「Table of Contents Plus」のインストール方法と使い方を解説!〜ブログ記事に目次を作成する方法〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「table of contents plusって一体何? 」

本を読み始めるとまず最初に目次があります。

目次があることによってその本がどのような構成になっているのかがわかります。
それに自分が読みたい部分から読み始めることも可能です。

なので目次はとても大事なのです。

同様にブログの記事でも目次を作成することでその記事がどのような構成になっているのかがわかります。

今回はブログ記事に目次を挿入する方法を詳しくお伝えします!

table of contents plusとは?

Life Of Pix

table of contents plusとは目次を作成してくれるプラグインになります。

本に目次があるのは当たり前ですがブログ記事にも目次を作成することが可能になります。

目次を作成することで読者がどんなことに書かれている記事なのかがわかるようになり、さらには気になる部分だけでも見てもらうことができます。

またブログの記事の文字数が比較的多い場合は目次を設定しないと読みづらいこともあります。
ですが目次を作成するためにはしっかりと見出しの設定を行なっている必要があります。

適当に「h3」や「h4」などのタグを挿入してしまうと最終的に目次にした時にものすごく読みずらくなってしまう可能性があります。

なので目次を作成するための大前提として見出しの設定がしっかりなされているのかが重要になることを忘れないでください!

table of contents plusのインストール方法

Lukas

それではまずワードプレスに「table of contents plus」をインストールします!

1 プラグインから「新規追加」を選択

2   「table of contents plus」を有効化する

 

以上でワードプレスに「table of contents plus」をインストールすることができました。

有効化しない限り利用することができないので必ず有効化にしましょう!

table of contents plusの設定方法

rawpixel.com

「table of contents plus」をインストールしたら設定を行います。

実際はただ目次を作るだけだと思われていますがカスタマイズは多様です。

なので自分のお気に入りの目次を作成することをおすすめします。

1 ダッシュボードから「設定」を選択

2  「TOC+」をクリックします。

「TOC+」から設定が可能なのでまずは「TOC+」を選択します。

位置

位置とは目次を表示させる場所のことです。

基本的にはデフォルトのままで良いですが自分の好みで選択すると良いと思います。

 

例)最初の見出しの前

 

表示条件

 

表示条件とは見出しがいくつあるときに目次を作成するのかを設定することができます。

見出しが3つ以上と設定した場合は見出しが2つしかない記事の場合は目次が作成されません。
なのでどの記事にも目次が欲しい場合は「2」で設定すると良いと思います。

コンテンツタイプ

 

コンテンツタイプとはどの種類のページで目次を作成するのかを設定することができます。

基本的には「post」と「page」を選択していれば投稿ページも固定ページのも目次が作成されるようになります。

見出しテキスト

 

見出しテキストは目次の名前などを変更することができます。

基本的には読者がわかりやすいように「目次」というタイトルで良いと思いますが、「この記事の詳細」など変更することも可能です。

また、ユーザー自身が目次を非表示にできる設定も行えます。
その際も「表示」と「非表示」のタイトルを変更することが可能です。

例)

階層表示

階層表示では階層に設定することが可能になります。

見出しが多いと目次にたくさん表示されるので階層に設定した方がわかりやすいと思います。

例)

番号振り

番号振りを設定することで目次に番号は表示されるようになります。

番号で目次をわかりやすくしたい場合は設定すると良いと思います。

例)

外観

 

外観では主に目次のデザインを行うことができます。

主に、

・横幅
・回り込み
・文字サイズ
・プレゼンテーション

この4つの設定をすることができます。

デザインが変われば目次の印象も変わるので変更してみるのも良いと思います。

見出しレベル

見出しレベルはどのタグを使用した時に目次に表示するのかという設定になります。

なので「h2タグ」だけチャックをいれていたらそれ以外のタグを記事内で利用していたとしても目次では「h2タグ」しか表示されなくなります。

どのタグも目次に表示した場合は全てのタグにチャックを入れると良いと思います。

ただ、見出し以外でもh1タグなどを利用することもあると思うのでその点については注意が必要です。

まとめ

Pixabay

いかがでしたか?

目次を作成することでどんなことに書かれた記事なのかを読者が理解することもできますし、どれだけのボリュームがある記事なのかも判断してもらいやすいです。

ですがあくまでも「table of contents plus」は見出しをそのまま表示しているにすぎません。
なのでしっかり見出しを設定することが大切です。

「h3タグ」を使った方が良いのか?

「h4タグ」を使った方が良いのか?

などなど考えて作成すれば目次も綺麗に仕上がります。

見出しの設定を的確に行いましょう!

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP