無在庫転売とは?リスクと稼ぐために本当に重要なポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは後藤です。

今回は「無在庫転売」というものについて詳しく解説していきたいと思います。

「無在庫転売なんて初めて聞いた!」

という人もいると思います。無在庫転売のメリットを知ることができれば、

無在庫転売に挑戦したいと思うかもしれません。

 

有在庫転売とは?

「無在庫転売」とは一体何なのか?

ということを説明する前に通常の転売手法である、「有在庫転売」について説明します。

有在庫転売がどういったものなのかがわかると、無在庫転売の魅力がよく伝わると思います。

有在庫転売とは、

商品を仕入れてから商品を販売する一般的な手法になります。

転売の一般的な流れは、

仕入れ→出品→お客さんが購入→梱包、発送

これが転売の一般的な流れになります。

もちろん商品を仕入れる前に「どんな商品が今は人気なのか?」ということを調べる必要があります。

その上で売れている商品を仕入れるわけです。

なので一時的ではありますが、自宅に在庫を抱えるというリスクがあります。

仮に売れない商品を仕入れてしまった場合は、在庫が残り続けてしまいます。

そして売れないということは仕入れ資金だけは使ってしまったので赤字になるということです。

これもリサーチをしっかりやることができれば在庫を長期間抱えることはありません。

しかし、転売初心者の方でなかなか商品を仕入れることができない理由として、

この在庫を抱えるリスクをがあると思います。

リサーチすれば商品は売れると先ほど言いましたが、

それは自分でリサーチをして実際に商品を仕入れて出品をしたら商品をお客さんが買ってくれた

という成功体験があるから言えることです。

ただ、まだ転売をやったことがない人に、

「リサーチすれば売れている商品がわかるからリサーチした商品は仕入れて大丈夫ですよ」

と言ったとしてもなかなか1歩目を踏み出せない人が多いです。

それが原因で転売を辞めてしまう人もいます。

これが有在庫転売というものです。

無在庫転売とは?

対する「無在庫転売」というものはどういった転売手法なのか?

「無在庫転売」というくらいですので、在庫を持たない転売ということですね。

 

先ほども説明しましたが、有在庫転売の一般的な流れは、

仕入れ→出品→お客さんが購入→梱包、発送

ということでした。

しかし無在庫転売の流れとしては、

出品→お客さんが購入→仕入れ→発送

という流れになります。

 

つまり商品を仕入れる前に先に商品を販売してしまうということです。

有在庫転売とはまったく異なったやり方ということになります。

無在庫転売は商品が売れてから商品を仕入れるのでリスクがないです。

有在庫転売の場合はいくら売れる商品だとわかっていたとしても商品が本当に売れるのかと

不安に思って商品を仕入れることを諦めてしまいます。

しかし無在庫転売の場合はその心配がありません。

すでに商品をお客さんが購入しています。

つまりお金が入金されているということです。

これなら商品を仕入れる不安は全くありません。

さらに発送方法なのですが、

有在庫転売の場合は、売れた商品をしっかり梱包をしてその商品のサイズにあった最適な

配送サービスを選択して商品を発送します。

 

なのでこの発送業務が面倒だという面もあります。

無在庫転売の場合は、仕入れ先から直接商品をお客さんの元に発送してもらいます。

なので商品を自宅に抱えることが一切ありません。

商品を手元に置いてくことなくお客さんに発送するので梱包はいりません。

ただ、パソコンでお客さんの住所を打ち込むのみです。

これが無在庫転売というものです。

初心者におすすめのビジネスモデル

無在庫転売は非常に転売初心者におすすめのビジネスになります。

やはり転売初心者の方は商品を仕入れることを怖がってしまいます。

私もそのような経験があります。

独学でせどりをやろうとしましたが、売れている商品が何なのか全くわからず、

さらにいくら売れる商品がわかったとしても商品を仕入れるのが怖かったです。

転売は商品を仕入れないとそもそも商品を販売することができません。

なので最初は赤字スタートなのが転売です。

商品を仕入れて商品が売れたという経験をしていれば商品を仕入れるリスクはあまり感じないのかもしれません。

しかし、商品が売れたという経験をしていない人はいきなり赤字スタートの転売に対して拒否反応が出てしまいます。

 

ですが無在庫転売はこのリスクを解消してくれます。

転売を始めたいけど商品を仕入れるのが怖い人は無在庫転売から始めれば、

商品が売れてから商品を仕入れることができるのでリスクなしで商品を仕入れることができます。

さらに、「儲かるビジネスの4原則」という堀江貴文さんが提唱している儲かるビジネスの

4つの原則というものがあります。

この4つの原則を守っていればビジネスはうまくいくといったものです。

 

その4つの原則の中の1つに、

「在庫がない、あるいは少ない」ということが大切だと言っています。

これはまさに無在庫転売のことですね。

無在庫転売は在庫を一切抱えません。

先ほども転売は最初は商品を仕入れるので赤字スタートと言いました。

なので極端に言えば商品を大量に仕入れるということは赤字が膨れあげるということになります。

もちろん転売経験者なら売れる商品しか仕入れないので、

赤字になることはほとんどありません。

しかし、やはり転売初心者にとって在庫を抱えるのは相当なリスクになります。

なのの堀江貴文さんがおっしゃっていた「在庫がない、あるいは少ない」という原則に

基づいた「無在庫転売」は転売初心者の方には特におすすめビジネスモデルだと言えます!

 

無在庫転売のデメリット

ですが無在庫転売にもそれなりにデメリットがあります。

まず1つ目が

・無在庫転売を禁止しているプラットフォームがある

例えばメルカリの場合、無在庫転売を禁止しています。

「手元に在庫がない商品を出品してはいけない」

ということです。

なので無在庫転売だということがわかってしまったら、

・アカウントの停止

・強制退会

などの処置が取られます。

 

いきなり強制退会というのは少ないと思いますが、注意勧告みたいなものをはじめに受けます。

それでもなお無在庫転売を続けた場合はメルカリからアカウント停止などの処置が取られます。

なのでそのリスクを知った上で無在庫転売をやらないといけないのです。

ですが、無在庫転売が許されているプラットホームも存在します。

なのでそのようなプラットホームを利用するのも良いと思います。

 

・商品の状態がわからない

無在庫転売の場合は、商品を仕入れません。

直接仕入れ先からお客さんの元へ商品を発送します。

なので実物を見ないまま商品を出品しないといけません。

その場合は商品について質問をされた時に

うまく答えられないことが多々あります。

特に専門的な部分について聞かれてしまうとかなり答えずらいです。

もちろん質問がなくて商品が購入されるケースもあります。

ただ、質問にしっかり答えることができなかったために、商品を買ってもらうことができないということも

ありうるということを理解しないといけません。

・Amazon発送は苦情の原因

商品の仕入れ先がAmazonの場合はお客さんの元にAmazonの箱で商品が届くということが起こります。

つまり、お客さんによっては、

「私、Amazonで商品を買った覚えがない!」

という苦情をもらったりAmazonの方が商品の価格が安いだろという苦情もあります。

それが原因で無在庫転売というのがバレてしまうこともあります。

なので、Amazon仕入れの場合はそのリスクもあるということです。

ですがこのように苦情があるのは本当に稀です。

200商品に1度苦情を言われるくらいですのでそれほど支障はないと思います。

 

重要なのはリサーチ

「無在庫転売」でも「有在庫転売」でも共通して言えることは、

「売れる商品を見つけることができるリサーチ力です」

無在庫転売はリスクがないと言ってもそもそも商品が売れないと話になりません。

なので転売をやるならばリサーチ力は必要なスキルです。

リサーチ力がないなら無罪転売でも有在庫転売でも稼ぐことはできません。

無在庫転売は確かに初心者におすすめのビジネスではあります。

ただ「リサーチ」は絶対に欠かせないスキルだということは覚えておきましょう!

 

 

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP