初心者必見!「Googleアナリティクス」の基本的な使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「Googleアナリティクスって一体何!?」

あなたはGoogleアナリティクスを知っていますか?

ワードプレスなどを利用すれば誰でも独自のサイトを持つことができます、そうでなくても無料でサイトを構築することもできます。

しかし、ただ趣味としてサイトを運営している人もいるのかもしれませんが多くの場合は自分のビジネスのためにサイトを運営していると思います。

そうなると必ずやらなければいけないのがあなたのサイトのアクセス分析です。

どれくらいの人があなたのサイトに訪れているのかというの知らないと集客力もアップしません。

なので今回はアクセス分析に最適なGoogleアナリティクスの使い方を説明します!

 

Googleアナリティクスとは?

Negative Space

GoogleアナリティクスとはGoogleが無料で提供しているアクセス解析ツールのことです。

「あなたが運営しているサイトにはどのくらい読者が訪れているのか?」
「どのページをが良く読まれていて読まれていないページは何なのか?」
「どのデバイスであなたのサイトを閲覧しているのか?」

などなどサイトを運営している人ならば気になってしまうようなことをアナリティクスで調べることができるようになります。

そうすることによってサイトの質を向上させることができるのはもちろん、あなたの集客力をアップさせるためには欠かせないツールになります。

なのですでにサイトを運営している方はもちろんですがその他にもこれから自分のサイトを運営したという人も必ずアナリティクスに登録するようにしましょう。

登録方法

PhotoMIX Ltd.

それではまずGoogleアナリティクスの登録をしていこうと思います。

Googleアナリティクスを利用するためにはまずGoogleのアカウントが必要になります。

すでに持っている方は良いですがもしアカウントがまだない方は無料で作成できるのでサクッと作ってしまいましょう!

1 Googleアナリティクスへログインします。

Googleアナリティクス

2 Googleアカウントでログインします。

3 Googleアナリティクスのお申し込みをします。

4 詳細を入力していきます。

アカウント名やサイト名は管理しやすい名前にすると良いと思います。

またURLは「http」か「https」なのかをしっかり確認してください。

基本的に「http」と「https」は似ているように思われますがアナリティクスからすると別サイトと認識してしまうことがあるので間違えずに設定しましょう!


5 トラッキングIDをサイトに貼り付けます。

しっかりトラッキングを設置できればアナリティクスの登録は完了です。

念のためアナリティクスの画面からアクセスがしっかり分析できているか確認してください。

もし、反応がない場合は設置の仕方が間違っている可能性が高いので間違いがないのか確かめるようにしましょう。

プラグインでトラッキングIDを設置

Pixabay

自分のサイトにトラッキングをすぐに設置できる方は良いですが人によってはどこへトラッキングを貼り付ければ良いのかがわからない方もいると思います。

実際は、HTML形式で貼り付けるのでちょっと難しい部分もあります。

もし、貼り付けが難しい場合は「All in One SEO pack」というプラグインを設置しましょう!

そうすれば誰でも簡単にアナリティクスを設定することが可能になります!

1 「All in One SEO pack」をインストールします。

2 「一般設定」を選択します。

3 「GoogleアナリティクスID」にトラッキングIDを貼り付けます。

 

4 「トラッキングからユーザーを除外」を全てチャックします。

*この設定はご自身が作業していてもアクセス分析に反映されないための設定です。

5  設定の完了または更新をクリックします。

 

このようにプラグインを利用すれば簡単にアナリティクスの設定ができるのでHTML形式で設定するのが難しい方は「All in One SEO pack」をインストールして設置してみてください。

Googleアナリティクスの機能

それではGoogleアナリティクスの具体的な使い方を説明していきます。

Googleアナリティクスは深掘りすれば色々な機能があるのですがまずは基本的なポイントだけ理解していれば十分Googleアナリティクスを活用することができます。

ユーザー

ユーザーでは基本的にはどれくらいの人があなたのサイトに訪れているのかがわかります。

セッション・・・サイトに訪れた回数
ページビュー数・・・読まれたページの数
ユーザー数・・・訪れたユーザーの人数(セッション数とは異なります。)
新規ユーザー数・・・始めたあなたのサイトに訪れた人の人数
直帰率・・・1ページ目を読んだ後にサイトから立ち去った割合

主にこのようなことがわかるようになります。

また期間を限定して調べることができますので用途によって分析してみると良いと思います。

例)

集客

集客では主にユーザーがどこからあなたのサイトに訪れたのかがわかります。

具体的には、

Organic Search・・・ブラウザからの検索
Direct・・・直接URL、お気に入りから
Paid Search・・・リスティング広告から
Referral・・・他のサイトのリンクをクリックしてから
Social・・SNSから
Display・・・バナー広告をクリックして
Other・・・その他から

どこからのアクセスが多いのかがわかれば集客に役立てることが可能です。

行動

行動では基本的にユーザーがどのような動きをしているのかがわかるようになります。

例えば「ブログ記事の書き方」という記事が良く読まれているとか、サイトに訪れた際に最初に読むページなどがわかります。
なのでユーザーの動きを良く分析することが可能なので。


例)ランディングページ

この項目からユーザーが最初にどのページを読んだのかがわかるようになります。

コンバージョン

コンバージョンとはすなわちゴールのことです。

商品の販売や会員登録などの目標数値などを達成しているのかどうかなどを確認することができます。

なので事前に設定をしておく必要があります。

基本的に目標達成度の確認ができる項目だと知って理解していれば良いと思います。

例)

まとめ

rawpixel.com

いかがでしたか?

ただ独自のサイトを運営しているだけではどれくらいの読者が訪れて、どのページが良く読まれているのかなんてわかりません。
なのでサイトの質を向上させることもできませんし、集客力をアップさせることも難しくなってしまいます。

そうならないためにGoogleアナリティクスを利用する必要があるのです。

Googleアナリティクスは無料で利用できるという所も利用する価値があるポイントですがさらにアクセス分析できるのでサイトの質を向上させることも集客力をアップさせることに繋げることができます。

登録方法は簡単なのでまだGoogleアナリティクスを利用していない場合はすぐに導入することをおすすめします。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP