マズローの5段階欲求説〜ビジネスで役立てるポイントと自分自身を満たしていく方法〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたはマズローの5段階欲求説というものを知っていますか?

人間は5つの欲求を1つずつ満たして次の欲求を求めるというものです。

これはアブハム・マズローというアメリカの心理学者さんによって提唱されたものです。

マズローの5段階欲求はあなたが生活していく上でも重要なことなのでしっかり理解しましょう!

マズローの5段階欲求説:1 生理的欲求

まず1段階目の欲求は生理的欲求です。

生理的欲求というのは、

「ご飯が食べたい」

「ゆっくり寝たい」

「女の子と付き合いたい」

などの本能的欲求です。

この生理的欲求を満たすことができていなければ次の欲求は生まれません。
これは想像できると思います。

例えばあなたの目標が起業することだとしましょう。

その時に、

・ご飯も食べない

・全く睡眠をしない

この状態で起業をすることが可能だと思いますか?

確かに起業するためには今までやってきた生活よりも、
食事の時間を短くしたり、睡眠時間を削ることも必要です。

しかしそれはあくまでも削るだけです。全く食べないということではないんです。
食べないで寝ることもしないで本当に集中力が続くのでしょうか?

おそらく段々「起業するためにはどうしたら良いのか?」

という思考ではなく

「今日1日をどうやって生き延びよう」という思考に変わります。

なのでそもそも生理的欲求を満たしていないと夢を追うこともできないということです。

マズローの5段階欲求説:2 安全欲求

続いては「安全欲求」です。

先ほどの例でいきますと起業がしたい。

しかしその前に生理的欲求を満たすということでした。
最低限、睡眠する時間と食事をする時間をとるということです。

で、その後にもし家がなかったらどうですか?
住む場所がない状態で日々の作業をすることができますか?

家がないと安心できませんよね?

家賃を払うことができない状態で作業をすることができますか?

まずは生理的欲求を満たす。
そしたら安全欲求を満たすために住む場所を確保する。

この2つを満たすことができないと夢を追うのは難しくなってしまいます。

ある程度生活できる環境がある。つまり安心感が常にある。

野宿して今日の分の食料に困ったり寝床に困っていないから夢を優先できるといことです。

 

マズローの5段階欲求説:3 社会的欲求

3段階目は「社会的欲求」になります。

社会的欲求というのは集団に属したいという欲求です。

集団というのは、

・家族

・会社

・クラブ

などになります。

生理的欲求と安全欲求が満たされるとある程度の安心感が生まれます。
なぜなら、食や住む場所を確保することができていれば最悪な事態が
起こらない限り死ぬ確率はほとんどありません。

なので、次の欲求として誰かと繋がりたいと思い始めます。

だから、会社の飲み会に参加したり、友達と休日に遊びに行きたくなったりするわけです。

もちろんこれは個人差があります。どこまで集団と関わりたいのかは人それぞれです。

会社という集団に所属したいが、休日は1人で過ごしたいという人もいます。
なのであなた自身の欲求がどこまでなのか考えてみる必要がありますが、

とにかく1人では過ごしたくないということです。

マズローの5段階欲求説:4 承認欲求

4段階目は「承認欲求」になります。

承認欲求というのは、人から認められたいという欲求になります。

これまで、

・生理的欲求
・安全欲求
・社会的欲求

というのを満たしてきたわけです。

そして社会的欲求の段階では集団に属するだけでよかったのですが、
続いてはその集団の中で自分を評価してもらいたいという欲求が生まれます。

例えば自分では他の社員の人が部長から

「君の営業成績はダントツだよ!みんなも見習いたまえ!」

なんて言われるとその優秀な社員を祝福する以前に

「俺もああやっていやほやされたい」

と思っていますのです。

これは集団に属してしまったら頻繁に起こることだと思います。

学校という集団に所属している場合は、

・テストで高得点を取っている人が褒められている時

・野球の試合でホームランを打って歓声をあびているのを見た時

・リレーで優勝してみんなから祝福されているのを見た時

このような状態が承認欲求だと思います。

あなたも経験があるのではないでしょうか?

マズローの5段階欲求説:5 自己実現欲求

5段階目の欲求が「自己実現欲求」になります。


自己実現欲求というのはもっとこういう自分になりたい、自分らしく生きたいという欲求になります。

自己実現欲求は、

・生理的欲求
・安全欲求
・社会的欲求
・承認欲求

が満たされたから芽生える欲求でありますし、
そもそもこの自己実現欲求のためにこの4つの欲求が満たされている必要があります。

ですが最終的にはこの「自己実現欲求」を求めているわけです。

例えば、

「会社員をやめて起業をして自分らしく生きたい」

「音楽家として成功したい」

「給料が低くても画家になりたい」

というように自分自身がどう思っているのかが重要なのです。

例えば画家になりたいということだったら、客観的に見れば会社に所属して安定的に給料を得た方が
安全だし、正しい選択だと思われるはずです。

それなのにも関わらず後悔しない生き方をするためにたとえ会社員時代よりも給料が少なくても挑戦したいと思います。

この段階に行けばあなただけの幸せを掴むことができるのです。

マズローの5段階欲求説:実体験談

ここまでマズローの5段階欲求説についてお話してきました。

しかし何かしっくりこない人もいるのではないでしょうか?

「私もこの欲求の段階があるのかな?」

とあなた自身もマズローの5段階欲求の順番に欲求を満たしているのか
わからない人こともあるのかもしれません。

しかし、私はマズローの5段階欲求を実感した時があります。
それは、私がネットビジネスである1つのオファーをするために
何ヶ月もかけて準備をしていました。

その時はかなり無知の状態だったので、

「このセールスを成功させれば何百万円が手に入る」

と思っていました。

なのでその時作業時間を確保するためとそのセールスだけに集中するために
他のネットビジネスで得ていた収入をシャットアウトしました。

なので数ヶ月間貯金だけで生活をしてセールスの準備に集中するといことにしました。
最初はそういう状況を作り出すことができればかなり集中できると思っていました。

しかし実際は全く集中できませんでした。

セールスの方も全く売り上げが上がらずその時にそれまでの日々を振り返ってみたところ
キャッシュポイントを無くして作業時間を大量に確保して集中できると思っていましたが、
実は頭の中ではお金のことについていつも不安に思っていました。

いくら貯金があったとしても毎日少しずつ減っていくわけです。

そうすると、

「もしセールスが失敗したら食費や家賃を払うお金がなくなる」

という不安にかられてしまい実は集中できていなかったんです。

なのでこの時に本当に生理的欲求と安全の欲求を完璧に満たして
おかないと目標を追うことが難しいと実感しました。

*注意点
ただしどの欲求も人によって欲求度は違います。
さっきの私の経験談の話ですがあの状況で、
「絶対にセールスを成功させないと生活できなくなるから頑張ってやる!」
と逆にやる気になる人もいるわけです。
なので社会的欲求の部分でも説明しましたが人それぞれ欲求を満たすことができたと
思えるという基準が違うということを覚えておきましょう!

マズローの5段階欲求説:ビジネスとの関連性

マズローの5段階欲求説とビジネスにはどんな関連性があるのかということですが、
マズローの5段階欲求説はそもそもよくビジネスの勉強をしていても必ずでてくるものです。

具体的にはお客さんがどの欲求の段階にいるのかというターゲッティングの時に使います。

極端な話をしますと、生理的欲求や安全欲求を満たされていない人たちに

「自分らしいライフスタイルを築いていきませんか?」

という問いかけをしても誰も反応しないわけです。

なぜならその生理的欲求や安全欲求の段階にいる人たちは今日を生き延びることで精一杯だからです。
なので、その問いかけをするなら自己実現欲求に段階にいる人たちに向けて発信することが
ベストなのです。

このようにどの欲求の段階にいる人たちにセールスをするのか、
見誤ってしまうと全くセールスがうまくいかなくなるということですね。

 

以上がマズローの5段階欲求説に説明になります。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP