一括再出品をする方法〜簡単に落札商品を管理して取引をスムーズに行う〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は以前紹介した「アップツール」というヤフオクの無料出品ツールについて解説していきます。

アップツールは無料で利用することができるのでヤフオク販売をしている方にとってはかなり便利なツールとなります。

また前回の記事をまだ読んでいない方はこちらをご覧ください。

アップツールとは?

アップツールを利用することによってヤフオクで扱っている商品を管理することが可能になります。

ヤフオクで商品を販売している場合は人によってかなりたくさんの商品数を扱っていると思います。

ヤフオク自体は1アカウント3000出品までできるので多くの商品を販売したい人が利用しているのが現実です。

そうなると扱っている商品数が10商品ほどならツールなどを利用する必要はないと思います。
しかし扱っている商品数が数百〜数千の場合はツールで管理しないとかなり大変です。

なのでもしあなたがたくさんの商品数を扱っている販売者ならば一度アップツールを利用してみることをおすすめします。

落札されたオークション

rawpixel.com

今回はアップツールにある落札されたオークションという項目を利用したいと思います。

ここでは基本的に落札された商品のみが表示されます。
なので落札された商品を確認する場合はこちらの項目で確認すると良いと思います。

基本的な使い方を解説します。

1「アップツール」へいき「落札されたオークション」を選択します。

取引ナビ

取引ナビを選択すれば実際にヤフオクの取引ナビへ移動することができます。

1 該当商品を選択して取引ナビをクリックします。

 

2 取引ナビへ移ったら取引連絡が可能です。

 

評価

評価を選択することで今回の取引の評価をすることが可能です。

1 該当商品を選択して「評価」をクリックします。

2 評価の内容を記入して評価を実行します。

*まとめてたくさんの商品を一度に評価したい場合は「一括評価」を選択すると良いと思います。

再出品

こちらではアップツールからヤフオクへ落札された商品を再出品することが可能です。

1 該当商品を選択して再出品をクリックします。

2 再出品の詳細設定を行い再出品をクリックします。

*まとめて再出品を行う場合は一括再出品を選択すると良いと思います。

表示選択

こちらでは表示方法を選択することが可能です。

なので表示したい取引状況を選択して確認すると良いと多います。

(例)

まとめ

Leah Kelley

以上がアップツールの一部機能の紹介になります。

今回は落札されたオークションの利用方法でした。

多くの商品を扱っている場合はその分たくさんの商品が売れていると思います。
その際にアップツールを利用することで取引連絡がスムーズに行えます。

ぜひ利用してみてください。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP