「contact form 7」の使い方をわかりやすく解説!〜インストール方法から設置方法まで〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「contact form 7 って一体何?」

あなたは自分で運営しているサイトを持っていますか?

通常サイトを運営しているとあなたのサイトへ訪れたユーザーからお問い合わせがある場合があります。
お問い合わせがあるということはユーザーからあなたへ何か質問がある証拠でもあります。

そしてその質問をすることで問題点が解消されて商品購入やセミナーのお申し込みなどに繋がります。

なのでお問い合わせフォームはユーザーとあなたを繋ぐための大事な架け橋だということです。

今回は簡単にお問い合わせフォームを設置できるcontact form 7の使い方について詳しく説明します。

contact form 7とは

rawpixel.com

contact form 7とはあなたのサイトにお問い合わせフォームを作成することができるプラグインです。

大半のサイトには「お問い合わせフォーム」が設置されており、そこからサイトの情報に関して質問があるユーザーがサイトの管理者の元へメールを送信することができるようになっています。

ですが専門的な知識がない方がお問い合わせフォームを設置することは簡単なことではないと思います。

なのでワードプレスでサイトを運営している場合は「contact form 7」を利用することで簡単にお問い合わせフォームを設置することができるようになります。

またお問い合わせフォーム以外にも設置の仕方を変えればアンケートや求人募集などにも利用できるので使い方は多様です。

インストール方法

rawpixel.com

それではまずお問い合わせフォームを設置するために「contact form 7」をワードプレスにインストールしましょう。

インストール後に「contact form 7」を利用することが可能になります。

1 プラグインから「新規追加」をクリックします。

2 「contact form 7」をインストールして有効化にします。

 

 

有効化までできれば「contact form 7」のインストールは完了です!

contact form 7の準備方法

「contact form 7」のインストールが終了したらお問い合わせフォームの設置準備をしていきます。

設置する際には自らどのような項目を設けたいのかを決めることができます。
なので用途に合わせて設定することが良いです。

1 まずはお問い合わせから「新規追加」をクリックします。

タイトル

新規追加のあとは最初にタイトルを入力します。

通常は「お問い合わせフォーム」などの名前で大丈夫です。

ただし、用途によって異なるので独自で名前を設定しましょう!

フォーム

 

*フォームをクリックして設定します。

 

 

独自で項目を設定することが可能になります。

設定項目は、

・テキスト
・メールアドレス
・電話番号
・日付
・ドロップダウンメニュー
・チェックボックス
・承諾承認
・ファイル
・送信ボタン

などなどたくさんの項目を設定することが可能です。

あくまで通常のお問い合わせフォームの場合はデフォルトの設定で大丈夫です。

アンケートなどの時は様々な項目を追加することをおすすめします。

メール

基本的にこちらで設定したメールアドレスへお知らせメールが通知されます。

なのでどのメールアドレスで受信するのか予め設定しておくことをおすすめします。

あるいはお問い合わせフォーム専用のメールアドレスを作成しておくのも良いかと思います。

自動返信設定

続いてはお問い合わせしてくださったユーザーに向けて送るメールの設定になります。

いわゆるサンキューメールと言われているものです。

なので基本的に「お問い合わせありがとう」や「24時間以内に返信致します。」などの文章を設定しておくことをおすすめします。

1 メール(2)にチャックを入れます。

2 各項目の設定を行います。

 

メッセージ

メッセージとはユーザーが記入時に表示される文章になります。

基本的にはデフォルト設定のままで良いと思います。

その他の設定

*コードの挿入になります。専門知識がある方が主に利用することをおすすめします。

フォームの設置方法

Pixabay

設置するフォームの設定が完了したら実際に設置をしていきます。

1 設定が終了したら「保存」をクリックします。

2 表示されたコードをコピーします。

3 新規固定ページを作成して貼り付けます。(ビジュアルでも問題はありません。)

 

4 プレビューからフォームを確認します。

これで設置は終了です。

念のため捨てアドなどで実際にお問い合わせをしてみると良いと思います。

それで設定したメールアドレスにお知らせがくれば完璧です。

まとめ

rawpixel.com

いかがでしたか?

お問い合わせフォームは一見するとそれほど必要ない思うかもしれません。
実際、お問い合わせフォームをこれまであまり利用したことがない方も多いと思います。

しかし、ユーザーからすれば何か1つでも疑問があればいち早く解決したいはずです。

そんな時に質問できる手段があれば問題を解決することができますし、またサイトの運営目的によって異なりますが顧客獲得にも繋がります。

頻繁にお問い合わせがあるかはわかりませんが設置しておいて損はありません。

なのでサイトの開設と同時にお問い合わせフォームを設置することをおすすめします。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP