「サーチコンソール」の基本的な使い方〜初期設定の方法からアナリティクスとの連携方法まで詳しく解説!〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「サーチコンソールって一体何!?」

あなたはサーチコンソールを知っていますか?

サーチコンソールは自分のサイトを開設している方は利用した方が良いツールになります。
ただネット上でコンテンツをアップするだけではアクセスを上げることができません。

「どの記事が読まれているのか?」

「エラーページはないのか?」

詳しくあなたのサイトを分析することがサイトの質を向上させることができます。

今回はサーチコンソールの基本的な使い方についてお話します!

 

サーチコンソールとは?

サーチコンソールとはあなたのサイトがGoogleにどのように認識されているのかを調べることができる無料ツールになります。
*以前は「ウェブマスターツール」と言われていました。

サーチコンソールを利用してサイトの質を向上させていくことがSEO対策にも繋がり上位表示されるようにもなります。
あるいはあなたのサイトのページの中にエラーページがあるのかというもの確認することができるのでサイトを改善することができます。

たとえあなたがどれだけ良いコンテンツを作成したとしてもGoogleに認識してもらうことができなければ上位表示されなくなるので読者にもあなたのコンテンツを見てもらうことができなくなります。

なのですでに自分のサイトを開設している方は必ず登録するようにしましょう!

サーチコンソールの登録方法

サーチコンソールを利用するためにはGoogleアカウントが必要になります。
なので予め作成したおくと良いです!

1 「サーチコンソール」へアクセスします。

サーチコンソール

 

2 「プロパティの追加」をクリックします。

3 サイトとURLを入力して追加する。

4 「別の方法」の「HTMLタグ」を選択します。

5  コードをコピーしてサイトに貼り付けて確認をクリックします。

*自分のサイト内で「<head>」と検索すればわかります。

6 「所有者として確認済み」と表示されたら設定完了です。

プラグインで設定

貼り付けるコードはわかっていてもサイトのどこに設置したら良いのかわからない方もいると思います。

実際、コードについての詳しい知識がない方でも設置することができるのですがプラグインを利用した方が簡単に設置できます。

1 「All in one SEO」をインストール

2 「一般設定」をクリックします。

3 「ウェブマスターツール」を選択する。

4 contentの後のコードを貼り付けます。

確認をクリックすれば設置は完了です。

ワードプレスを使っている場合はプラグインを使った方が余計な手間を省くことができます。

サーチコンソールの機能とは?

サーチコンソールの基本的な設定は終わったら実際にサーチコンソールを使いこなしていきましょう!

続いてはサーチコンソールの具体的な機能について詳しく説明します。

検索アナリティクス

検索アナリティクスとは具体的にあなたのサイトのページがどのように検索されていて、どれくらいクリックされているかなどを知ることができます。

具体的には

・クリック数ー検索表示された後にクリックされた回数
・表示回数ー検索結果で表示された回数
・CTRークリック率。表示回数に対してどれだけクリックされたのか。
・検索順位ー何ページ目の何番目に表示されているのか。

このような4つのポイントを調べることができます。

例)

さらに調べる際も、

・クリエーどのようなキーワードでユーザーが検索しているのか。
・ページ
・国
・デバイス
・検索タイプ
・日付

これらの項目ごとに調べることができます。

例)

このように細かく分析することができるのでよりあなたのサイトの質を向上させることができるようになります。

クロールエラー

クロールエラーではエラーページが存在しているのかを確認することができます。

もしエラーページがある場合は編集する必要があります。

例)

1 クロールから「クロールエラー」を選択します。

2 エラーページを確認して修正をします。

ちなみに何が原因でエラーなのかを調べる必要があります。
例えば今回の場合はエラーコードが「404」なのですが調べてみると特に修正しなくても問題はないということでした。

例)

Fetch as Google

Fetch as Googleとはあなたのサイトのページをインデックスしてもらえるように依頼することです。

インデックスとは取得した情報を検索エンジンのデータベースに保管することです。
通常はインデックスされたページが検索画面に表示されます。

なので新しいページを作成した場合に自らインデックスを依頼することができるわけです。
あるいは修正したページなどもインデックスを依頼することができます。

ただあくまでも依頼なので必ずインデックスされると限らないのでその点については注意が必要です。

例)

1 クロールからFetch as Googleを選択します。

2 依頼したいページのURLを入力します。

ペナルティ

サイトを構築していればペナルティを受けたページが発生することがあります。

なぜペナルティになるかと言うとそれはGoogleが設定しているガイドラインに違反していることが大きな理由です。

規約に違反しているということは上位表示されなくなってしまうのでペナルティをなくす必要があります。

例)

1 検索トラフィックから「手動による対策」を選択します。

2 ペナルティーを受けたページがないのか確認します。

ペナルティーを受けたページはそれほど多くはないと思いますが、もしある場合は改善してあらたに依頼する必要があります。

サイトマップ

サイトマップとはWebサイトの構成を表したものです。

自分のサイトはどのような構成になっているのかをGoogleに伝えることができます。

サイトを構築していれば日々更新して行くと思うのでその際にインデックスを依頼することができます。

例)

1 クロールからサイトマップを選択します。

2 「サイトマップの追加/テスト」を選択します。

3 サイトマップのURLを入力して送信します。

*サイトマップのURLなのでご注意ください。
わからない場合は下の画像を参考にしてください。

4 完了すればページ下部に表示されます。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携

実はサーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携させることができます。

連携することでよりサイトの質を向上させることができるのでサーチコンソールを登録したら必ずGoogleアナリティクスと連携させるようにしましょう!

1 下のボタンからアナリティクスのページへ行きます。

アナリティクス

2 集客→サーチコンソール→検索クリエの順番でクリックします。

3 「サーチコンソールのデータ共有を設定」をクリックします。

4 プロパティ設定から「サーチコンソールを調整」をクリックします。

5 「追加」をクリックします。

6  連携するドメインを選択して保存します。

7 関連付けの追加でOKをクリックします。

8 アナリティクスへ戻って完了をクリックします。

9 最後に保存をすれば設定完了です。

まとめ

Pixabay

いかがでしたか?

サーチコンソールを利用することによってあなたのサイトの質を向上させることができますし、問題点を認知することができます。
さらにGoogleアナリティクスと連携させることでよりあなたのサイトをより良いものにすることが可能です。

あなたがどれだけ一生懸命コンテンツを作成したとしても、ミスがあればGoogleに認知してもらうことができずにアクセスが下がってしまいます。

なのですでに自分のサイトを開設している方はもちろん、これから自分のサイトを構築した方も予めサーチコンソールの登録をするようにしましょう!

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP