「アップツール(AppTool)」の設定方法と簡単な使い方を解説〜無料で使えるヤフオクの出品管理ツール〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回はヤフオク転売をしている人にとっては大変便利な無料出品ツール「アップツール」について解説します。

ヤフオクで1つ1つ出品している方もいると思いますが扱っている商品数が増えるとそのように1つ1つ出品したり、あるいは再出品するのはものすごく大変になります。

そんな時には無料で使えるツールなどを利用すると作業効率化できます。

アップツールとは?

アップツールとはヤフオクで出品した商品を管理することができる出品管理ツールになります。

アップツールを利用することで商品が売れ行きやアクセス数などを簡単に分析することが可能になります。

もしヤフオクで出品している商品数が10個ほどしかないという場合はそこまで利用しなくても良いのかもしれませんが、扱っている商品数が100などを超える場合は管理すること自体がものすごく大変になっていきます。

またヤフオクの場合は最大1アカウントで3000出品もできるわけです。

なのでそれだけ膨大な数の商品数をしっかり管理することは難しいのでアップツールを使って管理することをおすすめします。

アップツールのログイン方法

rawpixel.com

それではアップツールのログインを説明します。

アップツールはヤフオクのアカウントがあれば無料で利用できるので予め用意しておいてください。

1 「アップツール」へいきログインをクリックします。

2 このような画面が表示されればログイン成功です。

*初期の段階では簡単な会員登録が必要です。
ただすぐに登録できるので問題はありません。
初期登録以降はログインするだけでアップツールを利用できるようになります。

出品中商品の分析方法

Jessica Lewis

それでは現状ヤフオクで出品している商品を分析する方法について解説します。

1 まずは「開催中のオークション」を選択します。

入札

入札ボタンをクリックすれば入札数順に表示させることができます。

 

ウォッチ

ウォッチの項目をクリックすればウォッチ数順に表示させることが可能です。

アクセス

アクセスの項目をクリックすればアクセス数順に表示させることが可能になります。

 

* 「アクセス数と質問を更新」をクリックすることでリアルタイムの数がわかるようになります。

(例)

表示順

表示順を選択することが可能です。

表示件数

表示件数を変更することが可能です。
出品している商品数によって表示可能件数を広げると良いと思います。

その他

他にも出品中商品を管理する機能はあります。

・一括注目
・早期終了
・取り消し
・注目設定した商品

もし取り消ししたい商品などがある場合は該当の商品だけを選択して取り消すことが可能です。

 

まとめ

Oleksandr Pidvalnyi

以上が出品管理ツール「アップツールの」一部機能になります。

今回解説したの一部の機能のみですが現状出品している商品を分析する場合は上記のように利用すれば細かく分析することが可能です。

ヤフオクでもウォッチ数などがわかりますが商品画像などを一緒に表示してくれないので少しわかりにくいです。

アップツールの場合は画像もしっかり表示されているのでどの商品なのかをすぐに確認することができます。

ヤフオクで出品している商品を分析する場合にご利用ください。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP