「ヤフオク」での取引の中止方法をわかりやすく解説!〜迅速な対応が良い評価に結びつく〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回はヤフオクでの取引のキャンセル方法について解説します。

あまり取引をキャンセルすることはないと思いますが、キャンセル方法を知っていればいざという時に慌てることがないのでキャンセル方法だけは理解しておくと良いと思います。

ヤフオクでの取引キャンセル方法とは?

rawpixel.com

ヤフオクで商品を販売した場合、売れた後に商品の破損が判明する時があります。

あるいは商品を購入者の元へ発送したけれども発送段階で壊れてしまうことも稀にあります。

そういう場合は取引をキャンセルする必要があります。

キャンセルすることでお客さんの元へ商品を届けることはできなくなりますがしっかり代金を返金することが可能になります。

また、スムーズに対応しなかったりありえないですが取引を放置してしまうとお客さんからクレームが入ったり、あるい評価をつけられてしまったり、最悪の場合はアカウント停止の可能性があります。

なので「商品を発送しないから別にこのままでいいや」という甘い考え方ではなく、しっかりと対応することが重要なのです。

取引のキャンセル方法

bruce mars

それではヤフオクでの取引キャンセル方法について解説します。

1 取引画面で「取引を中止する」をクリックします。

2 「落札者と取引中止を同意した」にチェックを入れて取引を中止します。
*取引中止をする際は独断でやってはいけません。
一度購入者の方に取引を中止する理由を伝え、同意を得てからにしましょう。
そうしないと悪い評価をつけられる可能性があります。

3 「取引を中止しました。」という表示になれば取引中止完了です。

4 売上管理画面からもキャンセルされたのか確認します。

 

取引中止の際の注意事項

このように落札者の同意を得ることさえできれば簡単に取引中止を行うことが可能で、さらに悪い評価を受けることもありません。

ただ注意しなければいけないことが落札システム利用料だけは引かれるということになります。

取引中止をしたから手数料は発生しないと思いがちですが落札はされたので落札システム利用料は発生します。
なので利益管理表などをご自身で管理している場合はしっかりと落札システム利用料を記載すると正確な利益計算ができると思います。

(例)

 

まとめ

rawpixel.com

以上がヤフオクでの取引キャンセル方法になります。

取引をキャンセルしなければいけないことは頻繁には起こらないと思いますが取引数が多いほどその分キャンセルしなければいけない事態も起こると思います。

その場合に取引自体を放置するのではなく、しっかりと対応することが重要です。
さらに対応さえしっかり行えば悪い評価を受けることはありません。

しかし、対応が遅れれば遅れるほど悪い評価をもらう可能性が高くなるので迅速に対応することが一番です。

 

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP