堀江貴文の儲かるビジネスの4原則〜ビジネス初心者が失敗しないための原則です〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは後藤です。

あなたは堀江貴文さんが提唱している「儲かるビジネス4原則」を知っていますか?

これはビジネスやる上で大切なことなのでわかりやすく説明していきます。

儲かるビジネス4原則って?

絶対に儲かるビジネスって何なのか?

このようなことを考えた経験はありません?

 

例えばサラリーマンの方で起業を志している方ならば、

どうやったら簡単にビジネスを成功させることができるのかを考えてしまうと思います。

どうせやるなら辛い思いをせずに誰だってビジネスを成功させたいものです。

しかし、ビジネスをやってみるとビジネスはそれほどあまくはないと痛感します。

「簡単にお金を稼ぐことができる」ということを少しでも考えていた自分が情けなくなり

もっと真剣にやらなければいけないと気づきます。

とは言ってもビジネスというのはもう随分前から行われているわけです。

つまり色んな検証が行われているわけです。

その中で稼げるビジネスは何なのか?

稼げないビジネスは一体何なのか?

 

ある程度の共通点が出てくると思います。

そのことをわかりやすく説明しているのが堀江貴文さんの「儲かるビジネス4原則」だと思います。

この原則に従ってビジネスをやれば上手くいきやすいというものです。

なのでなるべくこの4つの条件に当てはまっているものビジネスをやらなければいけません。

その4つの原則というのは、

1 小資本で始められる

2 在庫がない、または少ない

3 利益率が高い

4毎月の定期収入を得ることができる

というものです。

では1つずつ解説します。

 

小資本で始められる

1つ目が小資本で始められるビジネスということです。

つまりお金をあまりかけずに始められるビジネスということになります。

例えばリアルビジネス、つまり実店舗を持ちビジネスをやる場合はかなりの

資金を必要とします。

少なくても何百万円、多い場合は1000万円を超えることもあるかもしれません。

それくらい最初にお店を持つ時にはかなりのお金が必要になります。

そもそもこの最初の資金を集めること自体簡単なことではないと思います。

それに何より最初にそれだけのお金を用意してお店を持つことができたとしても

そこがゴールではないはずです。

お店を持って初めてビジネスをやることができるのです。

なのでお店の売り上げをあげないと赤字になってしまいます。

もし売り上げが上がらないようだと最悪お店を続けることができなくなってしまいます。

つまりリスクが大きいということです。

その点ネットビジネスの場合は違います。

最初から何百万円用意しなくてもビジネスを開始することができます。

数万円あればネットビジネスを開始することができます。

例えばアフィリエイトの場合だと、

・パソコン

・サーバー

・ドメイン

これらが揃っているだけでビジネスが始められてしまうのです。

最悪、パソコンだけあれば大丈夫です。

このように実店舗を持ってビジネスを始めるよりもかなり多くの資金を集めなくても

ビジネスを行えるのです。

さらに1番重要なのは小資本で始められるビジネスの方が、

リスクが少ないのです。

リスクが少ないというのは、

実店舗の場合はもしビジネスに失敗してしまったら借金を背負うことになるかもしれません。

しかしネットビジネスの場合、上手くいかなかったとしても数万円を失う程度ですみます。

そこまで人生が激変してしまうことではありません。

なのでできるだけ小資本で始められるビジネスの方がリスクが少なて良いのです。

 

在庫がない、または少ない

2つ目の儲かるビジネス4原則は、「在庫がない、または少ない」ビジネスだということです。

そもそも在庫を持つということは商品を仕入れるためにお金を使ったということになります。

つまり大量に商品を仕入れたということは商品が売れるまでは赤字ということになります。

これは転売だとわかりやすいですね。

例えば転売初心者の方がいきなり商品を大量に仕入れたとします。

仕入れた本人からすれば大量に商品を持っていた方が儲かると思ったのでしょう。

確かに売れる商品をたくさん仕入れることができればその分利益もたくさん取ることができます。

ですが、それは売れる商品の場合です。

特に売れる商品なのか調べもせずに商品を大量に仕入れてしまったとしても

それはもはやギャンブルに近い状態だと思います。

何の根拠もなく商品を仕入れても商品が売れることはありません。

最終的に商品が全く売れずに在庫だけ抱えて大赤字となります。

このようにそもそも在庫を抱える自体ある意味リスクなのです。

売れるまでは赤字ですからね。

なので在庫は抱えない方が確かにリスクは少ないです。

ですが、転売経験者ならばある程度売れる確信があるから商品を仕入れるので

リスクをあらかじめ最小限に抑えることができています。

ただビジネス初心者がいきなり在庫を大量に抱えてしまうことは

その時点でかなりのリスクを背負っていることになります。

ビジネスで稼ぐためにも在庫を抱えるリスクだけは減らしておきましょう。

 

利益率が高い

儲かるビジネス4原則の3つ目は、「利益率が高い」ということです。

利益率といのはどれだけのお金が最終的にあなたの手元に残ったのかということです。

今年の売り上げが1000万円だったとしてもいろんな経費などを引いたら、

利益はわずか100万円だったという場合は利益率はたったの10%ということになります。

利益率が高いということは利益率が10%よりも20%や30%の方が良いということです。

 

例えば、

2万円の商品を販売して利益が5000円

1万円の商品を販売して利益が5000円

この場合どちらの方が利益率が高いでしょうか?

明らかに1万円の商品を販売した場合ですよね?

2万円の商品を仕入れたのに利益が5000円というよりも、

1万円の商品を仕入れただけで利益が5000円の方が効率的です。

利益率が高い方が労力をあまり使わずにすみます。

なのでその分他の作業に取り組むことだってできるのです。

利益率は高ければ高いほど良いということになります。

 

毎月の定期収入が得られる

儲かるビジネスの4原則の最後は「毎月の定期収入が得られる」ということです。

例えばビジネスを始めて月収100万円を稼ぐことができたとします。

ですが、1度だけ月収100万円を稼げたとしてもあまり意味がありません。

毎月安定的に100万円を稼ぐことができる仕組みを作ることの方が

将来的にも大切です。

 

短期的に稼ぐという思考ではなくて長期的に稼ぐ思考の方が大切なのです。

なので1度稼げただけで一喜一憂するのではなくお金が発生する仕組みを作る必要があります。

例えば仕組みを構築するということであればメルマガを使えば仕組みを作ることができます。

ある程度の集客力を持つことができればあなたのメルマガに登録してくれた

読者さんに対してメールを配信していきます。

その時に何か販売する商品があればあなたのメルマガに登録する人がいるたびに

その商品を販売することができるのです。

この仕組みができればほとんど作業をしなくてもお金が発生する仕組みを作ることができます。

なので毎月定期収入を得ることができるビジネスは安定的に稼ぐことができるということです。

 

まとめ

以上が儲かるビジネスの4原則になります。

1 小資本で始められる

2 在庫がない、または少ない

3 利益率が高い

4毎月の定期収入を得ることができる

もしビジネスを始めたい場合はこの4つの原則を基準にして

ビジネスを始めることをおすすめいたします。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP