KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)で電子書籍を出版するための初期登録方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「Kindle本を出版するためにはどうすれば良い!?」

あなたは電子書籍を読んだことがありますか?

現代ではスマホなどの電子端末の利用者が増加したことにより電子書籍を見る人の数も増加しました。

しかし電子書籍を出版した経験がある人は少ないと思います。

Amazonでは電子書籍をなんと無料で出すことができますが出版するまでの設定がかなりややこしいです。

なので今回はAmazonで電子書籍を出版するための初期設定の方法をお伝えします。

KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)とは?

KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)とはAmazonで電子書籍を出版する際に必要となるサイトです。

なのでAmazonで電子書籍を出版したいと思うのならばまずKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)を利用できる状態にしなければいけません。

そのために今回お伝えする初期設定が必要なのです。

なのでKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)で電子書籍を出版するための事前準備の方法をお伝えします。

KDPの登録方法

それではKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)のアカウントを作成していきます。

KDPへアクセス

KDP

アカウントの作成

基本的にはAmazonのアカウントを持っていればAmazonのアカウントを利用します。

もしAmazonアカウントがない場合は新しくアカウントを作成する必要があります。

新規作成

Amazonアカウントでログイン

1 「サインイン」をクリック

2 アカウント情報を入力してログイン

規約に同意

アカウント作成完了

KDPでの詳細設定

KDPのアカウントを作成しましたがこの段階ではまだAmazonで電子書籍を出版することができません。

なのでさらに詳細設定を行っていきます!

「今すぐ更新」をクリック

1つ1つの項目に入力

お住いの地域を選択

支払い受け取り口座を登録

税の登録

基本的な登録は終了しました。
次は税に関する情報を入力していきます。

この税に関する情報は主にアメリカのAmazonへ向けて提出する書類になります。

そもそもAmazonで電子書籍を出版する場合は日本のみならば世界各国のAmazonでも販売することが可能になります。
もちろん割合的には電子書籍の購入者は日本のAmazonでも購入だと思うのですが海外から購入されることもあります。

出版した電子書籍のジャンルにもよりますが海外に住んでいる日本人の方が読んでいるのだと思います。

その中でアメリカのAmazonで購入された場合には税が発生します。
その時のために税に関する情報を提供しないといけないのです。

後ほど説明しますが「納税者番号」というものを持っていれば税金を支払わずにすむのですが基本的に海外の納税者番号を持っている方はそれほど多くはないと思います。

もちろん手続きをすれば取得することも可能なのですが私の場合はアメリカで出版した電子書籍が購入される割合がそれほど高くはないので30%の税金が発生する設定になっています。

なので税金が発生するのがどうしても嫌な方は納税者番号を取得すると良いと思います。

「税に関する情報を登録する」をクリック

該当する項目を選択する

ローマ字で住所などを入力

TIN(納税者番号)を入力

納税者番号がない場合は該当する項目を選択

署名をする

内容を確認後フォームを送信する

問題がなければ税に関する情報は完了

*上記の登録方法は場合によってはやり方が変わる場合があります。
もしわからないことがあればAmazonに直接お問い合わせしてください。

まとめ

Pixabay

いかがでしたか?

Amazonで電子書籍を出版しようと思ってもまずは初期設定をしていなければ電子書籍を出版することはできません。

なのでまずは今回お伝えしたKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)の初期設定を行う必要があります。

基本的には手順通りやれば簡単に設定することができるので今回お伝えした内容を実践していただければと思います。

また初期設定を行った後は簡単に電子書籍を出版することができますのでまずは1冊出版して見ましょう!

どれだけ簡単に電子書籍を出版することができるのかがわかっていただけると思います。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP