「Amazon」で商品をすぐに返品する方法〜返品の仕方をわかりやすく解説します!〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回Amazonでの商品の返品方法について解説します。

Amazonから届いた商品を返品した経験がない方もたくさんいると思います。

中には返品方法がわからないという理由だけで返品をしないで少し商品に傷がついた状態で使用していたり、単価の安い商品の場合は返金してもらう必要がないと感じて返品作業をしていないこともあると思います。

ですが返品しなければ代金は返ってこないので必ず何か問題などがある場合はしっかり返品手続きをして代金を返金してもらうべきです。

商品の返品理由

Gabriel Freytez

Amazonに商品を返品するとは言ってもあまりそのような機会がない方がほとんどなのかもしれません。

私の場合もこれまで頻繁に返品をしてきたわけではありません。

そもそもどんな時に返品をするのかと言いますと・・・

・商品が不良品の場合
・注文した商品と違う場合
・誤って注文した場合
・注文後に必要なくなった場合

主にこのような場合に返品作業を行います。

ですが私もそうでしたが初めて返品作業を行う場合はものすごく不安でどうやって手続きをすれば良いのかがわかりません。

それが理由で返品作業をしない方もいると思います。

なので今回は簡単に返品方法をお伝えしたいと思います。

Amazonでの返品方法

Pixabay

それではAmazonで商品を返品する方法について解説します。

1 「返品ページ」から返品受付センターをクリックします。

2 「注文履歴から返品する」をクリックします。

 

3 該当商品を洗濯して「商品の返品」をクリックします。

4 該当の返品理由を選択します。

5 返品理由を記載します。

6 返品理由を記載したら「次に進む」を選択します。
*しっかり返品期間内であることを確認してください。

7 返金方法を確認します。

8 返送方法と返金金額を確認します。

9 返品用ラベルの印刷・また返品手順を確認します。

10 返品先住所をコピーして貼り付けかあるいは郵便局の紙などで記載します。

*場合によっては返品受付IDを商品と一緒に同封したり、コピー機がない場合はIDを手書きで写して利用することもあります。

11 集荷依頼をします。
*返品理由などによって着払いか元払いか異なります。
ですが元払いの商品を着払いにしても返品金額から差し引かれるので心配はありません。

12 注文履歴から確認して「返品完了」となっていれば終了です。

 

まとめ

Pixabay

以上がAmazonでの返品方法になります。

返品手続きは一見難しいように思えてしまいますが1つ1つ手順通りにやっていくと簡単に返品をすることができます。

ただ注意点として、

・返品期限が過ぎていないのか
・返品IDは間違っていないのか
・返品基準を満たしているのか

など面について注意しながら返品作業を行うと良いと思います。

また商品や返品理由によって返金される場合とそうではない場合もあります。

しっかりAmazonの返品マニュアルを確認してから返品手続きを進めるようにしましょう。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP