インプットとアウトプットとは?〜お金を生み出すシンプルな方法〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたはビジネスをしてこんなフレーズを聞いたことはありませんか?

「インプットをしまくれ!」

「アウトプットを忘れるな!」

という感じでインプットしろと言われたり、

逆に今度は、アウトプットしろを言われたり、、、

どちらを優先していいのかわからなくなりません?

今回はこの「インプット」と「アウトプット」についてお話します。

インプットとは?

そもそもインプットとは一体何なのか?ということなんですが、

インプットというのはすなわり「情報収集」のことを言います。

情報取集なので例えば

・セミナーに参加する

・本を読む

・映画を見る

このようなことを指します。

つまり自分が知らない新たな情報を自分の中に取り組むということですね。
これは「学ぶ」ということでもあると思います。

学生の人は学校で教科書を広げて勉強すると思います。
あれこそまさにインプットですね。

知らない情報自分の中に取り組んでいます。

なので「インプットしろ」というのは言い方を変えれば、

「もっと学べ、知らない情報を吸収しろ!」

という意味なのです。

学校の勉強を例にあげるとわかりやすいのかもしれません。
学生の場合は定期的にテストが行われると思います。

そして、90点を取る人もいれば50点以下の点数を取る人もいるわけです。

なぜ、こんなに点数に差が開くのか?
それはもちろん勉強をしれいるのかどうなのかです。

おそらくテストで90点を取るような生徒はしっかり毎日勉強していると思います。
逆にテストで50点以下の点数と取る生徒は全く勉強をせずに遊んでばかりいます。

これはつまり、

勉強をしていない=インプットが足りない

ということなのです。

インプットが足りていないからテストで高得点を取ることができないのです。
インプットが足りていればあなたの頭の中にある知識で難問を解くことだってできます。
インプットの量が自分の成長を促し、人生の選択肢を広げてくれます。

これはビジネスでも同じことです。

ビジネスの場合常に自分自身が成長していかなといけません。

何故かというと、自分の成長=ビジネスの成長だからです。

自分のレベルがアップすればするほどさらにビジネスは拡大します。
なぜなら学んだことはそれが自分のスキルに変化します。

スキルはすなわり資産となり、その資産に価値を感じてお金も生まれるわけです。

なのでとにかくインプットしていかないと成長することができないのです。
知っているだけではダメなのですが、そもそも知っていないとダメということなんです。

これが「インプット」の意味です。

アウトプットとは?

インプットの次はアウトプットになります。

アウトプットというのは「情報を発信する」ということになります。

情報を発信するというのは具体的に言いますと、

・誰かに学んだことを話す

・動画を撮る

・レポートを作成する

など学んだことを誰かに伝えるという行為なのです。

インプットだけだと何の価値もないんです。
価値がないというか価値を与えることができないんです。

例えば、あなたが最近を本を買って読んだとしましょう
それをただ読んだだけではあなたの中には小さな成長はあったのかもしれませんが、
あなたの周りの人にはまだ何の変化もありません。

そこで本を読んで学んだことを例えば奥さんに伝える。
奥さんがその内容をさらに子供に伝える。
子供がさらに学校の友達に伝える。

このように1人にアウトプットすることでその情報をいろんな人に伝えることができるのです。

もちろんあなたがその伝える情報がそもそも良いものでないとダメなのですが、
自分の中に得た情報を自分の中に閉じ込めていては勿体無いです。

それは誰かに伝えることでさらにその情報の価値が上がるのです。

さらにアウトプットすることによりさらにインプットされるのです。

どういうことなのかと言いますとあなたがセミナーで聞いた内容を改めて自分の言葉にしようとすると
改めて自分の考えがまとまってくるのです。

わかりやすくレベルで表すと、

セミナーで話を聞いただけではその情報の理解度はレベル1です。
まだ完璧には自分の中に取り組むことができていない状態です。

次にセミナーで学んだことを自分で文字に起こして動画を撮影したとします。
そうしていると、「この情報って本質はこういう意味なんじゃないか?」

みたいに新たな発見があったり、セミナーを聞いていただけではしっくりきていなかった部分が
はっきり理解できるようになります。

これで理解度レベルが10くらいになるのです。

だからアウトプットは意味がないと思っている方もいるのかも知れませんが、

アウトプットすることでより情報の理解度が高まるということなのです。

お金との関係性

インプットとアウトプットがどのようにお金と関係してくるのか?

実は、お金との関係性は

インプット・・・お金を使う行為

アウトプット・・・お金の流れを生む行為

ということなのです。

確かにインプットをするということをすなわち

・セミナーに参加する

・本を読む

・教材を買う

 

などがあると思いますがどれも必ずお金を使いますね。

セミナーを受けるのにもお金がかかりますし、

本を読むためにはまず本を買わなければいけませんし、

教材から学ぶためにもまず教材費を出さなければいけません。

つまりインプットだけしているとただお金を使っているだけで終わってしまうのです。
インプットをして確かにあなたはいろんな知識が身についているのかも知れませんが、
インプットで使ったお金は1円も戻ってきていません。

なのでアウトプットが大切なのです。

アウトプットするということは、

・動画を撮影する

・レポートを作成する

・誰かに伝える

などの方法があります。

動画を撮ったり、レポートを作成するということはすなわちコンテンツを作成するということです。
コンテンツがあればそのコンテンツを販売することができます。

例えば有料教材としてそのコンテンツに価値を感じてくれた人に販売できますし、
そもそもネットビジネスの場合は、コンテンツビジネスとも言われています。

コンテンツをたくさん持っている人がお金を稼ぐことができるということですね。

セミナーをやるにしても学んだことを自分でまとめて台本を作って人前で話す。
そしてそのセミナーであなたが話している様子がまたコンテンツとなる。
さらにセミナーの動画を販売する。

このようにインプット→アウトプットというのはどんどん連鎖してお金を踏み出すことができるのです。

質の良いインプットをすることが大切

ただ、大切なのはまずインプットの段階で「質の良いインプットを心がける」ということです。

何でもかんでもインプットしてそれをアウトプットすることによって全てがお金になるとは限りません。

質の低い情報=価値の無い情報

ということなのです。

なのでまずインプットの段階で質の良いインプットを心がける必要があります。

質の良いインプットとはつまり質の良い情報です。
質の良い情報とはすなわり価値が高いということです。
価値が高いということがお金が発生するということです。

残念ながら無料の情報よりも有料の情報の方が価値が高いです。

だからみんなお金を支払ってまで学ぼうとします。
なのであなた自身もあなたの情報をお金を支払って欲してくれる人を集めたいのなら、
まずはあなた自身がお金を支払って情報を得なければいけないということなのです。

質のインプットとはこのようなことを言います。

最初はお金が手元から無くなりますがそれはやがて何倍にもなって帰ってくるのです。

なので常に、

質の良いインプット→アウトプット

この流れが非常に重要になります。

Evolution
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Evolution

YouTubeチャンネル

LINE@

PAGE TOP